胃痛が続く時の対処法は?胃薬を飲む時の注意点と負担をかけない食事は?

スポンサーリンク

胃痛や胃の不快感というはとても辛いものですよね。
食事がとれない事による体力低下や胃痛で夜眠れなかったりと
多くの弊害が起こってしまいます。

仕事ではパフォーマンスが上がらなかったりプライベートでも
楽しめなかったりと、良い事はひとつもありません。

今回はそんな辛い胃痛が続く時の対処法などをご案内してまいります。

スポンサーリンク

胃痛が続く時の対処法は?

胃痛の原因もある程度はっきりとわかっている場合で良いでのですが
考えられる原因が複数あったり、原因が分からないという場合は不安ですよね。

・体を温める。
体が冷えると胃や胃腸の働きが悪くなり胃痛の原因となってしまう事があります。
また原因が複数ある場合はこの冷えというは必ずといって良い程、考えられる
ケースに含まれます。
最近では冷え性も深刻な悩みなので体は冷やさず温めるようにしましょう。

・ぬるめの白湯を飲む
体を温めるという内に含まれますが、熱い湯を飲むのは胃に負担を掛けてしまうので
ぬるめの白湯がおススメです。
直接胃を温めてくれて効果的です。
また普段から白湯を飲む事で胃痛予防にもなるので長期的に行ってみてはどうでしょうか。

・浴槽に浸かる
こちらも体を温める内に含まれますが、ポイントは体の芯まで温まるという事です。
38℃程度のお湯にゆっくり時間を掛け温まるようにしましょう。

・体を休める
胃痛の原因には様々ありますがストレスも原因の一つです。
体を休めるというのは胃痛に限らず体の基本になるのでゆっくり休ませましょう。
胃痛がある場合は体の右側が下になるようにして休みと胃への負担も少なくなります。

ただし食べてからすぐ横になると胃酸が逆流する事があるので食後は最低でも
1時間は我慢してから横になるようにしましょう。

・薬を飲む
やはり薬に頼るという方法ですよね。
なるべく飲みたくないという方も多いですが最後は
やはり頼ってしまい事が多いのも事実ではないでしょうか。

仕事の合間や旅行先など一瞬でも早く痛みを緩和させたいという時など
使うシーンとしてはイメージしやすいのではないでしょうか。

・ピロリ菌
ピロリ菌は胃癌や胃潰瘍の原因とも言われております。
低年齢になるほど感染率は低くなりますが40歳以上になると約75%が
感染していると言われています。

胃カメラと一緒に検体する事で感染しているかどうか分かります。
万が一感染している場合でも飲み薬でピロリ菌の除去を行う事ができます。

私も数年前、ピロリ菌に感染している事が分かり病院の先生から胃洗浄という名称で
飲み薬を推奨されました。

数種類の薬を1週間飲み続ける為、しんどく感じますが、将来のリスクファクターを
考えると苦に感じる事はありませんでした。

胃痛が続くときに胃薬を飲む時の注意点

胃薬というのはドラックストアでも気軽に購入でき、比較的身近な存在のように
も感じますが、そこはやはり薬ですので飲み時のも注意点があります。

・症状に合わせて薬を飲む
胃痛といっても症状も様々です。
ストレスからくるものなのか、食べすぎ飲み過ぎによる物なのか症状にあわせましょう。
ドラックストアには登録販売者が在籍しているので相談しながら購入しましょう。

・病院に相談する。
病院に受診を行い薬を処方してもらうというのが一番の解決方法にはなります。
また原因の分からない胃痛や胃痛だけではなく発熱や吐き気や激しい下痢などが
ある場合は早めの受診する事をおススメします。

病院での受診の際には胃カメラやバリウムなど採血する事もありその場合では
6時間~8時間以上は絶食する必要があります。

胃痛が続く時に負担をかけない食事は?

胃痛が続くと食事も辛くなりますが、そうは言っても食事をしない訳にはいけません。
毎日の食事ですでので負担をかけないよう注意したいところですね。

・腹八分を目安にする。
食べ過ぎは胃に負担を掛けてしまいます。
胃痛の時はそこまで食べる事はないと思いますが、常に腹8分目を目安にすると
良いですね。

・朝、昼、晩規則正しく食事をする。
1日3食規則正しく食事をとるというのは胃に負担を掛けない事でも
重要です。
特に朝食を抜くと胃の働きが悪くなりそこに昼食が入ると負担を掛けてしまいます。
また空腹時にコーヒなどのカフェインを飲みのも負担になるので空腹時は避けるようにしましょう。

・よく噛む
食事の際あまり噛まずに食べる方もいますが良く噛まずに
食事をすると消化が悪くなり胃に負担を掛けてしまいます。

良く噛むというは基本的な事となりますが消化に悪い物としては
揚げ物などの油っぽい物も消化に悪いので胃痛の時は特に避けるようにしましょう。

さいごに

胃痛が続く時の対処法は?
・体を温める。
・ぬるめの白湯を飲む
・浴槽に浸かる
・体を休める
・薬を飲む
・ピロリ菌

胃痛が続くときに胃薬を飲む時の注意点
・症状に合わせて薬を飲む
・病院に相談する。

胃痛が続く時に負担をかけない食事は?
・腹八分を目安にする。
・朝、昼、晩規則正しく食事をする。
・よく噛む

私が数年前病院でピロリ菌の感染を知ったのは健康診断で胃潰瘍の疑いがあると
言われて受診をしたのがきっかけでした。
胃潰瘍が治った跡があると言われて胃潰瘍の治療をした記憶はなかった為、知らない内に
胃潰瘍になり知らない内に治っていた為、怖くなってしまいました。

それいらい胃に負担を掛けないように注意をしていますが気になる事がある場合は
早めに病院に受診しましょう。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました