車を自分で運転する時にも酔ってしまう時の対処法は?予防法と酔いにくい時の違いは?

スポンサーリンク

普段乗り物酔いをしやすい方は長時間のドライブなどは覚悟が必要ですよね。
私も車酔い激しく助手席に乗るとほぼ確実に酔ってしまいます。

ただ自分で運転すると酔いやすい体質が嘘のように長時間の運転でも
酔わないので不思議です。

一般的にも酔いやすい方でも自分で運転すると酔わないというのは
定説ですが、それでも酔ってしまう方もおられるようです。

自分の運転でも酔ってしまうのは辛いですよね。

今回はそんな車を自分の運転する時に酔ってしまう時の対象法など
ご案内してまいります。

スポンサーリンク

車を自分で運転する時にも酔ってしまう時の対処法は?

一般的に酔いやすい方でも自分で運転する事で酔わなくなる方が多いのですが
それでも中には自分の運転でも酔ってしまう方というには意外にいるようです。

乗り物酔いをする方は意外に多く程度の差がありますが約57%~70%の方が
なんらかの乗り物酔いの経験をした事があるそうです。

乗り物酔いをしてしまった時は対処法をいくつか用意しておくと気持ちの
持ち方も変わりますよね。

・窓を開ける
空気の入れ替えを行う事で気分もリフレッシュできます。
また酔いの原因の中では“臭い”はとても重要できつい臭いを
空気を入れ替える事で臭いを分散させる事ができます。

・やさしい運転をする。
車酔いの原因には揺れや周りの風景の変化に目と脳が付いていけず三半規管や
前庭が刺激される事で酔いに繋がります。
その為、揺れや最小限がに抑える事も大事です。

・余裕のある運転する。
カーブを曲がる時や止まる時は余裕のある運転をする事で揺れを少なくする事が
出来ます。
ブレーキを踏む時の2回~3回に分けて優しく踏みやさしい運転を心掛けましょう。

・呼吸を止める
カーブを曲がる時や止まる時の揺れには優しい運転も効果的ですが
呼吸を止める事でも効果的と言われています。
頭の揺れを最大限に抑える事と呼吸に意識をするので
酔いの難関といえるカーブやブレーキに耐える事ができます。

車を自分で運転する時に酔いやすい人の予防法

酔いやすいと分かっていれば予防をする事で対策を行うができます。

・サングラスを掛ける
意外にもサングラスを掛けると酔いの予防になるそうです。
車酔いの原因の一つに周りの風景の変化に目と脳が反応しきれず混乱する事にあります。
その為、サングラスを掛ける事で視界を悪くし混乱を抑える事ができます。
また強い日差しが目に入る事で頭痛などを招く事もある為、対策として効果はありそうです。

・強い臭いはさける
車酔いには“臭い”も重要で強い臭いにより酔いを起こす方もおられます。
酔いやすい方の多くは乗った瞬間に臭いでダメになったとい方も多いので
臭い対策も効果的です。
消臭剤など活用する事も効果はありますが、香付きの物で臭いを隠そうとしても
色々な臭いが混ざってしまうので無臭タイプの選ぶ事をオススメします。

・シトロエンを使用する。
フランスのメーカーが出したメガネ型の酔い止めのアイテムで95%の方に効果があった商品です。
液体のはいったメガネで感覚のズレを補正してくれます。

酔いの兆候を感じたらメガネを掛け10~12分程目を本やスマートフォンに固定します。
時間が経過したらメガネを外します。

また運転前に使用する事でも予防する事ができるので使ってみたいアイテムですね。

車に酔う時と酔いにくい時の違いは?

私は乗り物酔いがしやすい体質で、長時間のドライブには覚悟がいります
その為、予防や対策をとりますが酔う時と酔いにくい時があります。

車に酔う時と酔いにくい時に違いはなんでしょうか。

・体調
体調というのは直接影響してきます。
体調が悪い時はただでさえ臭いにも過敏になり酔いやすくなります。
普段は酔わない方でも体調が悪いと酔ってしまう事がある程影響してきます。

・寝不足
寝不足になると酔いやすくなってしまいます。
前日は予防としてしっかり寝る事をおススメします。
体力の問題もありますがストレスなども影響していきます。
ストレスがあると自律神経に乱れが生じやすく体調の変化にも
繋がります。

・食べ過ぎまたは空腹
食べ過ぎは胃もたれの原因となり気分もすぐれません。
また胃液の分泌が多くなると胃が荒れてしまいます。
胃のムカムカから体調不良や、結果的に少しの揺れでも酔いやすくなってしまいます。

・本やスマホをみる
助手性にいる時やバスや電車にのっている時に本やスマホを見ていると
気分が悪くなり酔いやすくなります。
近くを見る事で目の筋肉が刺激され酔いやすくなってしまいます。
乗り物を乗る時はなるべく遠くを見るようにしましょう。

さいごに

車を自分で運転する時にも酔ってしまう時の対処法は?
・窓を開ける
・やさしい運転をする。
・余裕のある運転する。
・呼吸を止める

車を自分で運転する時に酔いやすい人の予防法
・サングラスを掛ける
・強い臭いはさける
・シトロエンを使用する。

車に酔う時と酔いにくい時の違いは?
・体調
・寝不足
・食べ過ぎまたは空腹
・本やスマホをみる

私も乗り物酔いをしやすき体質ですが自分で車を運転するには
酔わないので幸いです。

それでも乗り物酔いさえなければと思う時って良くありますよね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました