お墓参りで先にある花は持ち帰るべき?マナーと処分方法は?

お彼岸などお墓参りを意識する時期というのがありますが
そういった時期になると家族や親戚が集まったり、いつの間にか
家族や親戚が先にお墓参りをしていたなんて事もあります。

そんなお墓参りで迷ってしまうのが先にあるお花ではないでしょうか。

処分して良いの?持ち帰るべき?

今回はそんなお墓参りで先にある花をどうするかについてご案内していきます。

スポンサーリンク

お墓参りで先にある花は持ち帰るべき?

お墓参りといえばお花というのは付き物ですがお彼岸などお墓参りシーズンになると
先にお花が添えられているケースもあります。

自分が持ってきたお花もあるし、どうしたら良いのでしょうか。

ご先祖様が眠る場所ですのでお墓参りした際は掃除をして新しい花を供えるのが
マナーとなります。

その為、先に供えているお花が古くなっているようであれば新しいお花に取り換えるようにしましょう。

ただ先に供えているお花が新しいようであれば

・花立てに余裕があれば自分が持ってきたお花を一緒の供える
・お寺の方に事情を話して本堂にお供えてして頂く。
・空き瓶などでも花立てになるものがあれば一緒にお供えする。

などの方法があります。
またお墓参りといいのは早々頻繁に行う事でもない為、お花を持ち帰るという方法も
あります。

お花を持ち帰る場合はその場でお花を供え手を合わせてから持ち帰りましょう。

お墓参りで先に花がある時のマナー

お墓参りに行くとお花が先に供えている事もあります。
そういった時にマナーはどうしたら良いのでしょうか。

・先に供えているお花が古い場合
ご先祖様が眠るお墓ではキレイにしてお花を新しく替えるというのがマナーとなります。

・先に供えているお花が造花の場合
生花が良いか造花が良いかとなるとお墓にお供えるお花としては生花が好ましいと
言われています。
その為、先に供えているのが造花であれば生花に替えるというのは一つのマナーですが
造花の良いところは枯れない事です。
その為、一度生花に替えて手を合わせ帰り際に造花に戻すというのも方法ではないでしょうか。

・持ち帰ったお花は仏壇に飾らない
一度お供えしたお花をご先祖様へのお花ですので仏壇に飾るのは失礼にあたります。
持ち帰ったお花は玄関や花壇などに飾るようにしましょう。

お墓参りの花の処分方法は?

お供えしたお花をそのままにしていると枯れてしまい、虫が湧いたり墓石を傷める原因となってしまいます。

その為、お供えしたお花は近い内に回収するかそのまま持ち帰るというのが好ましいようです。

スポンサーリンク

・お寺や墓地の管理の方が撤去してくれる。
お寺や墓地によっては定期的にお花の撤去をしてくれるところもあり、そういった場合は
お供えしたお花も気にせずそのままのしておいても大丈夫ですし、そちらの方が長い期間
お花をお供えする事ができます。

管理してくれているお寺や墓地の方に確認をしましょう。

・自宅で飾る
お供えしたお花を自宅に持ち帰るというのはマナー違反ではありません。
お花もまだきれいな内はそのまま捨ててしまうよりも自宅などで飾る方が良いのでは
ないでしょうか。

お花をお供えするのは、命の短いお花をお供えする事で命の尊さに感謝するという意味も
あるので自宅などで飾りお花を大事に飾るのは理想的ではないでしょうか。

・地域の燃えるゴミに出す
お花が古くなっているようであれば地域の燃えるゴミに出す事もできます。
またお寺や墓地にはお花を捨てる場所があればそちらで処分する事もできますが
空地などで捨てるのは絶対やめましょう。

さいごに

お墓参りで先にある花は持ち帰るべき?
・花立てに余裕があれば自分が持ってきたお花を一緒の供える
・お寺の方に事情を話して本堂にお供えてして頂く。
・空き瓶などでも花立てになるものがあれば一緒にお供えする。
・持ち帰っても問題ありません。

お墓参りで先に花がある時のマナー
・先に供えているお花が古い場合
・先に供えているお花が造花の場合
・持ち帰ったお花は仏壇に飾らない

お墓参りの花の処分方法は?
・お寺や墓地の管理の方が撤去してくれる。
・自宅で飾る
・地域の燃えるゴミに出す

なにかとマナーがある日本ですが、お墓となると敏感になってしまいますよね。
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました