睡眠不足のイライラの原因は?解消方法と不眠症の治療の紹介

美容

睡眠不足の時どうしても中々眠れず、ちょっとしたことでも知らず知らずのうちにイライラしてしまいあたってしまいませんか?

眠りが浅くなってしまい、夜中に何回も起きてしまったり、スマホを片手についつい時間が過ぎてしまい「また眠れない・・・」って悩みをかかえている人は多いんですよ。

って事で今回はそんな不眠症について色々と紹介しちゃいます。
(/・ω・)/

スポンサーリンク

睡眠不足のイライラの原因

睡眠不足が続くと自律神経のバランスが乱れ、余計イライラしやすくなります。

自律神経とは、常に身体を最適な状態に保つ「ホメオスタシス(恒常性)」という働きを持つシステムを備えていて、緊張状態で働く「交感神経」とリラックス時に働く「副交感神経」から成り立っています。
眠っている時には心身の休息のために副交感神経が優位になり、ゆったりリラックスした状態になるはずですが、睡眠不足が続くと交感神経が優位な状態が続いてしまい、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

また、睡眠不足などで身体がストレスにさらされると交感神経の働きが活発になり、身体は緊張状態になります。
ストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」の分泌が増加し、身体がストレスと闘うための戦闘態勢に入ります。

適度なストレスは、能力発揮に寄与してくれることもありますが、ストレスが過度になったり長期に及んだりすると、心身に悪影響が生じます。
イライラしやすくなるのもその1つです。
自律神経のバランスを保つためにも、睡眠不足の解消はイライラをおさえる上で重要な要素となります。

そこで、まずは睡眠環境を整えることから始めてみましょう。
おすすめは、寝室の温度・湿度のコントロールと、自分に合った寝具を選ぶことです。

睡眠不足の解消方法

脳をリラックスさせる飲料・食料品を摂る

まず、手軽な方法として寝不足の時には脳をリラックスさせるためお茶などを摂るということがおすすめできます。
寝不足のイライラの原因は脳の作用にあるとすれば、精神を落ち着かせる作用のあるお茶を摂ることがひとつの方法として有効といえます。

具体的には、カモミールティーやローズヒップティーなど、ハーブティーが精神を落ち着かせる作用があることは有名です。
そこで寝不足でイライラが高まっている時にはこれらのハーブティーを摂ることでイライラを抑えることが効果的です。

他にはチョコレートなどの糖分はイライラを減少させるためには効果的なのです。

寝不足でイライラしていることを認め、周りに宣言しておくこと

人間は現在の状況を把握して認識することで、安心して精神活動が安定するという性質があります。
客観的に現在の状況をつかむことで気持ちが落ち着きます。

そこで、この性質を活用して、寝不足でイライラしてしまっている時には、ご自身で「ああ、今日は寝不足でイライラしてしまっているな、これは脳の働きによるものだ」ということを認識して現状を客観的に把握することでイライラしている自分に冷静になることができます。
その結果、不思議とイライラを解消することにつながります。

また、言いにくいかもしれませんが寝不足でイライラしていることをあえて周囲に伝えておくことで周囲の理解を得れば、職場や家族の雰囲気を悪くしてしまうことを防止することにつながります。
周囲も「今日は寝不足でイライラしているのだな」ということを認識することができるからです。

ご自身と周囲が寝不足でイライラしているだけであるということの共通認識を持つことだけでも職場や家庭の雰囲気は大きく違ってきます。

そして可能であるのであれば、寝不足によるイライラを防ぐために可能な限り寝不足の状況を作り出さないようにすることももちろん重要です。


スポンサーリンク

不眠症の治療の紹介

不眠症の治療には薬やサプリなど色々な物がありますよね。

中には、「薬に頼りたくない」って方は多いと思います。

出来るなら体に負担の少ない天然成分が配合されている物を使用したいですよね。

マインドガードDX粒タイプ

「気分や意欲の改善に深い関係があるといわれているセロトニンの原料となっている栄養素を多く含んでいるそうで、毎日とり続けることで「こころの健康」を保てるようになるそうです。

味に関しては、お世辞にも美味しい!とは言えません。

また、ドリンクタイプということで、体内にも吸収しやすいですし、意外と一口でごくっと飲めてしまうので、「今日は眠れないな、、」と感じるときに飲むとリラックスできて眠れるような気がします。

ですが、これを1回飲めばすぐ眠れますという訳ではありません。

しかも効果は人それぞれです。

ただ天然成分のみを使用しているので、身体には負担がかからないので気になる方は購入してみるのもいいかもしれませんよ^^

さいごに

いかがだったでしょうか?

寝不足になると感情をコントロールする扁桃体や自律神経が上手く働きません。

それに加え、気持ちを高ぶらせ、イライラした気持ちになりやすい脳内伝達物質をコントロールするセロトニンの分泌が足りなくなります。

睡眠不足はホルモンにも悪い影響を与えます。抗ストレスホルモン「コルチゾール」が増えて、交感神経が働きやすくなり、イライラしやすくなります。

成長ホルモンが分泌されず、疲れが解消されないのもイライラの原因になります。

これらの不調による影響と、感情のバランスをとる扁桃体の不調でイライラしやすくなってしまうのです。

では また|彡サッ

痩せにくい体を改善おすすめのダイエット方法のまとめ
ダイエットには様々な方法がありますよね。 ダイエットの方法には個人的には合う合わないといった問題がありますね。 ですが方法を知らないと、そんな方法もわからないですね。 って事で記事にしたやつをまとめてみましたので、是非参考にしてくださ...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました