台風の時アシスト自転車は濡れても大丈夫?固定や壊れた時は?

アシスト自転車は便利ですよね。
特に坂道でも楽々ですし、重たい荷物でも少ない力で
快適に運転出来るので人気ですが、やはり価格が・・・
そんな便利なアシスト自転車ですが
値が張る商品なだけに故障など注意しながら大事に使いたものです。

今回はそんなアシスト自転車、台風の時の対処方や
壊れた時どうするかをご案内して行きたいと思います。

スポンサーリンク

台風の時アシスト自転車は濡れても大丈夫?

「アシスト自転車はバッテリーやモーターがあるけど
濡れても大丈夫?」

アシスト自転車は屋外で使う物ですので、ある程度の雨などは
想定して作られています。
モーターやバッテリーは生活防水仕様ですので、
ある程度の雨であれば走行可能なのですが

台風となるとこの生活防水の域を超えてしまいます。
台風となると大雨や強風が心配ではないですか?

防水規格にもレベルがありますがアシスト自転車の場合ですと

“あらゆる角度からの飛沫(細かく飛び散る水・しぶき)による有害な影響がない”

このレベルの物が多くなります。
イメージとしてはシャワーの水を掛けても平気ですよ!
といった具合ですので通常の雨で雨合羽を着て運転はOK
だけど大雨、台風は運転を避けましょう。

台風の時アシスト自転車の固定

台風で心配なのは強風と大雨ですよね。

「自転車は風で倒れるから最初から
倒しておいた方が良いって聞いたけど・・・」

自転車は風などで倒れる事が多い為、
あらかじめ倒しておく方もおられますが
アシスト自転車の場合は、倒して置くと
台風の大雨で出来た水たまりにモーターや
バッテリーが長時間、水に浸かってしまう危険があり
漏電や故障の原因となるので
必ず立てた状態で止めてください。

アシスト自転車はモーターやバッテリーがある為、
通常の自転車と比較しても重量があるので、
まだ倒れにくいのですがそれでも台風のような強風に
耐えられる重さではありませんので、しっかり固定して
倒れないようにしましょう。

自転車の固定におススメなのが

“サイクルブロック”

少々値が張る商品ですが、駐輪場にあるような
溝にタイヤをはめるようなブロックなのですが
重さが約30kgあるので安定感が抜群です。

設置が難しいようであれば
風の影響が少ない場所、壁があれば沿わせチェーンなどで
ポールなどにしっかり固定をしましょう。

自転車カバーも強風に飛ばれないようにしっかり固定し
雨に濡れないようにするのも大事ですよね。


スポンサーリンク

台風の時アシスト自転車が壊れてしまった時

アシスト自転車はパーツだけでも割りと高額になるので
壊れないように注意したいのですが、そうはいっても
壊れた時、どうしましょう!

「まず、悲しみましょう!」

そうですね、一通り悲しんだら
修理なのですが・・・

アシスト自転車に限らず、自転車を購入する際には
有料で保証を付ける事ができます。
アシスト自転車はパーツが高価なので
保証を付けていたか確認をして購入する時も
保証を付ける事をおススメします。

特に台風での故障を考えると雨によるモーターやバッテリーの浸水や
強風による転倒でフレームの変形が主に考えらます。

モーターかバッテリーの故障が考えられる場合は水気をとり
乾燥させると動く事もありますが絶対に分解はしないでください。

分解するとそれが元で故障の原因となる事もありますし
触って感電する危険性もあるのでカバーは
開けないようにしましょう。

フレームが変形している場合は運転中のハンドル操作が
おぼつかなくなり衝突や転倒の恐れがあるので、
早めの修理をおススメします。

アシスト自転車が故障した場合はアシスト機能をOFFにして
自分で治そうとは考えまず、修理屋に持っていきましょう。

「普通の回答だな」

でもこれが一番なのですよ。
自分で治そうして、うまくいった事ありあますか?

「・・・確かに」

高額である以上、複雑な構造をしております。

実は故障しているのはバッテリーやモーターではなく
可動部分へ電源を供給する配線の断絶なんて事もあります。

バッテリーカバーを開け、バッテリーまでも故障してしまう
なんて事になると費用が重むばかりですので被害も最小限に
抑えたいですね。

さいごに

[台風の時アシスト自転車は濡れても大丈夫?] 雨に濡れても大丈夫ですが台風など大雨では浸水の危険があります。

[台風の時アシスト自転車の固定] 転倒は危険なので気を付けてしっかり固定しましょう。

[台風の時アシスト自転車が壊れてしまった時] アシスト機能がOFFにして修理屋さんに依頼しましょう。

自転車好きの友人の話ですが
自転車が濡れると錆びの原因やチェーンのオイルが流れたりと
する為、濡れる事自体が大丈夫だとは言えないとの事でした。

特に大雨や台風の時は危険性も高いので走行自体を辞めた方が
良いのではないでしょうか。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました