梅雨時にのどが痛くなる原因は?対策法や予防法はどうなの?

梅雨時なのになぜかのどが痛くなることやのどに違和感を覚えたことはありませんか?

それは、気づかないうちにのどの粘膜が減り喉を守ることができずばい菌がのどに悪さをすることでのどに痛みや違和感が発生します。

そこで今回は梅雨に喉が痛くなる原因や対処法などを紹介しちゃいます♪

では早速見て見ましょ~(/・ω・)/

スポンサーリンク

                                                                                        

梅雨にのどが痛くなる原因

梅雨時のじめじめした季節なのにどうしてのどが痛いの?という悩みを解消していきたいと思います。

喉の痛みを防ぐためには保湿は大切どうして梅雨は湿気の多い時期なのに喉が痛むのか梅雨時期は夏に比べると気温が高くなく空気も乾燥していない為、空気中の湿度が多くのどがあまり乾きにくく水分補給を忘れてしまいます。

水分補給を忘れてしまうため、気づかぬ内に喉が渇いて粘膜が乾燥してしまうので、本来行っていた粘膜による喉を守る力が低下し炎症を起こしのどが痛くなってしまいます。

また、冬の時期とは違って梅雨時期は春から夏へと移り変わる時期のため、気温が高く蒸し暑い時期になります。

梅雨時期に脱水症状になる原因は気温が高く蒸し暑い気候の影響でかいてしまう大量の汗です。

梅雨時期は湿度の影響で喉が渇いたという脳のサインが出にくいです。

このため、知らず知らずのうちに脱水症状が起きてしまいます。

脱水症状になると喉の粘膜や水分も減ってしまいます。

その影響でのどを守る力が弱くなり、風邪などののばい菌をうまく追い出せず、喉に付いたばい菌を倒すためにのどに炎症が起きてしまいます。

のどに炎症が起きることで痛みが起きてしまいます。

梅雨にのどが痛くなった時の対処法

梅雨時にのどが痛くなった時の対策方法をご紹介します。

対策① うがいを行いばい菌を流す
うがいをすることで、弱っている喉に粘膜を作り喉にばい菌がつかないような補助や、喉に付いて悪さをしているバイ菌をうがいすることで洗い流しばい菌から身を守ることが出来ます。
対策② のど飴で喉を保護する
のど飴を舐めることにより喉に潤いを与えばい菌から喉を守ることができます。

もしうがいなど出来る場所じゃなくのどに違和感を覚えた時はのど飴でのどに潤いを与えましょう。

のど飴は一時的なものです、のどに違和感を覚えたときなど摂取するのはいいのですが、のど飴ばかりに頼るのではのどの痛みの対策にはなりませんのでうがいをすることができるのならうがいをするようにしましょう。


スポンサーリンク

梅雨にのどが痛くなる前の予防法

梅雨時にのどが痛くなる前にすると良い方法をご紹介します。

対策1. こまめな水分補給
のどの痛みの原因は脱水症状によるものです、脱水症状を起こすとのどの粘膜が弱りそこにばい菌が付着することでのどが痛くなったりします。

喉が痛くなならないように予防をするには水分補給をすれば良いです。

梅雨時は空気が湿気ているため、喉の渇きに気付きにくい時期でもあります。

梅雨時はのどが渇かなくても水分補給はしっかりと行いましょう。

喉に渇きを感じたら、確実に脱水していると考えてもよいでしょう。

対策2. お茶やコーヒーなどのカフェインの摂取は控えめに
お茶やコーヒーなどに含まれるカフェインはのどの渇きの原因になります。

お茶やコーヒーなどのカフェインを飲んでしまうとカフェインの利尿作用が働きにより身体内の水分が失われてしまうので控えるようにしましょう。

身体が水分を欲していても、のどが渇いていないと水分補給を忘れてしまいます。

梅雨時のカフェイン摂取は控えましょう。

さいごに

いかがでしたか?

梅雨時は水分不足が原因でのどが痛くなってしまったりイガイガと違和感が出てしまいます。

梅雨時はのどが渇いてなくても飲むことをおススメします。

もしのどが痛くなってしまったらうがいや水分補給又はのど飴などで対策をとりましょう。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました