浴衣を嫌がる子供が喜ぶおすすめな方法は?原因とコツを紹介

季節もの

花火大会の季節いいですよね~♪

所で子供に着せる浴衣は決まりましたか?

そろそろ準備をする時期になりますよね?

「子供ってなんで浴衣を着たがらないのかな~?」なんて悩んではいませんか?

理由がわからないと、解決もできないですね。

そこで今回は、子供が嫌がる理由から、選び方や着付けのコツまでご紹介します。

今年の夏は子供と一緒に、浴衣選びも楽しんじゃいましょう♪

(^ω^)

スポンサーリンク

子供が浴衣を嫌がる理由って何?

夏のイベントは子供に浴衣を着せ、思い出にしたいのが親心ですよね。

わが子に浴衣を用意しても嫌がるのは、子供なりの都合がちゃんとあるんですよ。

きゅうくつ!」「動きづらい!」「下駄は足が痛い!」など、だいたいが着心地のようです。

たしかに大人でも納得しちゃう理由です・・・。

気持ちがわかるぶん、強制するのもなぁ!?と思いもするので、良い方法を探してみましょう!

子供が喜ぶにはどんな浴衣がいいの?

女の子はフリフリやリボンが大好きなので、「裾にレースがついた丈の短い浴衣」で、子供のお悩みを解消しましょう。

着心地を嫌がっている子に、オススメなのは「浴衣ドレス」です。

丈が短いので動きやすく、歩幅も自由自在です。

フリフリしているので、だいたいの女の子は好きですよね♪

柄もピンクを基調としているものが多いく、喜んでくれそうじゃないですか?

そして帯に、お花やリボンでデコれば、さらにテンションが上がります。

髪飾りと帯のデコを一緒にし、オリジナルのコーディネートをすれば、もっとカワイくなっちゃいます。

小物は手芸屋さんでアイテムをそろえ手作りをしてもいいですし、大きいお花のヘアゴムを2個ほど買って、一つは帯に縫ってもいい感じになりますよ。

女の子だと嫌がる理由は他にもあります。

単純に「浴衣独特の柄」です。

浴衣は和装ですから、ふだん着なれた洋服と違うことで、ギャップを感じるのでしょうね。

その場合、浴衣専門店のサイトで、子供と一緒に柄を選んではどうでしょうか?
昔からある柄に興味がわくかもしれませんし、最近はディズニー柄もあるので、たくさんの種類から選べます。

まだ小さな子には、イチゴ柄なんかもカワイイですね。

いろいろな浴衣をチェックするために、比較サイトと浴衣専門店のURLです。


比較サイト



お裁縫に自信があれば、子供と一緒に生地を選んで、浴衣を手作りするのもオススメです。

基本的な型はインターネットにありますし、わが子の好みに合わせて、浴衣ドレスにアレンジをしてもいいですね。

下駄を嫌がる場合は、サンダルにしちゃいましょう。

子供用の下駄は、柔らかく工夫してあるものもありますが、子供は成長をするので、来年は履けるかどうかわかりません。

普段から履いているサンダルであれば、足が痛くなることもないですし、つま先があいたサンダルは、思うより浴衣に合いますよ♪


スポンサーリンク

子供に着付けをするコツ

子供は動きまわるので、一番心配なのが着崩れです。

女の子の浴衣には「おはしより」があります。

おはしよりがある浴衣の場合、着付ける前に軽く縫って固定をしておくと、着崩れが少なくなりますよ!

普通の浴衣でも浴衣ドレスも、子供が動きまわると、帯がずれ上がったりします。

そこで便利なのが「輪ゴム」です。

輪ゴムを数珠つなぎし、子供のウエストにフィットする長さに調節してください。

帯を結ぶ前に、浴衣の上から輪ゴムを装着するとずれの防止効果があります。

ちょっとしたことで、子供の浴衣の着崩れが防げちゃいますね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

子供にも嫌がる理由がちゃんとあるので、話しをしてから浴衣を選ぶのがよいですね。

女の子はオシャレが大好きです。

浴衣を着る機会は一年中あるわけではないので、お祭りや夏のイベントは積極的に着て、思い切り楽しんでもらいたいですね♪

よければこちらの記事もどうぞ

浴衣で花火大会に必要な持ち物って?
花火大会へ浴衣を着ていく場合、普段とは違った持ち物も必要になりますね。 「必要な物って何?」や、「何があれば便利なの?」なんて、ちょっと考えちゃいます。 浴衣ってことも心配になりますね・・・ 大丈夫です!!! 難しい...

では また|彡サッ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました