七五三のお返しの時期?高額なお祝いや現金などでお返しをする場合

七五三 記念日
スポンサーリンク

0bf4988fb58bb09a5f924360445d91c6_l

七五三の時期お祝いや色々なものを頂くことがありますね。

そんな時、七五三のお返しに悩みませんか?

そもそも、お返しは必要なのか?

基本的に子供のお祝いの場合はお返しは必要はないといわれてますが地域によって様々な場合があります。

昔はお返しとかは、千歳あめやお赤飯とかを渡すのが風習でした。

しかし今は義理を重視して内祝いとしてお返しする事が多いみたいですね。

お返しを頂いた場合にはどうすればいいのか見てみましょう。

スポンサーリンク

七五三のお返しの時期はいつがいい?

色々な意見がありますがお返しは、七五三を行った日の後、なるべく早くお返しするのが一般的です。

可能であれば当日、遅くとも1〜2週間の間に行うのがいいでしょう。

時間が経ちすぎると失礼に当たるので気をつけてください。

おじいちゃんおばあちゃんの家が近所であれば、子どもの晴れ姿を見せに行くついでにお礼の品を、というのが一番スムーズだと思います。

遠くで直接伺うことが難しいのであれば、七五三の写真や子どもからのお礼の手紙を添えてお返しするとおじいちゃんおばあちゃんに喜ばれるかもしれませんね。

送った後に1本子供から電話を入れてあげる心配りもあったほうがいいですね。

高額なお祝いをもらった場合のお返しは?

本来ならばお赤飯と千歳飴だけでもお返しとしては十分だとおもいます。

それでもやっぱりお返しをプラスしたいという方は、お菓子や日用品を渡す方が多いようです。

お返しの相場は、もらった金額の3分の1程度ですから、金額に合わせて、お返しを分けるのもいいと思います。

過度なお返しはかえって逆に相手に気を遣わせてしまうので、話題のお菓子、タオルやお茶を用意するのがおすすめです。

迷っているうちにお返しの時期を逃してしまったということがないようにしてください。

スポンサーリンク

そういった方はいついつまでにお返しをしようと日にちを決めておくといいかもしれませんね。

現金や商品券でお返しをしたい場合は?

七五三はお祝い事ですから、紅白で蝶結び(花結び)の水引きを使用します。

スポンサーリンク

水引きの上には「七五三内祝」もしくは単に「内祝」「御礼」だけを記載して、下には子どもの名前を入れましょう。

または、3歳の場合「御髪置御祝」5歳の場合「御袴着御祝」7歳の場合「御帯解御祝」と書いてもいいです。

名字は入れずに、名前だけを書くのが一般的です。

華やかさを重視して、水引きではなく、ビースや電車のイラストが書かれた包装を選ぶ方もいるようですが、礼儀を重視するならば、無難なものを選択するのが良いと思います。

仲のいい知り合いなら水引きではなく、ビースや電車のイラストが書かれた包装を選ぶのはいいと思います。

また、相手のご家庭に小さな子供さんがいる場合にも電車やかわいい梱包を選ばれた方がいいかもしれません。

まとめ

七五三のお返しはなるべく早く済ませましょう。

遅くとも1〜2週間以内が無難です。

おじいちゃんおばあちゃんの家が近所であれば、子どもの晴れ姿を見せに行くついでにお礼の品を、というのが一番スムーズだと思います。

遠くで直接伺うことが難しいのであれば、七五三の写真や子どもからのお礼の手紙を添えてお返しするのがいいですね。

高額なお祝いをもらった場合はお赤飯と千歳飴だけでもお返しとしては十分です。

もう少しプラスしたい場合にはお菓子や日用品を渡すのオススメです。

お返しの相場は大体頂いた3分の1程度。

現金や商品券でお返しをしたい場合は紅白で蝶結び(花結び)の水引きを使用し水引きの上には「七五三内祝」もしくは単に「内祝」「御礼」だけを記載して、下には子どもの名前を入れましょう。

お返しも気持ち次第なので紹介した事が絶対というわけではないので相手の事を考え気持ちを込めてお返しをしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました