海外旅行への一眼レフを持込みは?バッテリーやレンズはどうする?

家族で海外旅行なんて良いですね。
思い出がたくさん残せそうです。
日本とはまた違った景色、人、空気感が違い
とても開放的な気分になります。

折角の家族旅行なら当然きれいな写真で残したいところです。

最近ではスマホなどでも綺麗な写真を残す事もできますが
そこはやはり一眼レフで残したい!

「その為に買ったんだ!」

そんな方もきっと多いはず。

今回はそんな海外旅行で一眼レフ。
持ち込みやバッテリーなどに関して悩みをご案内していきたいと思います。

スポンサーリンク

海外旅行への一眼レフを持込みは?

一眼レフを海外旅行へ持っていくとき飛行機内に持ち込むべきか
預けるべきか悩みますよね。

一眼レフともなると、レンズや換えのバッテリー、三脚など
荷物もそれなりになります。

その為、預けた方が良いのでは?
と思う方もおられるかと思いますが

おススメは機内持ち込む事です。

理由は特に海外が多いのですが

・スーツケースなど扱いが雑
・機内荷物の盗難。

日本ではほとんど心配はないようですが海外ではスーツケースなどの荷物の
扱いが雑で精密機器を入れるには適しておりません。
また海外では盗難の心配もあります、ニュースにも取り上げられていましたが
海外の空港スタッフによる荷物の盗難事件です。
荷物スタッフがお客様の荷物をあけ金目の物を盗むという行為で、今では
事件後、取り締まりも強化されておりますが一眼レフは高価な商品です。
盗難する側としては格好の餌食ですので用心に越した事はありません。

また海外の空港での盗難で多いのが荷物受け取り場です。

日本でも見慣れた光景で、ベルトコンベアーから荷物が流れていき
自分の荷物を受け取る場所ですが、そこに関係のない人が盗難目的で
入ってきて、まるで自分の荷物のように持ち去ってしまう手口です。

手荷物であればそのような心配はありませんので、特に高価な物
貴重品は手荷物として機内に持ち込みましょう。

海外旅行で一眼のバッテリー

先ほど書きましたが、カメラは機内持ち込みがおススメですが
換えのバッテリーも持ち込むべきかどうか?と考えてしまいます。

「予備なので、破損しても盗まれても、最悪カメラが使えない訳ではないから」

と思う方もおりますが

バッテリーも持ち込みがおススメです。
おススメというよりは預けられない場合が多いようです。

一眼レフでも最近多いのがデジタル一眼レフですが、
このデジタル一眼レフに使用されているバッテリーが
リチウムイオン電池を使用しております。
このリチウムイオン電池は衝撃や温度などの外的要因が加わる事で
発火したり爆発したりする恐れがあるからです。
特に飛行機内では揺れなどによる衝撃や気圧や温度の変化もあり
場合によっては結露の心配もあり非常にリチウムイオン電池としては
過酷な旅となってしまいます。

このリチウムイオン電池はスマホのバッテリーにも使用されており
以前、国内でも特定のスマホやタブレットの持ち込みを禁止していた
時期もありましたし、実際に国内でモバイルバッテリーから煙がでた事案が
あったそうなので特に注意が必要です。

持ち込みの場合であれば衝撃もある程度、防げるため制限も緩和されますが
航空会社でも規定が違う為、あらかじめ確認をしておいた方が良いです。

「そもそも予備はいるかね?」

予備のバッテリーも機種などにもよりますが、決して安くなく
普段から予備のバッテリーを使用されていない方はおられます。
バッテリー自体はホテルで常に充電すれば良いので
“いらないのでは?”と思われる方もおられますが
やはりは予備を用意しておいたほうが良いでしょう。

理由としては

・安心感が違う
バッテリーのないカメラ程、邪魔な物はありません。
大きさ重さもあります。
なにより撮りたい被写体が目の前にあるのに撮れないのは
これほど悔しいものはないはずです。

「予備があれば良かった!」

と思っても後悔先に立たず、です。

・充電し忘れる。
案外多いのは充電を忘れるですがホテルで充電して明日に備えようと
思っていても、遊び疲れて帰ってきて

「寝る前に充電するか」

と考えていても、うっかり忘れてしまうなんて事はやはり人間誰しも
あるものです。

・予備バッテリーを購入しても決して無駄にならない。

「予備バッテリー買ったけど、結局使わなかったな」

ホテルでしっかり充電も行い、紛失や破損もなく、予備のバッテリーを
購入したけど結局、使う事はなかったという事もあるでしょう。

しかしリチウムイオン電池というのは充電と放電を繰り返す事で劣化をしていきます。

その為、今現在使用しているバッテリーも使用して内に劣化しバッテリー容量自体が
低下してきます。
長い目で見れば、必ずバッテリーの交換時期は訪れるので予備を予め購入しても
無駄になるという事はありません。

バッテリーの他にメモリーカードも予備で用意して行く事をおススメします。
旅行中、メモリーカードが破損していまい、写真が撮れなくなるという事も
考えらます。
また破損してしまい、折角撮った写真が消えてしまうなんて事も実際にある為
旅行の前半と後半でメモリーカードを換えて撮影すれば、データーが消えてしまっても
データーを分けておけば、全て消えるリスクも少なくなります。


スポンサーリンク

海外旅行で一眼のレンズはどうする?

旅行となると交換用レンズはなるべく少なくし荷物を減らしたいという
考えもありますが、折角海外に行くのであれば家族との思いでとして
色々な写真を残したいという気持ちもありますよね。

一眼レフの交換レンズの種類としては

・広角レンズ
広い範囲を撮る事ができ風景を撮るのに適しています。

・望遠レンズ
遠くにある物を撮る事ができます。
風景で展望台の上からの写真や子供が遊んでいるシーンを
離れて撮るなど使用できます。

・マクロレンズ
小さい物を大きくして撮る事ができます。
花などの自然物を大きくして撮る事ができます。
子供のアップの写真などにも使えますが範囲が狭い為
風景には適しません。

・魚眼レンズ
円形に広がった写真を撮る事が出来るレンズです。
風景や高さのある建造物を撮るのに適していますが
使いどころが限られてきますがこのレンズだからこそ撮れる
写真もおります。

・標準レンズ
肉眼で見るような自然な写真を撮る事ができます。
色々なシーンで使う事ができますが、広角レンズや
望遠レンズのような、それぞれに特化したとは言えないレンズです
しかし、恐らく一番多く使える正に標準レンズです。

レンズは色々ありますが、

何を撮りたいのか?
によって持っていくレンズも変わってくるかと思います。

標準レンズはオールマイティに使える為、持っていって損はないかと思います。
家族写真や風景、また料理を撮ることも想定してあればまず使う事は多いと思います。

美しい風景を撮りたいという事であれば、広角レンズは必須です。
広い範囲に風景を納め、家族と一緒に風景を入れる場合にも最適です。

歴史ある建造物、例えば教会などを撮りたい場合は魚眼レンズを使用する
立体的にインパクトのある写真を撮る事ができます。
例えば、一枚は広角レンズや標準レンズで撮り同じ物を魚眼レンズで撮るなど
すればまた違った楽しみと思い出を残す事が出来るはずです。

まず持っていって間違いないのは標準レンズと広角レンズです。

「あのレンズがあれば、もっと良い写真が撮れたの!」

というシーンで出てくるかと思いますが、旅行を通して使用頻度を
考えるとまず2つが多くなります。
ある程度、荷物を減らしてとなるとこの2つがおススメです。

また海外では盗難の恐れが一番の心配事かと思います。
交換して外したレンズはすぐにカバンの中に入れるようにしましょう。
すぐに使うからと、置いておくと写真と撮る事に夢中になっている間に

レンズがなくなっている!

なんて事も起こりかねませんので、外したらすぐカバンの中に納めましょう。

さいごに

■海外旅行への一眼レフを持込みは?
・手荷物として機内へ持ち込む

■海外旅行で一眼のバッテリー
・バッテリーも機内持ち込み
・予備バッテリーの用意をおススメ
・予備のメモリーカードの用意もおススメ

■海外旅行で一眼のレンズはどうする?
・何を撮りたいかによって変わるがおススメは広角レンズと
標準レンズ、あれば面白い魚眼レンズ。

海外旅行とあると、色々思い出を残したくなりますよね。
そうなると、あれも必要これも必要となってしまいますが
そうなると荷物が多くなり、身動きがとりにくくなります。
ある程度必要な物を限定ししっかり準備をしたいものですね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました