O脚の治し方は?後ろ歩きの効果やストレッチのやり方は?

女性であれば誰しも、多かれ少なかれ脚に関する悩みをもっているのではないでしょうか?
脚の太さに悩んだり、脚のかたちで悩んだり・・・あげたらキリがないくらいですよね。
なかでもいわゆる「O脚」で悩んでいる人は、日本の女性にとても多くいると思います。
O脚の状態だと脚が短くみえますし、スカートを履いてオシャレをしたいと思っていても
脚のラインが気になってスカートを履けないという悩みをもつ人もいますよね。
今回は、O脚の治し方や、効果的なストレッチ、後ろ歩きのやり方についてご紹介します。

スポンサーリンク

O脚の治し方は?

O脚とはそもそもどんな状態のことでしょうか?
O脚は、骨盤が左右に広がって、脚の付け根が離れている状態のことをいいます。

O脚の治し方を知るためには、まずはO脚になる原因を知ることが大切です。

O脚になる原因ですが、病気やケガによってなる人もいますし、なかには出産が原因でなる人もいます。
色々な原因がありますが、一番多いのは日常の生活習慣が原因でO脚になってしまう人です。

一般的に言われているO脚の原因となる生活習慣は、以下の三点です。

1. 歩行時の姿勢
2. 着座時の姿勢
3. 不安定な立ち方

どれも姿勢の悪さが関わっていますよね。良くない姿勢を続けていることにより骨盤が歪み、筋肉がおかしな付き方をし、O脚になってしまっているのです。

なかでも日本人女性に多い内股歩き、この歩き方は非常によくありません。つま先を内側に入れるので、必然的に骨盤を歪ませてしまうからです。

また座り方も気を付けないといけません。
特に女性は、脚を組んで座る癖がある人も多いのではないでしょうか。
脚が楽になる気がしますが、これも骨盤を歪ませる原因です。
立ち方も同様に脚をクロスする癖や、左右どちらかの脚に体重をかける癖も
片方の脚ばかりに負荷がかかるのでよくありません。

つまり、O脚を治すには、姿勢の悪さを見直すことが一番大切です。
脚を組んで座るくせや、片足に体重をかけて立つくせは、楽に思えるかもしれませんが、体からすると全く楽ではない姿勢だということを忘れないでくださいね。

さて、O脚になる原因を防ぎつつ、なってしまったO脚を改善するためにはどうすればいいでしょうか?
以下では、効果的なストレッチや後ろ歩きをご紹介します。

O脚の後ろ歩きの効果

なぜ、後ろ歩きだけでO脚が矯正できるのでしょうか?

それは、後ろ歩きによって正しく歩くときに使う筋肉が刺激され、楽で自然な歩き方になり、骨盤の歪みを矯正してくれるからです。

後ろ歩きで刺激される筋肉とは、主に以下の2つです。
内転筋(内ももの筋肉)と大臀筋(お尻の筋肉)です。

この2つの筋肉は、骨盤へとつながって、骨盤を支えている主な筋肉なのです。
後ろ歩きで内転筋と大臀筋を鍛えていくと、骨盤を正しい位置に支えるための筋肉のバランスが、正しく保てるようになっていくのです。
また、後ろ歩きで普段使っていない筋肉が刺激されると
骨盤を支える下半身の左右・前後・上下の筋肉が偏りなく鍛えられ、骨盤を支える筋肉のバランスがよくなります。

また、土台となる下半身のバランスがよくなると、それに伴い骨盤を取り巻く胴体の筋肉にもよい刺激が与えられます。

後ろ歩きで下半身をバランス良く鍛え、骨盤を自然な閉じた状態に戻すことで、O脚が改善されるのです。

軽度のO脚であれば、わざわざ整体に行かなくても、普段の歩き方に気を付けるだけで正しい脚の形へと自然に矯正することができます。

ただし、後ろ歩きを漫然とやっていたり、間違った歩き方をしていると効果は薄いので
正しい後ろ歩きをするには、以下のポイントを意識してくださいね。

 背筋をまっすぐにする。足を後ろに引くときは「進む方向に対しまっすぐ」を意識しましょう。(かかとを進む方向にまっすぐ向けるイメージです。)
 つま先で着地し、かかとをつけましょう。

目安としては、「約10秒の間に8歩あるくペース」で挑戦してみてください。
時間と歩くスペースがあるのであれば、10分間続けると、なお効果的です。


スポンサーリンク

O脚におすすめのストレッチのやり方は?

実は骨盤は多くの筋肉とつながっています。ということは、筋肉の使い方のバランスが悪いと、結果的に骨盤が歪みO脚の原因になります。

ここでは、時間がかからず簡単な動作で実践できるO脚の改善におすすめのストレッチを紹介します。

1. 膝を伸ばした状態で床に座ります(※膝を揃え、脚を前に投げ出します。)
2. ゆっくりと息を吐きながら腰から体を折り曲げます(※背中が丸まらないように注意し、手の指先がつま先に届くように意識し行うようにします。痛いと思ったところでストップして構いません。)
3. ゆっくりと体を起こします(※呼吸は鼻から息をゆっくり吸いつつ、行います。)
以上の動作を1回として、1日に3~4回繰り返すのがベストです。

このストレッチは毎日続けないと意味がありませんので、無理のない範囲で行い、続けていくことで、O脚の改善につながっていきます。
身体がかたい人は、初めのうちは膝の裏が浮いてしまうことや、うまく曲がらないことがあると思います。
だけど、諦めずに続けていれば、だんだんうまくできるようになっていきます。

ちなみにこのストレッチをするおすすめタイムは、お風呂上りなどの体が温まって筋肉がほぐれているときです。

※ストレッチをする際は反動をつけないこと。あくまでゆっくり行ってくださいね。また、痛みのある部位があれば、その方向に伸ばさないように注意しましょう。

このストレッチによってO脚だけでなく、凝っていた筋肉がほぐれ、骨盤の歪みも解消されますよ。

さいごに

いかがでしたか?
色々専門的な言葉もでてきましたが、一番大切なことは毎日の習慣です。
普段の生活のなかで正しい姿勢を維持することを意識し、脚をくんだりしないように気をつけてください。
そして、今回ご紹介した「後ろ歩き」と「O脚を改善するストレッチ」を、まずは毎日続けてみて下さいね。
O脚をなおしスラリと綺麗な脚になり、オシャレを楽しめるようになりましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました