衣替えでスーツのしまい方は?長持ちのさせ方とメンテナンス方法は?

社会人となるとお世話になるのがスーツではないでしょうか。

スーツも季節に合わせて素材も変わり季節ごとの顔があります。

その為、スーツにも衣替えがあるのですが、1年目の新社会人となると
スーツに衣替えがある事を知らない方も多いようです。

春に買ったスーツを冬まで着てしまうと寒い思いをしてしまうだけではなく
先輩達から冷やかさてしまいます。

今回はそんな衣替えでスーツのしまい方や、次の年もお世話になるスーツを長持ち
させる方法などをご案内していきます。

スポンサーリンク

衣替えでスーツのしまい方は?

スーツは大きく分けて春夏、秋冬でシーズンが変わります。

夏は涼しい素材を使われているスーツを、冬は暖かい素材のスーツを着たいですよね。

春夏は4月~9月頃
秋冬は10月~3月頃

が一般的なシーズンです。

毎日使うスーツですから快適に使う為にも気温や湿度に合わせて衣替えをしましょう。

スーツを衣替えする時はクリーニングに出してからにしましょう。

毎日使うスーツですが家庭で洗うのはおススメできません。

家庭で洗ってしまうと型崩れや生地の傷みが起こってしまいます。
しかもウール素材を使ったスーツでは風合いが元に戻らなくなってしまいます。

素材の風合いが落ちてしますとなんだか急に安っぽく感じてしまいますよね。

クリーニングから戻ったスーツはお店で付けられた埃よけのビニール袋を外してから
スーツカバーや不織布のカバーを掛けしまいましょう。

お店から付いたビニール袋を付けたままにしていると湿気がたまりカビの繁殖や
臭いの原因となってしまいます。

スーツとなるとハンガーラックに掛ける方が多いかと思いますが、あまりギュウギュウに
しまわず、余裕のある収納を心掛けましょう。

あまりギュウギュウで余裕のない収納になるとシワの元になったり湿気が溜まりやすくなります。

衣替えでスーツを長持ちのさせ方

スーツはクリー二ングに出すのが良いのですがあまり洗いすぎも生地の傷みになります。
クリーニングに出す目安はシーズンで衣替え前の1回程度で十分です。

クリーニングにはドライクリーニングとウェットクリー二ングがあります。

スーツの場合では素材の関係上、一般的にドライクリーングが多くなります。

・ドライクリーニング
ドライクリーニングは皮脂などの油汚れを落とす事ができ、型崩れもありません。

ウールのようなスーツの使われる素材でも洗う事ができます。

・ウェットクリーニング
ウェットクリーニングでは汗や食べ物の汚れを落とす事ができます。
ただし金額が高くなったり、型崩れなどの失敗をする事があります。

安全面ではドライクリーニングが適していますが、汚れの種類によって
クリーニング方法を変えるのも長持ちをさせるコツです。

・埃よけのビニール袋を外す。
クリーニングの後は埃よけのビニール袋を外し不織布のカバーを掛けましょう。
不織布のカバーは最近では100均でも購入ができます。
ビニール袋を掛けたままでは湿気の原因となってしまいます。

スポンサーリンク

[衣替え前のスーツのメンテナンス方法は?

スーツは毎日使う物ですからメンテンスをしましょう。
型崩れや生地の傷みや風合いが落ちてしまうと元に戻る事はほとんどありません。

・ポケットの中を出す。
衣替えとなると長い期間、収納する事になります。
ポケットに中に物が入っているとポケットに型崩れの原因となります。

ジャケットの内ポケットやズボンの後ろポケットなどは注意してみましょう。

内ポケットにはボールペンやUSBメモリーが意外にも入っている事があります。

・ハンガーに掛ける。
スーツはハンガーに掛ける方が多いと思いますが、ハンガーも薄い物は使用せず
厚みのある丸みを帯びたハンガーを使用しましょう。

厚みのある丸みを帯びたハンガーであれがジャケットの肩のラインに沿い型崩れを
防いでくれます。

・クリーニングに出す。
先ほども書いていますがクリーニングにだしてキレイな状態にするのも
長持ちさせるコツです。

自宅で洗う事が出来ないスーツをそのまま、しまってしますと汗や皮脂、または
埃が生地に染みダニやカビの発生の原因となります。

またクリーングに出した後も、湿気防止の為にも風通しの良い場所にしまいましょう。
風とおしの良い場所であれば空気の循環ができ湿気を抑えたり埃も溜まりにくくなります。

・ブラッシングをする
衣替えに限らずスーツはブラッシングを行う事で表面の埃を落とす事ができます。

衣替えで長い期間収納している時も気づいた時にはブラッシングを掛けてあげると
埃を抑える事ができスーツを長持ちさせる事ができます。

さいごに

社会人となるとスーツは必需品ですよね。
最近ではお求め易いスーツも販売されていますが、それでも普段着と比べると
やはり高価です。

折角購入したスーツですから長持ちさせたいですよね。

シーズンごとに素材も変わり季節柄の顔を見せるスーツですから
色んなスーツを長持ちさせコーディネートできると良いですよね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました