仕事納めの挨拶はどこまでするべき?電話やルールは?

年末になると忙しい人が増えていきます。
新年の準備であったり年末の大掃除などもそうですが
多くの企業が休業になり仕事の前倒しなど世間では
時間に追われる方が増えてきますよね。

社会人になると仕事上そういった事はどの企業でも
多くありますが仕事納めがある以上、仕事納め挨拶も
社会人として重要な仕事です。

今回はそんな仕事納めの挨拶に関してご案内していきます。

スポンサーリンク

仕事納めの挨拶はどこまで?

仕事納めの挨拶もどこまで行えば良いか戸惑うポイントの1つではないしょうか。

従業員が少ない全員と面識があればあまり戸惑う事のないかもしれませんが
従業員の数が多い企業となると会った事もない方もおれるはずです。

挨拶はどこまで行えば良いか

・同じ部署の方は全員行う
・直属の上司は勿論行う。
・違う部署でも仕事に関係する人には挨拶を行う
・めったに合わない上司にもする
・役員にはしない。

上記の内容が一般的ではありますが管理職など役員と接点がある場合は行う場合も
あります。
めったに合わない上司や違う部署でも仕事に関係する人なんかは
会議や合同企画など顔を合わせる事もあります。
今後の可能性の幅を広げる為でもありますが仕事をスムーズに行う為にも
必要であると感じた場合は挨拶を行った方が良いと思います。

また変則シフトなどで年内最終日に会わない従業員がいる場合は年内最終日にこだわらず

「少し早いですが、本日は今年最後の一緒のお仕事となります。」

と付け加え1年間の感謝の言葉と来年の抱負を伝えるようしお互い元気に新年を迎えれるよう挨拶をしましょう。

仕事納めの挨拶の電話

社会人となると仕事上電話をする事も多くなります。
仕事納めの挨拶を電話で行う時は

・先方がお手透きであるか確認する。
・手短にすませる
・掛ける時間帯に気を付ける

特に忙しい年の瀬です。
電話はこちら側が一方的に掛ける形になるので先方が手が空いているか必ず確認しましょう。
もし先方が忙しいようであれば

「仕事納めのご連絡でございました、また改めてご挨拶させて頂きます」

だけ伝えてメールでのご挨拶に切り替えるなどしましょう。

また取引先なでは電話で仕事納めのご連絡をした場合、電話で手短に行い
再度メールにて年内最終日と新年営業開始日と就業時間を明記し送るようにしましょう。

年内最終日と新年営業開始日、就業時間を口頭で伝えても後に確認する事ができません。
メールであれば文面として残るので年を越しても確認が容易にできるので先方にも
手間をとる必要がなくなります。

仕事納めの挨拶のルールは?

挨拶といえど仕事上の挨拶ですのでマナーやルールというのが存在します。
特に今後も付き合いがある方ですのでしっかりマナーやルールを理解して
おきたいものです。

スポンサーリンク

・ネガティブな事は言わない
・1年を振り返る
・仲間や上司、先輩への労い感謝の言葉
・来年の抱負
・感謝に繋がる具体的な体験があれば加える。

また取引先などであれば上記に加えて
・遅くても1週間前には伝える。
・年内最終日と就業時間、新年営業開始日と営業開始時間を伝える。

例え業績や成績が悪くてもそこには言及です、感謝を伝えるようにしましょう。
また具体的ば体験があれば共感も得やすくなります。

取引先などには取引の関係上など休みを知っていないと業務に支障がでる
ケースもあるので遅くても1週間まえにお知らせしましょう。

また挨拶のルールではありませんが仕事納めの日に休みをとるのは
暗黙のルールをマナー違反とされています。
職種や企業によって年末は忙しくなく休んでも支障がでないところも
あるかと思いますが休まない方が良いという暗黙のルールがあるケースが
多いです。
勿論、有給など休みを習得する事は可能ですが特に年配の方がいるところは
多いのが実状です。
仕事納めの日は1年間の仕事の労苦をお互い労う場であったり仕事を第三者から見て意見をもらう場でもあります。
特に新卒などは人間関係を築く意味でも仕事納めは出勤する事をおススメします。

さいごに

仕事納めの挨拶はどこまで?
・同じ部署の方は全員行う
・直属の上司は勿論行う。
・違う部署でも仕事に関係する人には挨拶を行う
・めったに合わない上司にもする
・役員にはしない。

仕事納めの挨拶の電話
・先方がお手透きであるか確認する。
・手短にすませる
・掛ける時間帯に気を付ける

仕事納めの挨拶のルールは?
・ネガティブな事は言わない
・1年を振り返る
・仲間や上司、先輩への労い感謝の言葉
・来年の抱負
・感謝に繋がる具体的な体験があれば加える。

仕事上、人間関係を築く上でも仕事納めの挨拶というのは重要ですよね。
特に年末年始というは特別な日で仕事納めを一緒に過ごすというは
特別感があるようにも感じます。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました