栃木県の夜桜のおすすめは?持ち物や服装はどれがいい?

昼間の桜もきれいですが夜桜はもっと神秘的で綺麗ですよね。
ですがあったほうがいい持ち物やどんな服装をすればいいか悩んじゃいますよね。
という訳で今回はそんな夜桜のおすすめや持ち物などを紹介しちゃいます^^

スポンサーリンク

栃木県の夜桜のおすすめは?

夜桜のおススメスポットをご紹介します。
今回ご紹介するのは駅近で楽しめる夜桜スポットをご紹介します。

まずおすすめするのは「八幡山公園」で。
栃木県宇都宮市にある夜桜の人気スポットで、桜の木は約800本以上
植えられており、夜にはボンボリなどでライトアップされとても
きれいな夜桜を楽しむことができます。

続いては、「千手山公園」です。
千手山公園は栃木県鹿沼市にある夜桜スポットで、千手山公園は
比較的駅近で夜桜を楽しむことができます。
桜の木は約300本植えられており千手山公園の特徴は
小高い山からライトアップされた桜を見渡せることです。
 
続いては、「城山公園」です
栃木県小山市にある夜桜スポットです。
こちらも比較的駅から近い場所にあり車など使用しなくても行くことができる場所です。
城山公園の特徴は約150本のソメイヨシノが植えられており、天気のいい日には富士山、大平山、男体山を一望することができます。
 
続いては、「長峰公園」です。
長峰公園は栃木県矢坂市にある夜桜スポットでこちらも
駅から近くの場所にありとてもアクセスしやすいスポットです。
長峰公園の特徴は日本の都市公園にも選ばれている場所で
桜の木は約150本植えられており、夜になると約100個の
ボンボリがともります。

夜桜にあったほうがいい持ち物

夜桜に行く場合あったほうがいい持ち物をご紹介します。
デジカメ
デジカメはやはりスマートフォンや携帯電話のカメラより
格段に性能が良くとてもきれいに桜を写すことができます。
デジカメの機能を上手く使うことにより普通に撮るより
きれいに撮ることができます。
夜桜撮影にはスマートフォンや携帯電話よりデジカメが
おすすめです。

懐中電灯
夜桜会場は夜桜をライトアップしていてもすべての場所が
明るいわけではなく場所によっては暗いところなどがあり
転倒などの恐れがあるため懐中電灯があればそういった危険も
回避することができます。
最近のスマートフォンや携帯電話はライト機能が付いてますが
照らす力が弱いためおすすめできません。

座布団
ベンチやレジャーシートなどに座る時に敷くだけでお尻が痛くならず
済みますので長時間お花見をする方にはおすすめします。

雨具
春の季節は、天候の変化が激しく急な雨などが起こるかのせいがありますので折りたたみ傘やレインコートなどを持っていると良いでしょう。

ティッシュペーパー・ウェットティッシュ
ティッシュペーパーやウェットティッシュはお花見などには
役立ちます、お花見会場などはトイレの設置が少なかったり
手洗い場が無い所もありますのでティッシュペーパーや
ウェットティッシュは持っておくといいでしょう。

スポンサーリンク

ゴミ袋
お花見をしていると必ずゴミが出てしまいます最近はゴミ箱が
設置されていなかったりしますので必ずゴミ袋を持っていきましょう。
ゴミ袋は何枚あってもかさばらず邪魔になりません。

携帯充電器
スマートフォンでいろいろしていると直ぐに充電がなくなってしまい必要な時につい買えないと困ってしまいますのでお花見などのイベントに一つあればいいですね。

カイロ
春の夜はまだまだ寒い季節です、服を重ね着するより役立ちます。
寒い中では花見を楽しみたくても楽しむことは出来ずいい思い出には
なりませんので寒さ対策はしっかりとする必要があります。

夜桜の花見の服装は?

夜桜を楽しむために必要な服装をご紹介します

パーカー
パーカーは薄くて中に着こむことができもし熱くえジャンパーなどを
脱いでも寒い思いせずにいることができるためおすすめします。

ダウンジャケット
ダウンジャケットは必ず必要といってもいいでしょう。
春の夜は薄着でいると風邪を引きそうなほどの寒さですので
必ずダウンジャケットなどの分厚い上着を着るようにしましょう。

ヒートテック
ヒートテックは防寒できる下着の中で断トツ的に役立ちます。
寒い気時期でも来ているだけで寒さを感じないという人も
いるぐらいです。
上着など着てゴワゴワした服装では夜桜は楽しめないという方
には、特におすすめです。

スカートを履くなら分厚めのストッキング
どうしてもスカートをはいたコーディネートがしたいという方は
薄いストッキングではなく分厚めのストッキングを履くように
しましょう。

マフラー・手袋
夜桜を楽しむためにはマフラーや手袋は必ずと言って
いいほどの必要アイテムです。
特に女性やお子さんは体温が下がりやすく寒く感じる方が
多と思いますので冷え性だという方は準備しておいてください。

ひざ掛け・ブランケット
体が冷えるのは上半身からよりも下半身からくると言われています、
長時間のお花見をする方は持っていくと寒い思いをせずに夜桜を
楽しむことができると思います。

さいごに

夜桜は昼間に見る桜とはまた違う雰囲気を
演出しています。
春の時期の夜は冷えますので寒さ対策は
必ず行ってください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました