敬老の日に亡くなった祖母へプレゼントは?名前とおすすめは?

私の祖母が亡くなって随分たちます。
父方の祖母とは亡くなるまで一緒に暮らしていましたし
母方の祖母にはお盆や年末年始には必ず帰省していました。

家族に会うと必ず出てくるのが祖父母の話で
父方の祖母は明るくチャレンジ精神があったという事。
母方の祖母は穏やかでいつも笑顔が絶えないという事でした。

でも2人に共通しているのはとても優しくいつも私の味方でいてくれた事ですね。

他界して随分たちますが2人の笑顔や優しさを忘れる事はなく
時折、天国で祖父と仲良くしているかなぁなんてなんて考えてしまいます。

特に敬老の日なんかは毎年、敬老会から帰ってくると話をいつもしてくれいたので
あの優しい笑顔を思い出します。

感謝の気持ちをこめて敬老の日に亡くなった祖母へプレゼントを贈るなんて
どうなのでしょうか。

今回はそんな敬老の日になくなった祖母へのプレゼントについてご案内していきます。

スポンサーリンク

敬老の日に亡くなった祖母へプレゼントはいいの?

亡くなった方へプレゼントって良いのでしょうか?

なんて事は当然、考えてしまいます。

亡くなった時は戸惑いやショックでそんなこと考えなかったけど
落ち着いてくると、何もして上げれていない事に気づいて、またまたショックを
受ける方多いのではないでしょうか。

私もそうですが・・・

ならば敬老の日にプレゼントをすれば良い!

なんて名案を思い付いても、それって失礼になったりしないのかな?

そう考えてしまいます。

しかし実際には敬老の日は感謝の気持ちを伝える日ですので
感謝の気持ちにプレゼントを添えても失礼でも罰当たりな事でもありません。

敬老の日におばあちゃんへのプレゼントの名前

亡くなった方に対しては仏様という扱いになるので供養と扱いなります。
その為、メッセージに関して書いても書かなくても良いのが一般的です。

名前も書くか書かないという決まりはありませんが
一般的には亡くなった方の名前を書くのが多いようです。

何故なら片方がご存命の場合、片方の名前だけあるとやはり寂しい気持ちになります。

祖父か祖母か仏壇にお供えしてくれるのでお孫さんからの手紙がきたと仏壇に
言ってくれるのではないでしょうか。

敬老の日におばあちゃんへのプレゼントのおすすめは?

まだご存命であれば、一緒に温泉にいったり食事をしたり時間を共有する事も
できますし、好きな物や欲しい物があれば聞く事もできますが、亡くなってる場合では
そうもいきません。

生前好きな物があればそれを贈るのも良いでしょうが仏壇のお供えする形で
贈るという方法もあります。

・お線香
仏壇にはお線香が付き物です。
祖母が生前好きだった香のお線香があればそれをお供えしても良いですし
もし遠方で中々、仏壇に手を合わせる機会がないようであれば少し高級なお線香を
お供えしお線香をあげるのも嬉しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

・お花
仏壇にお花を添えると色もあざやかで華やかになりますよね。
祖母が好きだった花があればそれをお供えしても良いですね。
最近ではブリザードフラワーのような長期保存がきく物もあるので
長くお花を楽しむ事もできます。

・お酒
お酒が好きな方であれば勿論うれしいでしょうね。

お祝い事など家族が集まった時、お酒は付き物ですので
祖母も家族が集まった時は楽しいそうで普段は飲まないお酒を
嗜む程度に飲んでいました。

家族が集まる日でしたら楽しさ共有する意味でもお酒というは
一番のプレゼントは贈る気持ちだと思います。

・写真
プレゼントという枠ではないかもしれませんが
新しく生まれたお孫さんやひ孫さんの写真なんかはきっと天国で喜んで
くれているでしょうし、結婚され家族が増えた時なんかも写真をプレゼント
するときっと天国で安心してくれるのではないでしょうか。

生前、好きな物があればそれを贈っても良いですし
何がダメだという事はないのではないでしょうか。

私の母方の祖母には毎年、補聴器の電池を買ってお供えしてます。
生前祖母は耳が悪く補聴器を付けていました。
補聴器の電池なら毎年、私が買ってやると生前に約束し帰省の度に
電池を持参していましたので亡くなってからも生前の約束として毎年
お供えしています。

さいごに

敬老の日に亡くなった祖母へプレゼントはいいの?
・失礼な事でも罰あたりでもないので安心してください。

敬老の日におばあちゃんへのプレゼントの名前
・亡くなった方の名前を書く事をおススメします。

敬老の日におばあちゃんへのプレゼントのおすすめは?
・お線香
・お花
・お酒
・写真

例え亡くなっても感謝の気持ちがなくなってしまう訳ではないですよね。
亡くなった時はショックもあり動揺してますが、落ち着いてきたからこそ
出来る孝行もあるのではないでしょうか。

感謝の気持ちを伝えるのが一番ですよね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました