子供の日の兜は誰が買うべき!?相場やおさがりでいいの?

子供の日の兜は一生に一度しか買う機会がないからちゃんとしたものが買いたいと思っている方が多いと思います。

その中の人には祖父母がお下がりで上げると言われふと思うと端午の節句などの祝いものにお下がりはいいの?

など悩む方も多いと思います。

そして子供の日の兜は誰が買うなどと悩んでいるご家族が意外と多いかもしれません。

そんな疑問を解消したいと思います。

では早速見て見ましょ~(`・ω・´)

スポンサーリンク

子供の日の兜は誰が買うべき?

子供の日の兜は安い物ではありません、上を見ればすごい金額のものまであります。

その高価なものを誰が買うか悩む人がいると思います。

その逆に、両親の祖父母が兜を買うと張り切っていてもめるケースもあります。

そこで今回は、子供の日の兜を誰が買うのがいいのか喧嘩などなく納得いく方法をご消化します。

まずは誰が買うかもめている時の解決法をご紹介します。

一生に一度しか使わないと言ってもおかしくないものです。

ですがとても高価な品で即決なんてできるものではなく経済的にも厳しい方たちはとても頭を悩ましていると思います。

そこで一番いい方法は母方の両親や父方の両親と話し合い購入することをおススメします。

子供の日に兜はなくてはならないものです、兜を買わなくていいという親はいません。

両方の親と上手く話し合い購入するのが一番いい解決法です。

両方の両親が兜を購入すると申し出た場合の解決方法ご紹介します。

両方の両親が購入すると言ってくれてるのは、正直とてもうれしい事です。

なのでそのうれしい気持ちのまま両方の両親を上手く納得させ解決する方法をご紹介します。

両方の両親が兜を買うと申し出たときは、子供の両親である親が兜を決め買います。

そのあと兜を購入するためにかかった代金を両方の両親に折半してもらう方法があります。

もう一つの方法をご紹介します。

方法とは、奥さん側の両親に兜を買ってもらい旦那さん側の両親にこいのぼりを買ってもらうという方法があります。

このようにいろいろと工夫次第でもめることなく上手くやっていくことができます。

子供の日の兜の相場

端午の節句の兜の価格は、兜の種類などによりピンキリです。

価格をご紹介します。

兜の価格は金銭問題があっても手の届きやすい1万円以下の物があったりします。

少し高い金額を出せば5万円以下の物しっかりとした物も買えます。

そして驚くことに子供の日の兜が10万円以上のものがあり驚きの一言です。

そして現在ネットショッピングなどで通販されている中で一番高額な兜の価格は45万円以上するものもあります。

一般家庭に兜一つに45万円は少し厳しすぎます。

シンプルな疑問ですがどんな方が買うか知りたいぐらいです。

一番お買い求めしやすい価格は5万円以下のものですね。

5万円以下の兜でも見た目はしっかりとしていていい品だと思います。

兜の種類には昔の武将の兜がイメージとして作られているものからかわいらしいミッキーマウスなどのキャラクターが兜を被っている種類などいろいろあります。


スポンサーリンク

子供の日の兜はおさがりでいいの?

よく言われるのが祖父の代から使ってきた兜らから使いなさいと義理の両親から勧められて困る人が多いと思います。

ですが兜のおさがりは正直言ってやめた方が良いかと思います。

子供の日の兜は「一人1つの兜がいい」と言われています。

その理由は、兜が厄を引き受けてくれると言われています、その厄を引き受けた兜を違う子供に使うと厄を引き受けた兜がその次の子供に厄を引き渡すと言われています。

そんな事が無いように一人1つの兜がいるのです。

地域によれば一度使った兜はお寺で供養してもらうという風習があるぐらいです。

ですので、出来れば義理の両親や自分の両親を説得して新しいその子のための兜を買うことをおススメします。

さいごに

いかがでしたか?

兜やこいのぼりなどお金がかかり揉め事が起きる可能があるイベントです。

その揉め事をなくすためにも子供の両親である二人が上手く話をまとめ楽しい子供の日を迎えるようにしましょう。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました