衣替えのスーツはアイロンをかけたほうがいい?メリットと注意点は?

スポンサーリンク

大事なスーツを末永く使う為にも、普段からのケアが大事ですが
そんなスーツも季節柄衣替えを迎える心配になるのが臭いやシワではないでしょうか。

しかしスーツとなると普段着と違いアイロンを掛けても良いのか?
など心配になる事も多くあります。

今回はそんな衣替えのスーツにアイロンをかけたほうが良いのか、またメリットなど
をご案内してまいります。

衣替えのスーツはアイロンをかけたほうがいい?

衣替えのシーズンで悩んでしまうのがアイロンを掛けてから仕舞うべきかどうか。
特にスーツとなると普段着と違い気にする点も多い為、悩んでしまいます。

衣替えで出す時に共通する悩みは

・シワが出来ている
・臭いがある
・着ると痒くなる
・虫食いがある

などではないでしょうか。

どうしても畳んだ時や服と服が重なりシワになってしまうといとう事は避けられない事かもしれないですし、また臭いや痒みは湿気やダ二、またダニの死骸や糞などが原因として多くあります。
また虫食い虫は服に付いた汚れや皮脂を餌としています。

アイロン特にスチームアイロンは皮脂や汚れも落としてくれる為、衣替えで仕舞う前には
アイロンを掛け、出した後もアイロンを掛けると虫食いや臭いなども最小限に抑える事ができます。

衣替えの時にアイロンをかけるメリット

衣替えでアイロンを掛けるメリットしては仕舞う時も出す時も共通しておりますが

・シワを取る事が出来る
アイロンの目的の一つでもありますシワを取るという事です。
衣替えで出したときは畳シワや服と服の摩擦などのよりシワがある事がほとんどです。
出す時にアイロン掛けるから仕舞う時は必要ないのではと考える方もいるかもしれませんが
シワがある状態で長い時間放置するとシワが取れにくくなったり型崩れをする事もあるので
仕舞う時も出す時もアイロンはおススメです。

・消臭効果
衣替えで出した時の独特の臭いは湿気やダニがほとんど原因となります。
その為、仕舞う前にアイロンを掛ける事でダニを除去したり湿気を飛ばす事で臭いを抑える事ができます。
また出した時もアイロンを掛ける事で保管中の湿気やダニ、ダニの死骸を落とす事ができる
為おススメです。

・痒みがある人はお痒みを抑える事ができる。
衣替えで出した物を着た時痒みを訴える方が多くおられます。
原因としてはダニやハウスダストといった物がほとんどです。
その為、保管前と出した時にアイロンを掛ける事でダニを最小限に抑える事で痒みを
抑える事ができます。

衣替えの時にアイロンをかけるときの注意点は?

スーツがシワだらけとのいうのはやはりカッコ悪いですよね。
ビジネスには必需品のスーツなだけのシワだらけだとそれだけでも仕事が
出来なさそうに見えてしまいます。

スポンサーリンク

しかしそんなスーツにアイロンを掛ける際は注意点があります。

■生地によってアイロンの温度設定を変える。
・綿、麻素材は180℃~200℃
シワのつきやすい素材で縮みやすいのが特徴です。
高温で一気にアイロンをかける事でシワを伸ばす事ができます。

・ナイロン、レーヨン、キュプラ素材140℃~160℃
衣類に光沢があるのが特徴の素材が多いです。
またウール、ポリエステルも同じ温度設定になります。

・アクリル、ポリウレタン、シルク素材は80℃~120℃
熱に弱い素材というのは特徴です。
アイロンの温度設定としては低温を使用しますが元々シワのなりにくい素材の為
軽くかけるだけでシワを伸ばす事ができます。

温度を間違えてしまうと生地の傷みの原因となってしまいます。
またポリエステルなどは熱に弱い素材の為、間違えて高温でアイロンを
掛けてしまうと素材が溶けてしまいテカテカになってしまいますので注意が必要です。

■用意する物
・当て布は必ず使用する。
直接アイロンを当ててしまうと繊維が潰れてテカリが出てしまう事があり
スーツを着用するには不格好になってしまう事もあります。

綿10%の薄手の布が好ましいのですが、出張先のホテルでアイロンを掛ける
場合などで当て布がない場合は綿100%のハンカチでも使用できますし
また緊急であればワイシャツの後ろ見頃でズボンで隠れる場所を使うと言う方法もあります。

ワイシャツにテカリが出てもズボンで隠れる場所ですので最悪の事態は避けられそうです。

・スチームアイロンを使う。
スチームアイロンは直接布アイロンを当てる事がない為生地が傷む心配が
ありません。
しかもスチームが生地に染み込んだ汗や汚れを落としてくれる為、脱臭や汚れ落としに
効果があります。

スチームアイロンがない場合は霧吹きで生地を湿らせ1cmほどアイロンを浮かして
掛ける事で効果があります。

さいごに

衣替えのスーツはアイロンをかけたほうがいい?
・仕舞う時も出す時もかけたほうが良い。

衣替えの時にアイロンをかけるメリット
・シワを取る事が出来る
・消臭効果
・痒みがある人はお痒みを抑える事ができる。

衣替えの時にアイロンをかけるときの注意点は?
・生地によってアイロンの温度設定を変える。
・当て布は必ず使用する。

衣替えって仕舞う時は割りと適当にする事が多い私ですが
やはり出す時はシワや臭い、虫食いなどは心配です。

仕舞う前のケアも行う事で対策をとる事ができる為、大変な作業ですが
ひと手間かけていきたいものですね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました