結婚式の貯金の方法は?相場やおすすめの貯金術の紹介

キレイなウエディングドレスを着て素敵な結婚式を挙げたい!
女性の永遠の憧れではないでしょうか^^
しかし【結婚】を考えると、避けられない問題が【お金】です。
貯金がなくても結婚はできますが、一生に一度の結婚式です。
結婚資金の相場や貯金術などを知り、結婚に向けて準備していれば安心できます。
素敵な結婚式を挙げるためにも、彼と力を合わせて楽しく貯金を始めましょう!

スポンサーリンク

結婚式の貯金の方法は?

貯金をしないといけないけど、何から始めたらいいかわからない…
そんな時はまず、結婚式の為だけの貯蓄専用口座を作りましょう!
普段使っている口座と一緒にしてしまうと、
結婚のための貯金がどのくらいなのかもわからなくなってしまいます。
確実にわかるように専用の口座を作ることで、モチベーションも上がります。
彼と協力しながら結婚貯金が増えていくとワクワクしませんか^^?
同じ目標に向かっているという意識が高まり、貯金も楽しくなると思います。
ボーナスがないものと考え、ボーナスの全額を貯金するのも良いですね。
そして自分が普段どのくらいお金を使っているか把握することも大切です。
一度家計簿をつけてみると、支出がとてもわかりやすいので、おすすめです!
実際、私が結婚した時、お互い貯金はゼロ。結婚式も挙げていません(泣)
親族に頂いたお祝いで結婚指輪を購入しました。
今考えると、結婚貯金は本当に大事だなと思います。

結婚資金の相場

結婚にかかるお金は、
平均400万円だそうです(^^;
結婚式はもちろん、新婚旅行や新居への引越し、結婚指輪など色々とお金がかかります。
新婚旅行にかかる費用は、
海外だと約50万円(地域によります)、国内だと約10万円 ほどです。
お土産代のことなども考えると、多めに見積もっていた方が良いですね。
結婚指輪の相場は、2人で平均20万円 ほどでした。
ちなみに私たち夫婦は2人で約5万円でした^^
結婚式にかかる金額をざっくり説明しますと、
挙式のみフォトウェディング☆100万以下
親族のみの挙式・披露宴☆100~150万
レストランウェディング☆150~300万
ホテルウェディング☆200~400万
オリジナルウェディング☆400万以上
豪華になればなるほどお金がかかります。
結婚式に友人を招待するとご祝儀は頂けますが、
ご祝儀を期待しすぎるのも友人に悪いなぁと思ってしまいます(^^;
やはり、親族の援助もちょっぴり期待しちゃいますね(笑)


スポンサーリンク

結婚式に向けたおすすめの節約術

やっぱり、彼と協力し合って楽しく節約したいものです^^
と考えると、二人でできる節約は【デート】の工夫です!
外食の頻度を減らすことで、かなり出費を抑えることができます。
他にもお金のかからないデートはたくさんあります^^
ピクニック気分で公園へ行ったり、お家で一緒に料理を作ったり、
サイクリングや散歩、立派な節約デートです♪
そして、一番重要な結婚式に関しての節約なのですが、
ウエディングドレス等のレンタル料はハッキリ言って高いです。
調べたところ、約30万円かかったカップルもいらっしゃいました。
そこで、ドレスもブーケも自分たちで調達すれば節約になる!
と感じたのですが、【持ち込み料】がかかる所もあることがわかりました。
持ち込み料は、約10万円と意外に高いんです(^^;
しかし結婚式場での交渉の最初の段階で、
「ドレスなどを持ち込みたい」
と言っておく事で安くなる場合もあるので、根気強く交渉するのも節約術ですね^^

さいごに

結婚はとってもおめでたいことです^^
しかし現実的な部分もしっかり把握することが大事です。
協力し合ってこそ、更に絆も深まります。
良い結婚式を迎えれますよう、ご参考になれば幸いです^^

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました