結婚式の二次会の幹事にお礼は渡すべき?相場や渡すタイミングは?

なにかとマナーや作法が付きまとう結婚式ですが
二次会となれば、少しカジュアルになりご友人達と楽しく歓談する時間も増えてきます。

そんな楽しい二次会ですが、楽しさと裏腹に大変なのが

“幹事”

新郎新婦となると誰を幹事にお願いするのかなんて事も悩みの一つですが
幹事をして頂けた方にお礼を渡すのかどうかですら悩んでしまいます。

今回はそんな結婚式の二次会で幹事をして頂けた方へのお礼などを
ご案内して行きます。

スポンサーリンク

結婚式の二次会の幹事にお礼は渡すべき?

二次会で新郎新婦が頭を悩ませるのが幹事です。

その幹事には誰にお願いするのか?
その幹事にはお礼を渡すのか?

考えてしまいますよね。

幹事も自ら立候補してくれる方がいれば安心ですが
そうでない場合が仲の良い友人などにお願いする事が多くなります。

・幹事にお礼をわたすのか?
幹事をして頂いた方にはお礼を渡すのが良いのではないでしょうか。
お礼の形としては現金やプレゼントでお渡しするのが良いでしょう。

二次会の幹事は大変な役割です。
食事をする時間や友人達との歓談をする時間も限られて、軽い気持ちで
幹事を引き受けると後悔する方もおられます。

その為、仲の良い友人であっても幹事をしてくれた事への感謝の言葉と
共に現金やプレゼントをお渡しする事をオススメします。

幹事を立候補してくれた友人であれば

「お礼なんていらないよ」
「そんなつもりで幹事した訳ではないよ」
「友達だろ、お礼だなんて水くさいよ」

なんて幹事が大変な事を承知で、そんな事を言ってくれる友人もいます。

勿論、幹事をしてくれた方はそんなお礼やプレゼントを期待して
幹事を引き受けてくれた訳ではありませんが、やはり気持ち良く
二次会を進行してくれた幹事の方には、お礼をお渡ししたいものです。

二次会のイベントの中でサプライズとして新郎新婦より
幹事をして頂いた方へ、プレゼントをお渡しするのはどうでしょうか?

二次会のイベントとして皆さんの前で幹事をして頂けた事への感謝の言葉と
プレゼントをお渡しすれば、これほど嬉しい事はないはずですよ!

幹事をして良かったと思ってくれる事、間違いなしです。

幹事へのお礼の相場

幹事の方は仕事の合間に二次会の会場探しや参加者を盛り上げる為に
イベントの企画や準備を行っていきます。
当日もゆっくり食事をする時間やご友人達と歓談する事も難しくなります。

大変な事もあり、一般的な相場としては5,000円~10,000円だそうです。

勿論、これは新郎新婦の気持ちもあるので、これ以上高くても良いのですが
あまり高額になると、幹事の方も恐縮してしまうので、やはり相場以内で
納めるのが最適ではないでしょうか。

「現金というのは、なんだか生々して嫌だな」

なんて方は現金以外という手もあります。
先ほども書いておりますがプレゼントという方法です。

現金で渡してしまうと、幹事をしてくれた事への感謝というより
仕事をしてくれた手当のように感じてしまい、仲が良い友人であれば
あるほど気が引けてしまうという方もおられます。

現金に変わる物といえば商品券が良いのではないでしょうか。
またはプリペイドカードや幹事の方がネットショッピングを良く利用して
いるようであれば、ネットショッピングで利用できる電子ギフトなども
喜ばれると思います。

またプレゼントであれば、相場の5,000円~10,000円前後で
お渡ししても良いかと思います。

商品券やギフト券などは使い道が豊富で貰って困るという事は
ありませんので、困ったら商品券、ギフト券という選択肢で
間違いないとおもいます。

プレゼントであれば、幹事の方が欲しい物をあらかじめリサーチできれば
それを差し上げるというも素敵ですね。

またプレゼントではありませんが幹事をして頂いた方の二次会の会費は
新郎新婦が負担して上げるのも幹事の方への感謝の気持ちになると思います。

先ほども書きましたが幹事の方は食事もままならないにも関わらず会費を
払うのは心苦しいものです。

「ゆっくりする時間なんてないのになんで会費払わないといけないのだよ」

と人間どうしても不満になるものです。

突然ですが皆さんはお酒飲めますか?

実は私はお酒が飲めません。

体質の問題でしょうか、いわゆる下戸というものです。

幸いにも下戸である事で困った事はありませんが、

会社の飲み会、新年会、忘年会など参加した時まわりはみんなお酒を飲んで
私はソフトドリンクです。

まわりのみんながお酒を飲めば飲むほど会費が上がっていきますが
ソフトドリンクの私も一律で均等の会費を払う事になります。

正直、これは不満で仕方ありません。
しかし下戸は私一人です。
私一人の為に、会計を再計算なんてしないので仕方なく払っています。

毎度、飲み会に行くのが損した気分になり行くのが億劫になります。

なんだか幹事の方もこれに似ているような気がします。

やっぱり、幹事の方の支払いを新郎新婦が負担してくれると

「大変なのが分かってくれているのだな」

とそれだけでも嬉しくなりますよね。


スポンサーリンク

幹事にお礼を渡すタイミング

一番多いのが二次会の後のようです。
お礼ですので早い方が良いのですが、現金や商品券であれば
解散前にお礼の言葉と共にお渡しをすると良いでしょう。

休みの日に会う友人であれば、自宅に招き結婚式や二次会で
撮った写真を見ながら食事をして、その時に渡しても良い
のではないでしょうか。

結婚式の写真であれば、自宅に届くまでに日にちが掛かる為、自宅の届いた
タイミングで幹事をしてくれた方を自宅に招待しても自然な流れです。

「二次会の幹事ありがとう、大変だったでしょ。あなたでなければ
あんな良い二次会にはならなかったよ。これは感謝の気持ちなので受け取ってください」

なんて言葉と一緒にお渡しすれば、人生のピークを感じるほど
嬉しいはずですよ!

またプレゼントであれば、渡すタイミングとして先ほども書いておりますが
二次会中にサプライズ的に新郎新婦から幹事の方へプレゼントというも
嬉しいのではないでしょうか。

あらかじめ幹事の方が欲しい物が分かっているようであれば、こっそり用意して
お渡しする時に欲しい物をリサーチした事や探した、いきさつと感謝の言葉と
とものお渡しすれば失神レベルで感激してしまいますよ!

幹事の方も欲しい物がプレゼントされた事も嬉しいはずですが
何よりも幹事をした自分の為に欲しい物をリサーチして結婚式の忙しい合間に
こっそり用意してくれていたなんて嬉しくないはずがないです。

人間関係はいつも気持ちと気持ちの問題ですから
良い人間関係を気づいていく事でも重要かもしれません。

さいごに

■結婚式の二次会の幹事にお礼は渡すべき?
・幹事の方は大変なのでお礼は渡しましょう。

■幹事へのお礼の相場
・相場は5,000円~10,000円
・現金、商品券、ギフト券など
・プレゼントという方法も手です。
・幹事さんの会費は新郎新婦が負担

■幹事にお礼を渡すタイミング
・二次会後が多い
・お礼なので早めに
・プレゼントであればサプライズ的に二次会中でも。

新郎新婦のお2人が結婚式の準備や親戚の方へのご挨拶など
大変な事を幹事の方も知っているので、幹事が大変である事を
きっと隠してしまいます。
幹事の方が新郎新婦の幸せの為に引き受けてくれていますので
感謝の気持ちをいつも忘れずに居たいものですね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました