ダイエットのストレッチで効果的な時間帯はいつ?注意点と筋肉痛になったときは?

スポンサーリンク

ダイエットというのは多くの人が悩んでいる事の一つではないでしょうか。
ダイエットを目的としてストレッチが良いと聞いたけど、朝は出勤前で時間の余裕がない
帰りは遅くご飯食べてお風呂入ると疲れて眠ってしまう。

何てここと多いのではないでしょうか。

今回はそんなダイエットのストレッチで効果的な時間帯や注意点などをご案内していきます。

スポンサーリンク

ダイエットのストレッチで効果的な時間帯はいつ?

朝は忙しいと言う方多いのではないでしょうか。

そんな忙しい時間のストレッチを行うのも習慣としては良いのですが、
出勤前だと時間を気にして充分にストレッチを行う事ができなかったり、
そもそも仕事の準備で時間がとれないというケースもあるかと思います。

ではダイエットのストレッチで効果的な時間帯はいつが良いのでしょう。

・朝食と昼食の間
起きてすぐに運動をしてしまうと体に負担を掛けてしまいます。
そのため、朝起きてすぐというよりある程度体が動いた時間帯の方が
負担も少なくオススメです。

昼食前にストレッチとなっても職場では難しいと言う方はトイレで行ったり
朝出勤時にロッカーでおこなうのも方法ではあないでしょうか。

朝にストレッチを行う事で交感神経と副交感神経の入れ変わりをスムーズに行う事が
出来るので目覚めの良さや体の動きも良くなるのでオススメの時間帯です。

・お昼休み
昼食を食べると眠くなってしまいます。
そんな眠たい時間帯にストレッチを行う事で眠気覚ましにもなります。
職場でも昼休みとなると公園やコンビニなど外に出来る機会も多いので
昼食後のストレッチも比較的しやすい環境ではないでしょうか。

昼食後のストレッチが職場みんなの習慣になるととても健康的な職場になりますよね。

・夜、シャワーを浴びたあと。
夜に運動を行うと交感神経が活発になり眠れなくなる事があるので不向きな
時間帯ではあります。
しかしそうは言っても時間に余裕がとれ易いのは夜だと言う方は多いはずです。

シャワーを浴びると交感神経が働き運動も効果的に働いてくれます。
しかもストレッチなら筋肉をほぐしてくれるので寝る直前でなければストレッチ
はオススメです。

ダイエットのストレッチで注意点?

普段、体を動かす習慣がない方がいきなり激しいストレッチを長時間行うと言うのも
無理があることです。
ストレッチを行うにも注意点があります。

・痛くならない程度に伸ばす。
ストレッチの目的は筋肉を伸ばす事にあります。
反動を付けて行うような方法では筋肉に負担が掛かってしまいます。
静かにゆっくりと行い筋肉や腱にほどよい緊張を感じる程度で10秒~15秒
状態を保つような方法で行いましょう。

・リラックスして行う。
息を止めたり歯を食いしばって行うと逆に筋肉が緊張してしまいます。
ゆったりとした呼吸でリラックスしながら行いましょう。

・自分のペースを保つ
体の柔らかさなど人によって違います。
その為、人を競争をすると負担が掛かったり逆に筋肉に緊張を
与えてしまう結果になってしまいます。
ストレッチは自分ペースで行いましょう。

・毎日行う。
運動もストレッチも続ける事に意味があります。
ダイエットとなると尚更ですが、一朝一夕で効果があるなんて事はありません。
その為、毎日続けていく事に意味があります。

またストレッチが毎日の日課となるととても健康的ですよね。

ダイエットのストレッチで筋肉痛になったときは?

どうしてダイエットとして張り切ってしまうと筋肉痛になって後悔して
しまう事もあります。

筋肉痛になった時はどうしたら良いのでしょう。

・休める
筋肉痛がある時は無理せず、休めるというのが基本です。
筋肉痛がある時は体を筋肉を修復している時です。
筋肉が炎症を起こしているのが筋肉痛の原因ですが、 無理をして
運動をしてしまうと、炎症が悪化したり修復が遅れたりダイエットの
効率も悪くなってしまいます。

・ウオーキング
ウオーキングは有酸素運動ですが、有酸素運動には血流を良くする効果が
あるため、炎症を起こした筋肉を改善する役割もあります。
ただしウオーキングを行う事で筋肉痛がひどいようであれば炎症を悪化させてしまう
事があるため、控えましょう。

・患部を冷やす
暖めた方が良いと考える方もおりますが、筋肉痛では患部を冷やした方が効果的です。
保冷剤や氷などをタオルで巻いて患部に当てると痛みが和らいできます。
また最近ではドラックストアでもスプレータイプの患部を冷やす商品もありますもで
手軽に使える方法です。

さいごに

ダイエットのストレッチで効果的な時間帯はいつ?
・朝食と昼食の間
・お昼休み
・夜、シャワーを浴びたあと。

ダイエットのストレッチで注意点?
・痛くならない程度に伸ばす。
・リラックスして行う。
・自分のペースを保つ
・毎日行う。

ダイエットのストレッチで筋肉痛になったときは?
・休める
・ウオーキング
・患部を冷やす

普段から運動をしない方にとってはストレッチも体の変化に注意したいもの
ですね。
よりダイエットに効果的で無理なく出来たら良いですよね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました