新入社員が打たれ弱い時の教育方法は?成長させるためのコツとリフレッシュ方法は?

社会人になると色んな苦労がありますがその中でも特に苦労するのが
部下の育成ではないでしょうか。

人に教えるとのはとても難しい事で、私も幾度となく頭を抱えた問題です。

年齢や性別が違うのは勿論ですが育った環境が違うと同じ様に教えても
響かなかったり、逆に警戒心を頂かせてしまう事もあります。

特に最近の新入社員は注意するとやる気をなくしたり、打たれ弱いと感じた事は
ないでしょうか。

スポンサーリンク

今回はそんな新入社員が打たれ弱い時に教育方法などをご案内していきます。

新入社員が打たれ弱い時の教育方法は?

社会人となり部下をもつと注意したり、叱ったりすりる場面も出てきます。

それは業務のミスを指摘してであったり社会人としてのマナー上の指摘で
あったりと理由も様々ではないでしょうか。

しかし注意したり叱っただけで想像以上に落ち込んだり、仕事への意欲を
失ったり、最悪次の日から欠勤したりとそんな経験はないでしょうか。

そんな打たれ弱い新入社員への教育方法としては

・打たれ弱いの原因を知る。
新入社員の打たれ弱さの原因も様々あるかと思いますが
一つ大きな理由に

“上下関係の人間経験が少ない、もしくはない”

という事が挙げられます。

部活やバイトの経験が少ないと目上の方との接し方が分からず注意されて事や
叱られた事を単純に怒られたと感じる新入社員も少なくあります。

また単純のそういった方は注意や叱られる事に慣れていない為、メンタル的に
弱いという事も挙げられます。

・真面目であるが故に。
高校や大学で熱心に勉強をして社会人となった新入社員は新しい環境に対してひたむきに
真面目で少しでも早くを仕事を覚えようと努めている新入社員も少なくありません。

そんな真面目であるが故ミスに対して異様に恐れたり、少しのミスでも落ち込んだりします。
またそんなミスを指摘されると、怒られたと感じ追い打ちを受けてような印象を与えてしまいます。

・コミュニケーションを普段から取る。
普段からコミュニケーションを取るかどうがで人となりを知る事や
信頼関係も大きく変わってきます。

質問などがあった場合、新入社員として聞きやすいのはやはり普段からコミュニケーションを取っている先輩になります。

質問のやりとりを繰り返す事で信頼関係も強くなり仕事をする上で必要な先輩と
感じる事ができれば、注意を指摘されたり叱られても、想像以上に落ち込む事は
少なくなります。

また何も知らない先輩から注意されるよりも知っている先輩から注意された方が
気が楽ですよね。

・いいところ、良かった所を褒める。
新入社員に限らず、教育する上で“褒める”というのはとても重要な事で
モチベーションに大きく関わってきます。

特に新入社員は何が正解か不正解も分からない事が多く、注意や指摘を受ける事で
不正解だとは理解するのですが、正解を理解をする事ができません。

その為、褒めるという行為は正解である事を教える機会でもあります。
良いところも見てくれていると新入社員は感じ、安心もします。

純粋に褒められると嬉しくれモチベーションも上がりますよね。

新入社員を成長させるためのコツ

最近の新人教育の悩みでは打たれ弱いだけではなく

・指示した事の理解力が弱い
・指示した事以外しない
・反応が薄い
・すぐ言い訳をする

などもあり、教育する側は“教育がしんどい”や“イライラする”なんて声を良く
耳にします。

・新人教育に悩みすぎない。
新人教育での悩みは“自分の教え方が間違いなのか”と疑ってしまうものです。
人それぞれ考え方も違うのでそれに合わせて教育方法を変えるというのは有効な方法ですが、常に教える側が悩みすぎてしまうとストレスになりイライラも多くなると
逆効果になってしまいます。
教育には悩む過ぎず、時には自分の教え方を信じそれについてきてくれると
新人を信じるのも教育の一つではないでしょうか。

・新入社員を良く見て良く知る。
教育で上手くいかない場合で多いのは相手を良く見ていないという事が多くあります。
新人は教えてくれる側を良く見ていますが、教える側が見ていないというケースです。

何に悩んでいるのか、困っているのかを理解しアドバイスを行う事で信頼関係も生まれてきます。

注意ばかりではなく、良いアクションにも気づいて上げないとモチベーションもあがりません。

・フィードバックは肯定的に。
仕事を一緒に行う事で部下にフィードバックを行う事も少なくありません。

フィードバックは新入社員の行動や結果について話を行う行為です。
人によっては新入社員に考えさせる為にヒントだけ与えるという方もおられますが
個人的には新入社員の場合であれば、考える事自体のベースが出来ていない事が多いため
しっかりと正解を伝える方が良いのではと思います。

スポンサーリンク

勿論ある程度成長してきたら考える余地を与えたほうが成長しますので
時期をみましょう。

またフィードバックは改善点に加え良かった点もしっかり伝え前向きに肯定的に
伝えましょう。

例)
先ほどは初めての商談お疲れ様でした。
初めてという事もあって緊張しましたか?

新商品の説明の際、良かったら使ってくださいではなく
ぜひ使ってくださいの方が商品に自信がある事が伝わるので気にしてみてください。

緊張もあって段取りにつまづいた所もあったけど
しっかりと事前に段取りを考えていた事は伝わったので良かったですよ。

改善点はあると思いますが、先方様も喜んでくれていたので良かったですよ。

今後も期待しているのでよろしくお願い致します。

など最後に期待しているというワードはとてもモチベーションがあがり
肯定された気分になります。
また1対1で行う場合は名前を言って上げると特別感も出てきます。

・会社の悪口を言わない。
会社に長く在籍をすると長所だけでは短所も多く見えてきます。
特に人間は長所よりも短所に気づいてしまい、長所を忘れがちになってしまいます。

新入社員も会社の短所ばかり耳にしてしまうと、将来に不安が出てき
長所にさえ気づかない会社に長く居たいという気持ちも薄れてきます。

そんな気持ちではどんなに頑張ってもモチベーションを上げる事ができません。
先輩であればあるほど会社への悪口、愚痴は言わないようにしましょう。

新入社員の教育で疲れた時のリフレッシュ方法は?

新入社員の教育を行うと気遣いやフィードバックなど必要以上に疲れてしまいます。
教育する側が疲れてしまうと良い教育もできなくなりますのでリフレッシュが必要です。

・趣味を共有してみる。
新入社員とのコミュニケーションの中で気になる趣味があれば一緒に共有してみるのも
新しい発見です。
仮に一人でも出来るような趣味であれば教えてくれた新入社員には言わずに
こっそりやってみ興味がわいたら話を切り出すなんても良いかもしれません。

但し新入社員も仕事とプライベートを分けたい、しかも先輩となると気を使うので
楽しくなくなると感じる方もいるので話の切りだしは時期を見てからにしましょう。

・ランチや飲みなど一緒の時間を共有してみる。
ランチや飲みなどはどうしても仕事の話が出てくるものですが
あえてリフレッシュという意味で仕事の話を一切しないという約束で
行うのはどうでしょうか。

ランチや飲みの時まで仕事の話ばかりになると“仕事の為に生きている”という
感覚に陥ってしまいます。

・同期や先輩と教育について共有する。
他の同期や先輩達も同じような苦労をしています。
案外、自分が担当している新入社員の方が優秀だったりする事もあります。
先輩からは教育のノウハウやアドバイスをもらったりしますが
意外にも教育する側になって初めて先輩達の苦労を知る事になるので
先輩達の話もまた違った目線で見る事ができます。

さいごに

新入社員が打たれ弱い時の教育方法は?
・打たれ弱いの原因を知る。
・真面目であるが故に。
・コミュニケーションを普段から取る。
・いいところ、良かった所を褒める。

新入社員を成長させるためのコツ
・新人教育に悩みすぎない。
・新入社員を良く見て良く知る。
・フィードバックは肯定的に。
・会社の悪口を言わない。

新入社員の教育で疲れた時のリフレッシュ方法は?
・趣味を共有してみる。
・ランチや飲みなど一緒の時間を共有してみる。
・同期や先輩と教育について共有する。

教育というのはとても難しいものですよね。
新入社員の場合ではあれば出来る事が当たり前ではなく、出来る事がスゴイという
考えで接しないと中々良いところも見えてこないものです。

自分も新入社員の時は先輩から使えない奴だと思われていたかもしれませんよ。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました