お墓の花の選び方は?お供えにダメな花やマナーは?

お墓参りに行くと花が供えられていますよね。

お墓にはお線香と花がつきものです。

生前祖父や祖母が好きだった花なんかを供えると喜んで
くれるのでしょうが、そこはやはりお墓となると気になるのが
お墓のマナーではないでしょうか。

花ならなんでも良いのか、それともお供えしてはダメな花はあるのでしょうか。

今回はそんなお墓の花の選び方などをご案内していきます。

スポンサーリンク

お墓の花の選び方は?

お墓をお参りする時、お供えする花選びって何を選べば良いか迷ってしまいます。

しかしお墓にお供えする花には基本的な選び方があります。

・白、紫、黄色の三色が基本
・四九日が終わってない場合は白い花をメインに選ぶ。

四九日はあの世で生前の行いによって裁きをまっている期間です。
白い花は慎ましく正しく生きてきたアピールをする為だそうです。

お墓で良く供えられる花としては菊が一番思い浮かぶのではなでしょうか。

菊の花は長持ちし香は魔除けの力があると言われておりお墓に供えるに
適しています。

またお供える花には本数な供え方にも基本があります。

・本数は奇数
・一番が前の花が高さを低く後ろの花の高さを高くする。
供え方に迷った時は基本に沿って行うと良いですね。

お墓のお供えにダメな花

お墓に花はつきものですがお供えには向いていない花もあります。

■毒のある花
・彼岸花
・すずらん
・水仙
・夾竹桃

■とげのある花
・バラ
・あざみ

■香が強い花
・バラ
・百合

■つるのある花
・朝顔
・鉄仙

お墓に花を供えるのはお参りしている人達が花のはかなさを通して
命の尊さに感謝するために供えるという意味があるようです。

そう考えると毒やとげのある花はお墓には向かないというのも分かりますよね。
またツルのある花は支えが必要になるのでお墓の花としてはふさわしありません。
また花粉が落ちやすい花は墓石が汚れる元になる為、ふさわしくないと言われる
事もあります。

最近では亡くなったご家族が生前、好きだった花を供える事も多く
あまりタブー視する必要はないようです。

一番大事なのは亡くなったご家族やご先祖を敬う気持ちではないでしょうか。

しかし一緒にお墓参りに行く方がしきたりなどに厳しい方となると
タブーな花は避けた方が無難なケースもあるかと思います。

お墓参りのマナーは?

お墓は死者と生者の境として昔より大事にされてきた場所です。

それだけにマナーというものが付き物です。

・お参りする時期
基本的にお参りしてはいけないという時期はありません。
頻繁に訪れても良いですし、定期的に訪れてもきっと故人の方は
喜んでくれるのではないでしょうか。

ただし一般的にお墓参りする時期は

スポンサーリンク

お彼岸・・・春分の日と秋分の日を境に前後3日間の一週間
お盆・・・・8月13日~16日
祥月命日・・故人が亡くなった日
年末年始・・12月30日~1月3日

特にお彼岸やお盆は多くの方がお墓参りに訪れる時期です。

・服装
お墓参りは法事などと違い決まった服装のルールはありません。
ですので普段着でも大丈夫なのですがやはり厳粛な場所ですので
露出の多い物や派手な洋服は避けた方が良いのではないでしょうか。

またアクセサリーなどは墓石を傷つける可能性もあるので過剰に付けるなどは
避けた方が良さそうです。

お墓参りでは掃除作業も想定するとあまり動きにくい服装よりも動きやすい服装の
方が良いのではないでしょうか。

・お線香
お線香は花と同じようにお墓参りには欠かせないアイテムです。
お墓参りでもお線香に火を付けお供えをしますがお線香の火は
口で吹いて消すのはマナー違反です。

お線香の火は口ではなく手で仰いで消すようにしましょう。

・ゴミは持ち帰る
お墓参りの際に行う掃除で出たゴミは色々とあります。
雑草やお線香の燃えかす、ロウソクに残りなどありますが
出たゴミはしっかり持ち帰り捨てましょう。

さいごに

お墓の花の選び方は?
・白、紫、黄色の三色が基本
・四九日が終わってない場合は白い花をメインに選ぶ。
・本数は奇数
・一番が前の花が高さを低く後ろの花の高さを高くする。

お墓のお供えにダメな花
・毒のある花
・とげのある花
・香が強い花
・つるのある花

お墓参りのマナーは?
・お参りする時期
・服装
・お線香
・ゴミは持ち帰る

厳粛な場所であるお墓ですからマナーというのは守りたいものですね。
ただマナーを守るあまり萎縮してお墓参りを躊躇してしまうのも寂しいですよね。

一番はご先祖様や亡くなったご家族を供養する気持ちの方が大事ですよね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました