すねの毛穴が赤くなりかゆくなった時の対処法は?ケア方法と原因は?

健康

「すねの赤いぶつぶつが気になって、
オシャレが楽しめない…」
「すねがかゆくてたまらない!」
なんて経験、あなたにはありませんか?
それ、もしかしたら「ムダ毛の処理の方法」に
原因があるかもしれません!
そんなわけでこの記事では、
すねの毛穴が赤くなり、かゆくなってしまった時の
対処法やケアの方法、原因などついて
あなたに役立つ情報をご紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

すねの毛穴が赤くなりかゆくなった時の対処法は?

すねの毛穴が赤くなる原因はいくつかありますが、
それがかゆくなった時は、
皮膚が「炎症」を起こしている可能性が考えられます。
では、このような時はどのように対処したらいいのでしょうか。

① 保湿をしっかりと行う!
基本的な保湿の流れは次の通りです。
(1) 皮膚を温める
蒸したタオルなどを当てて、皮膚を適度に温めます。
これによって皮膚が柔らかくなって毛穴も開くので、
(2)以降の工程による効果が得られやすくなります。
(2) 皮膚に水分を与える
化粧水をたっぷり皮膚に含ませていきます。
ここでコラーゲンやヒアルロン酸などの
保湿成分をしっかりと皮膚に与えていきます。
(3) 水分の蒸発を防ぐ
次に、(1)で皮膚に与えた水分を逃さないために、
ボディクリームなどで皮膚に油分を与えます。
シアバターや馬油、椿オイル、オリーブオイル
なども効果的ですよ。
(4) 保湿成分を皮膚に浸透させる
仕上げに、これまでに皮膚に与えた水分や油分を
ハンドプレス(手のひらで優しくマッサージ)して
皮膚になじませます。
これによって、より保湿効果が上がることを
期待できます。
② 病院に行く
炎症の程度によっては、しっかりと医師に診てもらう
必要がある場合もあります。
毛穴から細菌が入り込んでしまい、
状態が悪化しているという可能性などもあるからです。
ですから、もし少しでもおかしいと感じるようなことがあれば、
無理をせず病院に行ってみてくださいね。

すね毛を剃った時の正しいケア方法

剃刀(かみそり)を使ってすね毛処理をした時の
正しいケア方法についてご紹介していきます(^^)

① すね毛を剃る前と処置中のケア
(1) すねを清潔にする
まずは、シャワーなどを使ってすねの汚れを落としましょう。
細菌による影響を軽減することができます。
(2) すねを温める
次は湯船に入ったり、蒸しタオルを当てるなどして
すねを適度に温めましょう。
これによって毛穴が開いて、毛も柔らかくなり、
すね毛が剃りやすくなります。
(3) シェービングクリームを塗る
毛を剃りたい部分にシェービングクリームを塗ることで、
皮膚への負担が軽くなります。
(4) 毛の流れに沿って剃る
特にすね毛が長い場合は、
毛穴を傷めてしまわないためにも、
毛の流れに沿って剃るようにしていきましょう。
逆剃りをすると、深くまで毛を剃ることができますが、
皮膚まで傷つけてしまう可能性があり、
毛穴や赤みの原因になります。
② すね毛を剃った後のケア
(1) 剃った毛やシェービングクリームをしっかり洗い流す
剃った毛やシェービングクリームが残っていると
かゆみを引き起こす原因にもなるので、
しっかりと洗い流しましょう。
(2) 肌の保湿をする
すね毛処理を行った後は、
特に皮膚の乾燥を引き起こしやすいです。
しっかりと保湿を行いましょう。
方法は、先ほどご紹介したものを
参考にしてみてくださいね♪


スポンサーリンク

すねの毛穴が赤くなりかゆくなる原因は?

先ほどもお話ししましたが、
すねの毛穴が赤くなり、それがかゆくなった場合は、
皮膚が「炎症」を起こしている可能性があります。
そして炎症による赤いぶつぶつの主な原因は、
「カミソリ負け」と「皮膚の乾燥」です。

カミソリやシェーバーを使ってムダ毛処理をすると
ムダ毛と一緒に皮膚表面まで剃ってしまいます。
これによって、皮膚に細かい傷がつき、
炎症を引き起こしてしまうのです。

また、脚は体の中でも特に皮脂腺が少ない部位です。
皮脂腺にはその名の通り、皮膚表面の油分を保つ役割があり、
これが少ない脚はもともと乾燥しやすい傾向があります。
このようにして皮膚が乾燥すると、組織がもろくなり、
傷ついて炎症を引き起こしてしまうのです。

さいごに

さて、いかがでしたか?
キレイで健康な足を手に入れるためには、
「正しい方法でムダ毛処理をすること」と、
「皮膚の保湿をしっかりと行うこと」が
とても大切だということがわかりましたね♪
もしあなたが、すねの毛穴の赤みやかゆみのせいで
ストレスを感じたり、悩んでいたのなら、
是非この情報を活用してみてください(^^)b
あなたが自慢のキレイな足を手に入れられることを
私は心より応援しています!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました