飛行機で赤ちゃんのミルクはどうする?持ち込める物や気を付けたいポイント

季節もの

子どもを連れての初フライトは、とても慎重になりますよね。

「授乳をするときのミルクはどうするの?」や、「子どもが泣いたらどうしよう・・・」等々気になる心配ばかり。

「自分一人の場合、トイレはどうしたらいいの?」などなど、不安に思うことはたくさんあります。

そこで今回は、そんな赤ちゃんと一緒のフライトをここで一気に解消していきましょう。

必要なアイテムを揃えておけば、たいがいのことは大丈夫です♪
(・∀・)

スポンサーリンク

フライトに備えたいアイテム

子どもと一緒に飛行機へ搭乗をするとき、必要最低限のアイテムを持参しましょう。

・授乳用の「哺乳瓶」と「粉ミルク」
・母乳の場合、目隠しになる「カーディガン」や「ケープ」
・紙おむつ
・紙おむつ用のゴミ袋(ビニール袋)
・おしり拭きシート

哺乳瓶と粉ミルクさえあれば、ほとんどの航空会社でミルクを作ってくれます

ミルクは必要になったとき、乗務員にお願いをしちゃってOKです。

母乳のばあい、窓側や後部座席を確保できればいいですね。

授乳中は、まわりの目も気になるので、目隠しになる「カーディガン」や「ケープ」があると便利ですよ。

紙おむつも、子どもにとって必須アイテムとなります。

機内のトイレで、基本的におむつ交換は大丈夫です。

是非おむつ交換台を使いましょう。

おむつ交換をしたいばあい、使用済みおむつを一時保管するために、ゴミ袋の用意をするとよいでしょう。

大きめの、密封ビーニルがあると、臭い対策にもなりますね!

おしりふきシートは、おむつ交換に必要なので、忘れないようにしましょう。

少量を持ち運びたいときは、密封ビーニルで小分けをしておけば便利ですよ。

フライト中の授乳方法

授乳方法は2種類ですね。

「哺乳瓶」か「母乳」です。

哺乳瓶を使うばあい、乗務員に哺乳瓶と粉ミルクを渡しお願いをすれば、たいがいミルクを作ってくれます。

遠慮をせず、サービスを利用しちゃいましょう♪

大手航空会社はもちろんですが、LCCもやっている航空会社がありますよ。

ほかにも、子ども用にドリンクの用意があるので、フライト中にお水などが必要なときは、乗務員にきいてみましょう。

飲料の持ち運びは重いですし、手荷物検査もあるので、積極的に機内サービスを利用し、快適な空の旅にしちゃいましょうね(^ω^)

子ども連れのフライトの場合、各航空会社に専用のサービスがります。

ベビーカーの貸出など、さまざまな内容があるので、航空会社へあらかじめ確認をしておけば安心ですね。

ANAのサービスを紹介しておきます。

ANAへジャンプ


スポンサーリンク

子どもが泣いた時の対応、おむつ替えや自分がトイレに行くときについて

フライト中に子供がグズったりすると、周りに気を使ってしまいますよね・・・

赤ちゃんは泣くのがお仕事ですが、周りの方へ最低限の配慮をするようにしましょう。

たとえば、子どもが泣き出してしまったら、後部座席のトイレ付近に移動するのもオススメです。

子どもの泣き声を好まない方もいらっしゃるので、適宜の対応を心がけましょう。

フライト前に、周りの席の方へ挨拶をしておいてもよいですね。

子どものおむつ交換をするばあい、機内トイレの「おむつ交換台」を利用できます。

たいがいの機体に付いていますが、心配なばあいは事前の確認をしてください。

自分がトイレに行きたいときは、乗務員へ子どもをあずけることができますよ。

トイレ中はあやしていてくれるので、我慢はせず、遠慮をしないでサービスを活用しちゃいましょうね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

安心して、フライトはできそうでしょうか?

日本ではまだ販売されていませんが、液体で売っているミルクを、機内持ち込みができるようになると、ママたちももう少し楽になりますね。

あとは、子供連れのフライトも、航空会社のサービスをとことん利用して、快適にすごしましょう♪

では また|彡サッ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました