指の乾燥ぶつぶつでかゆみが出る原因は?対処法や予防法の紹介

スポンサーリンク

寒くなって空気が乾燥すると手荒れに悩まされますよね。
赤くなってかゆくなり、酷くなるとひび割れして肌が裂けて血が出てくることも。
毎年悩まされているという人も多いのではないでしょうか。
痛いしかゆいし見た目も気になる。今年こそさよならしたい。
そこで今回はそんな手荒れに対する対処法と予防法をまとめてみました。

では早速見て見ましょ~(/・ω・)/

スポンサーリンク

指の乾燥ぶつぶつでかゆみが出る原因

まず、何故冬に肌が乾燥してしまうのかを見てみましょう。
私たちの肌には外からの刺激から肌を守ってくれているバリアがあります。
まず皮脂と水分から出来た皮脂膜が皮膚を覆っています。
その下には主に脂質で出来ていて水分をたっぷりキープしている角質層があります。
これらのバリアが水分の蒸発を防ぎ外から受ける刺激から肌を守ってくれています。
このバリア機能が弱まってしまうと雑菌などの刺激を受けて肌が炎症を起こし、プツプツとした発疹やかゆみが出てくるのです。
ではどうしてこのバリアが弱まってしまうのかといいますと、原因はたくさんあります。
そもそも手にはバリアである皮脂を分泌する皮脂腺があまりありません。

そのうえ手は常に刺激にさらされています。
手を洗う機会は一日に何度もありますし、主婦ならば洗い物をしますし、冬には外に出れば空気は乾燥しています。
石鹸、洗剤が皮脂を洗い流し、乾燥した空気が肌から水分を奪っていきます。
これらの刺激によりバリア機能が弱まり、発疹やかゆみが出てくるのです。

指の乾燥ぶつぶつでかゆみの対処法

では手の乾燥、かゆみにはどのように対応すればいいのでしょうか。
なんといってもハンドクリームをこまめに塗りしっかり保湿することが肝心です。
ハンドクリームは、尿素やセラミドといった肌の保水力を高めてくれる成分が含まれているものを選ぶといいでしょう。とにかく水に触れたらすぐに塗るのが理想です。

ハンドクリームの塗り方にもポイントがあります。
ハンドクリームを塗る時には、まず化粧水やローションで保湿をしましょう。
クリームが効率よく吸収され効果が高くなります。

スポンサーリンク

もちろん普段使っているもので大丈夫です。そしてハンドクリームを手の平で温めてから塗り込みましょう。
手全体、指の間や指先にもクリームがいきわたるよう意識しましょう。
指先まで一本ずつしっかりマッサージしつつ塗り込むと血行もよくなりさらにいいです。
夜寝る時にはハンドクリームを塗りこんだ上に木綿の手袋をはめるのがお勧めです。
保湿効果を高めてくれる上、クリームが寝具についてしまうのを防いでくれますし、無意識に掻いてしますのも防げます。
木綿には通気性あって蒸れにくく保湿効果もあるのでケアにぴったりです。


指の乾燥ぶつぶつでかゆみの予防法

症状を予防するには肌のバリア機能を弱める外からの刺激を出来る限り減らすことが理想です。

外に出る時には手袋をして寒さの刺激を避けてください。
そして洗い物の時。

寒い時期はお湯を使うこともあるかと思いますが、お湯は肌に必要な油分も流してしまいます。熱すぎないぬるま湯を使うのがいいでしょう。
洗剤に直接触れない様、ゴム手袋を使用するのも有効な対策です。
しかし今度はこのゴムが原因で肌が荒れてしまうこともあります。
そんな場合も先ほどの木綿手袋が役に立ちます。
ゴム手袋の下に木綿手袋をはめて二重に防護するのです。
手袋をはめる前に手をハンドクリームで保湿しておくと完璧ですね。

さいごに

肌の乾燥の改善には何をおいても保湿が第一です。

面倒に感じることもあるかもしれませんがハンドクリームをこまめに塗り込むのがとても大切です。
好きな香りのハンドクリームを探してみたりして、楽しみながらケアを続けられるといいですね。この冬は快適に乗り切りましょう!

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました