梅雨の時犬の食欲不振になる原因は?改善方法やマッサージの紹介

高温多湿の日本の梅雨時、人も犬も体調を崩しやすいですよね。

今回は犬の食欲不振になる原因やマッサージの方法など紹介しちゃいます(・∀・)

という訳で早速見て見ましょ~(`・ω・´)

スポンサーリンク

梅雨の時犬の食欲不振になる原因は?

犬の食欲は季節によって変動するって知っていましたか?

私の家の犬は季節関係なく食欲旺盛なので調べるまで知らなかったです。

犬は本能的に体をコントロールする機能があるそうです。

春から夏にかけて、食欲が落ち皮下脂肪を薄くして夏の暑さに耐える体を作る。

秋から冬にかけて、食欲が増進し皮下脂肪を蓄えて冬の寒さを乗り切れる体を作る。

元々犬は寒さに強くて暑さに弱い体質です。

ジメジメ、蒸し暑い梅雨の時期は普段よりも体力を消耗しやすい時期なので活動量を好きなくして体力の消耗を防ぐことから、自然と食べる量も減るそうです。

ただし全く食べない場合は別に問題があるかもしれないのでその場合は病院に相談しましょう。

犬の食欲不振改善方法

食事を温めて匂いを出してあげると食欲が出てくる場合もあります。

熱すぎると犬が火傷するので少しだけ温かいくらいにしてあげてください。

一回の量を減らして回数を多くしてあげる。

※一気に上げると消化機能がおいつかなくて嘔吐や下痢をしてしまうので気を付けましょう。

健康であるが食欲不振の場合はドッグフードを変えてみるのもいいと思います。

また、エッセンシャルオイルを使ってみるのもいいかもしれないです。

犬の体には直接つけてはいけません。犬の身に着けているものに1滴たらすだけ。

エッセンシャルオイルは好みがあるので嫌がる香りはやめましょうね。

適度な運動とストレス解消をしてあげる。

梅雨の時期散歩に行けない時もあるので家の中でストレスを解消できるような遊びをしてあげましょう。

犬の好きなボール遊びとか、家の中で少しでも走り回れるスペースがあるといいですね。

サプリメントで栄養補給をしてあげる。

食欲がない時栄養も足りなくなるのでサプリメントで栄養補給をしてあげるのもいいかもしれないですね。

など試してみるのもよさそうですよ。


スポンサーリンク

梅雨の時犬が食欲のない時におすすめマッサージ

犬のおなかを優しく円を描くように撫でてあげるのもいいそうです。

頭や耳の付け根、脚の付け根を優しく手のひらでマッサージしてあげるのもリラックス効果があります。

撫でてあげるだけでもリラックスしてくれるのでコミュニケーションになるので積極的にしてあげるといいですね。

ツボを押してあげるのも効果があるそうです。

足三里
食欲不振や食欲にムラがあるときに胃腸に効くツボ胃腸の調子が悪い時、元気が出ないときに刺激してあげると胃のぜんどう運動を活発にして消化を助けてくれます。

食欲のない時に押すと食欲増進になり、下痢の解消にもなります。

後ろ足の膝の外側の骨が出っ張っているところからやや斜め前の下のくぼみの部分。

くぼみは膝と外くるぶしの間上から4分の1のあたり。

くぼみに親指を当てて足をつまんで5秒ほどゆっくり優しく圧力をかけるように、左右それぞれ20~30回ほど押してあげてください。

さいごに

いかがでしたか?

ジメジメした梅雨の犬の体調不良にも気を付けてあげたいですね。

私の家の犬は11歳のキャバリアですが梅雨の時期も元気いっぱいでした。

でも飼い主としてはやはりいろいろ気を付けてあげたいですね。

マッサージなどは飼い主さんと犬のコミュニケーションにもなるので積極的にしてあげるときっと犬も喜んでくれると思います。

毎日見ているからこそ犬の様子が違うことに気付くと思うので犬の観察をして体調不良や食欲不振の症状が見られたら症状改善するために参考にしてみてください。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました