ファンヒーターが臭く目が痛くなる原因は?対処法と買い替え時は?

ファンヒーター 季節もの
スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんの中でファンヒーターを使ったら変なにおいがしてきて
目がしみるように痛くなったという経験はありませんか?
このようなファンヒーターを使うのはちょっと待ちましょう。
変なにおいや目が痛いなどの症状があるときはファンヒーターが
故障していたり不完全燃焼を起こしていたりという可能性があります。

対処法によっては変なにおいや目が痛くなる、
ということはなくなります。
しかし場合によっては買い替えを視野にいれる必要もあります。

今回はファンヒーターのにおいや目が痛くなる原因と対処法、
ファンヒーターの買い替え時はいつなのかを
説明していきたいと思います。
ファンヒーターは寒いときにはとても便利な暖房器具でもあるので
正しい対処法で寒い冬を安全に乗り切りましょう!

ファンヒーターに関することをまとめてます( •̀ ω •́ )✧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファンヒーターが臭く目が痛くなる原因は?

ファンヒーターの独特のにおいや目が痛くなる原因は
いったい何なのでしょうか?
においは点火するときと消化のときに発生する未燃焼ガスが
原因ではありますが、運転中もずっとにおいがするということであれば
以下の4つの原因が考えられます。

1.部屋を換気しないでファンヒーターを使い続けている。
2.去年の古い灯油をそのまま使っている
3.ファンヒーターの内部にほこりがたまっている
4.燃焼部分が変形している

ファンヒーターは部屋の酸素を使って灯油を燃やし、
温かい風とともに排気ガスを出す仕組みになっていますが、
換気しない部屋でずっと使い続けていると
酸素が足りなくなっていきます。

また古い灯油を使ったり掃除しないでホコリをそのままにして
運転したりすることで不完全燃焼をおこし
部屋の空気が悪くなってしまいます。
ファンヒーターの内部にある燃焼部分の変形も
原因の1つになります。

そして悪い空気は体にとって有害な物質が含まれています。
呼吸によって体に取りこむことで、
目の痛みの健康被害がおきます。

ファンヒーターで目が痛くなった時の対処法

ファンヒーターを使っていて目が痛くなったときの対処法ですが、
目が痛くなった場合はすぐに
ファンヒーターの使用を中止しましょう。

そして次に部屋の換気をしてください。
窓を開けて新鮮な外気を入れて空気を入れかえましょう。

スポンサーリンク

火を消したあと、ファンヒーターが冷めたら
点検がてら掃除をしてみましょう。
背面の吸気口のホコリを掃除機で吸い取ったり
ウエットティッシュでふき取ったりしてみましょう。
ねじがある部分をドライバーで外すと分解掃除もできます。
前面にある温風が出ている吹き出し口も水を含ませた
メラニンスポンジでこすると汚れが落ちます。

ファンヒーターのカートリッジタンクの底に
灯油がたまっている状態ならスポイトで取り出して
古布で底をふき取りましょう。

ファンヒーターの買い替え時は?

掃除をしてみたけれどにおいが改善されない、
エラーがしょっちゅう出る、温風が出ない、変な音がする、
というときはファンヒーターの内部が
故障している可能性があるので
買い替えの時期にきているかもしれません。

修理といってもファンヒーターの修理代に
1万円近くもかけてしまうようであれば、
買い替えるほうがいいでしょう。
ファンヒーターは探せば1万円台で売っています。
もちろん性能も古いものに比べれば年々良くなっています。

家電にはそれぞれ耐用年数がありますが
ファンヒーターの寿命は6年といわれています。
ファンヒーター自体もともと壊れやすい家電なので、
もちろん6年たたないで壊れることもあります。
そのためメーカーでも補修部品を最低でも
6年保管しておく必要がありますが
6年を過ぎてしまうと同じ部品がない可能性が高いので、
メーカーでは修理の対応ができないということもあります。

そのため安全面を考えるとファンヒーターは異常を感じた時は
もちろんのこと、寿命の6年を迎える時期に
一度新しいファンヒーターの買い替えも
視野にいれるとよいのかもしれません。

さいごに

ファンヒーターの使用上の注意をまとめてみました。
変な臭いがしたり目が痛くなったりした場合は
すぐに運転を停止して部屋の換気をしましょう。

またファンヒーターにホコリがたまっていれば
取り除くようにしてみてください。
去年使っていた古い灯油も臭いや色が変な感じがする場合は
使わないようにしましょう。

私も今まではファンヒーターから変な臭いがしても
そんなものなのかな?とそのまま使うことが多かったのですが、
健康被害や故障のことを考えると怖いので
シーズン前には必ず点検しようと思いました。

主婦のみなさんはだいじなお子さんが
健康被害にあわないように特に注意したいですね。
ぜひこの機会にファンヒーターを点検してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました