女性の社会人で一人暮らしにかかる費用は?節約方法と必要なものは?

社会人となると自立という区切りの意味も込めて一人暮らしを始める方も
多くおられます。
社会人となり、お給料をもらい自分の力だけで生活をしていくには
大きな希望もありますが不安もあります。

今まで実家にいた時と違い生活をしていく上で掛かる費用というのが
重くのしかかってきます。

今回はそんな女性の社会人の一人暮らしに関してご案内してまいります。

スポンサーリンク

女性の社会人で一人暮らしにかかる費用は?

一人暮らしに掛かる費用には食費や家賃、光熱費などがありますが、それらは
継続して払い続けていく事になります。
また一人暮らしを始めるという方であれば、初期費用というにも念頭にいれる
必要があります。

・食費
女性の一人暮らしであれば平均3万円~4万円です。
毎日自炊を行う事で随分食費を抑える事もできますが、1ヶ月に数回外食を想定した食費
を計算しておきましょう。

・水道光熱費
女性の一人暮らしであれば平均1万円ほどです。
地域や料金プランなどにより変わりますが、少し高めぐらいの見積もりで考えていた方が
後々苦しい思いをしないですみそうです。

・通信費
スマホやパソコンなどの通信費です。
光通信やWi-Fiなどの契約をしている方が多いかと思います。
スマホと光通信料金と合わせて1万円~1万5千ほど掛かります。

パソコンは使用せず、スマホのみに通信費であれば5千円から8千円ほど
に抑える事もできます。

・家賃
家賃は収入の約3分の1が目安と言いますが毎月の出費で一番多いのが
この家賃ではないでしょうか。
なるべく抑えられるのであれば抑えたところです。
家賃の相場や地域や立地、広さなどで大きく変わりますが女性に一人暮らしで
あれば平均5万~6万

・保険料
保険に加入していれば、継続して支払う出費となります。
契約内容にもよりますが平均1万5千円ほど。

・衣類や日用品
女性となるとお洒落に気を使い、洋服代や化粧品またシャンプーなどの
日用品も出費の大きな一つです。
平均的では約1万円~2万円。

・交際費、娯楽費
職場の方との付き合いや友達や彼氏との交際費や娯楽費というのも重要です。
ストレス発散であったり、一人暮らしの醍醐味がこの交際や娯楽の自由ではないでしょうか。
平均では3万2千円ほど。

・交通費
交通費は会社から支給されていればあまり気にしなくても良いように感じますが
多くの場合は交通費は給料と一緒に支給される為、ついつい別口で考えず使って
しまう事があります。
交通費もしっかり毎月の出費として考えた方が良いです。
平均7千円ほど。
また始めての一人暮らしとなると初期費用も掛かってきます。

初期費用の目安は

・家具
・家電
・生活雑貨
・敷金
・礼金
・家賃前金
・鍵の交換費用
・仲介手数料

家具・家電・生活雑貨は生活していく上で必要な物ですが目安や約30万円ほど
また敷金・礼金・家賃前金・鍵の交換費用・仲介手数料なは家賃の約6ヶ月分と言われています。
その為平均で30万円~36万円。

女性の社会人で一人暮らしでできる節約方法

一人暮らしを始めると出費の多さに戸惑いを感じてしまいます。

出来れば色々な方面で節約をしたいものですよね。

・食費
生きていく上で必要なのが食費ですが、それだけに工夫をする事で
節約になります。
一人暮らしの場合は外食やコンビニ弁当などが多くなりがちですが
やはり節約するなら自炊がおススメです。

自炊も細目に料理をするよりも作り置きをしてレンジで温めなおす方が
節約になります。

細目に料理をするとそれだけガス代などが掛かります。
その為、一度に作り置きをしておけば、後はレンジを使用するだけなので
時短にもなります。
白米などラップで小分けして冷凍保存しておけばレンジで解凍するだけですし
会社へ持っていくお弁当にも使えます。

・日用品
シャンプーやリンス、また化粧品などは女性ならではの出費ではないでしょうか。
シャンプーやリンスも詰め替え用で購入する事で費用を抑えれます。

・初期費用
部屋を借りる際に掛かる初期費用はどうしても高額になります。
不動産屋と相談して敷金・礼金なしの物件を選ぶ事で随分、初期費用を抑える事が
できますし、交渉しだいでは最初の家賃をサービスしてくれる事例などもあります。
オーナーさんの人柄や相談しだいになるとならないケースの方が多いのですが
不動産屋に相談しないかぎり実現は難しいようです。

スポンサーリンク

また家具・家電なども一度に揃えるより徐々に揃える事で初期に掛かる出費を
抑える事ができますし、リサイクルショップなどで比較的、安価で手に入る事もあります。

・水道光熱費
生活していく上では水道光熱費はどうして必要です。
節約する方法として洗濯機を使用する際、お風呂の残り湯を使用するなんていうのは
有名な節約でが他には冷暖房の設定気温を調整する事で電気代の節約になります。
寒い日は少し厚着をする事で設定温度を抑える事ができます。
夏場など暑い日は防犯上、窓の開けッぱなしは危険ですが、窓を開け空気を入れ替える
だけでも設定温度を抑える事ができます。

女性の社会人で一人暮らしで必要なものは?

一人暮らしとなると必要な物は沢山あります。
最初から全て揃えるより優先順位を付け徐々に揃える方が無駄が
なくなります。

・寝具
・照明器具
・カーテン
・テーブル
・冷蔵庫
・洗濯機
・炊事用具
・洗濯用品
・掃除用具
・衛生用品
・掃除機
・ゴミ箱、ゴミ袋
・炊飯器
・電子レンジ
・電気ケトル
・エアコン
・テレビ
・パソコン
・ドライヤー
・靴磨き道具
・スーツ
・喪服
・アイロン
・タンス

などなど思いあたるだけも沢山あります。

給料の振り込み先として銀行口座は所有していると思いますが
家賃の引き落とし先として口座は必要ですが、引き落としの際に使う
認印も必要です。

またパソコンを使用するのであれば通信環境も必要になってきます。

特に女性の場合では“警戒心”というはとても必要です。

オートロックであったり部屋が上の階であっても過信をせず、施錠をする
事を忘れずにしましょう。

新入社員のやったほうがいいまとめ一覧

さいごに

女性の社会人で一人暮らしにかかる費用は?
・食費:3万円~4万円
・水道光熱費:約1万円
・通信費:1万円~1万5千円
・家賃:5万円~6万円
・保険料:約1万5千円
・衣類や日用品:1万円~2万円
・交際費、娯楽費:約3万2千円
・交通費:約7千円

女性の社会人で一人暮らしでできる節約方法
・自炊がおススメ
・敷金・礼金なしの物件を選ぶ
・冷暖房は温度設定を調節して電気代節約

女性の社会人で一人暮らしで必要なものは?
・寝具
・照明器具
・カーテン
・テーブル
・冷蔵庫
・洗濯機
・炊事用具
・洗濯用品
・掃除用具
・衛生用品
・掃除機
・ゴミ箱、ゴミ袋
・炊飯器
・電子レンジ
・電気ケトル
・エアコン
・テレビ
・パソコン
・ドライヤー
・靴磨き道具
・スーツ
・喪服
・アイロン
・タンス

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました