母の日に現金はいいの?相場や渡し方はどうしたらいい?

母の日に送るものに悩んでしまい、どうしたらいいのか分からない時ってありますよね。

女性の方なら母親も同じ女性なので母親が欲しいものが大体分かるかと思いますが、男性の方の場合だと何を渡せば喜ぶのか本当に困りますよね。

実際この記事を書いている私も母の日には毎年プレゼントに悩んでしまいます。

そこで母の日になると毎年思いつくのが「現金」でのプレゼントです。

今年の母の日には現金をプレゼントしようと思う方へ

母の日の現金のプレゼントについてご紹介いたします。

では早速見て見ましょ~(/・ω・)/

スポンサーリンク

母の日に現金はいい?

母の日のプレゼントは悩みますよね。

今まで母の日に贈ったものが趣味に合わなかった。

母の日のプレゼントはそもそも何を渡せば喜ぶのか。

いろんなものを持っていて何がほしいかわからないなどいろいろな理由はありますよね。

ですが、お母さんに現金を渡すなんてなんだか生々しくて失礼に当たらないかなと思うかもしれませんが、実は母の日に現金をプレゼントしている人は意外とたくさんいます。

年上の人に現金を贈ることはマナー違反とされていますが、母の日は家庭内でのイベントで渡す相手は身内ですので失礼にはあたりません。

日ごろの感謝の気持ちがあれば「現金」を渡しても大丈夫です。

母に日に現金をプレゼントする一番の理由は、お母さんに好きなことに使って喜んだ顔が見たいからです。

堅実な家庭のお母さんや自分のために使う余裕があまりないお母さんに、自由に楽しんでほしいという気持ちで現金を贈るのですから、きっと喜んでもらえると思います。

また現金をプレゼントするということは、自分がそれだけ成長して立派にやっているということを表せるところでもあります。

母の日に現金を渡す相場は?

母の日に現金を渡す場合の相場はだいたい1万円以下から5万円程度ですね。

母の日に渡す金額は決まっていません、ですので1万円以下でもいいのですし、母親に少し贅沢してほしいと思う方は5万円程度でもいいと思います。

実際、母の日のプレゼントの相場が5千円から1万円ほどなので、母の日に現金を渡す場合にも金額の相場は1万円程度の金額が一般的です。

もちろん相場にとらわれずに金額はいくらでも大丈夫です。

最終的には、プレゼントするものや渡す現金の金額の大きさではなく母親に渡したいと思うあなた自身の気持ちが一番大事です。

母の日に何か渡したい、母親の喜ぶ顔が見たいから何かを渡す、その気持ちだけで十分なプレゼントになります。


スポンサーリンク

母の日に現金の渡し方

現金にカーネーションやちょっとした小物などのプレゼントを添えて送るの方法もいいです。

プレゼントも添えるときは、カーネーションやハンカチ、果物、お菓子などこうしたあまり値の張らないものにしましょう。

ちょっとしたプレゼントを渡すよりも、手紙を添えることが一番ですね。

日頃の感謝の気持ちを込めて、手書きの手紙を添えてみましょう。

手紙が恥ずかしい場合は、ひとことメッセージカードに書くだけでも十分です。

母の日のプレゼントとしての現金の渡し方のおすすめは、やはり手紙でも言葉でも素直な気持ちを添えて贈ることです。

現金を入れる封筒は祝儀袋でもいいですが、祝い金ではないのでもっとカジュアルにお母さん好みのデザインの封筒に入れると喜ばれると思います。

ですが、書類を入れるような封筒にいれることは絶対にNGです。

現金よりも商品券
母の日にプレゼントするものは現金でも大丈夫です。

ですが一応プレゼントなので現金という生々しいものよりも商品券のほうがよりプレゼント向きだとは思います。

母の日にプレゼントして喜んでもらえる商品券の種類はいろいろあります。

百貨店などに使える商品券や、お酒の好きなお母さんにはビール券や清酒券、少し旅行などして楽しんでもらいたいと思う方は旅行券、外での食事など好きなお母さんにはチケットレストランという商品券など商品券にはいろいろな種類があります。

お母さんの趣味に合わせたものをプレゼントするのもまたいいかもしれませんね。

さいごに

いかがでしたか?

母の日のプレゼントは現金でも大丈夫です。

ですが、現金だけ渡すのは少し寂しいのでカーネーションなどの花を添えてプレゼントすることをおススメします。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました