アルバイトの応募に電話で最適な時間は?ダメな時間や担当がいない時は?

最近ではアルバイトの応募は、インターネット経由やメールでも出来るようになりました。
一部のサービスでは、チャット形式でやり取りが出来る、なんて言うものもありますよね。
ですが、インターネットで応募をしたとしても、結局は本人確認のために担当の人から電話がかかってくる事がほとんどです。
相手からの返事も何日間か待つ事もあるので、手っ取り早い方法は電話での応募かもしれません。
しかし、かける時間帯を間違えると印象が良くなかったり、すれ違いになったりする恐れもあります。
では、アルバイトの応募でオススメの時間帯や逆にダメな時間帯とは、いつなのでしょうか?
担当者が不在の時の対応もご紹介します!

スポンサーリンク

アルバイトの応募に電話で最適な時間

アルバイトの応募求人の欄には、最後の方に電話受付時間帯の記載がある場合が多いです。
載っている時には、その時間帯に合わせて電話をすれば間違いはないでしょう。
どこを確認しても載っていない場合、業種によって電話をする時間帯が変わります。
応募する企業の就業時間(営業時間)に合わせて、時間を考えるといいですね。
電話をしても、相手に迷惑の掛からない時間帯に電話をかけることをオススメします!

午前中なら10:00~11:00、午後は14:00~16:00頃は比較的に手の空いている時間帯のようです。
迷ったら、この時間でかけてみるといいかもしれません。

居酒屋など夜に営業するお店の場合、営業中だとどの時間帯も忙しいことが予想されます。
賑わっていて電話の声が聞き取れない場合もあるので、営業前でも15:00~17:00くらい繋がりやすいようです。
料理の仕込みなどでスタッフがいる場合が多く、静かなので落ち着いて話ができるでしょう。

サービス業や販売業は平日と休日で忙しさも違うので、応募するところの雰囲気も掴むために
出向いて判断してもいいですね。

アルバイトの応募に電話でダメな時間

せっかく応募の電話をかけても、取次が上手くいかなかったり、なかなか電話に出てくれなかったりしたら悲しいですよね。
応募の電話でダメな時間帯を避けるには、まず相手の状況を想像してみるといいでしょう!
簡単に言えば、相手が忙しい時間帯には電話対応が難しいので、避けることが望ましいです。
例えば、ファミレスに応募の電話をする場合、お昼の時間や夕飯時は忙しいことが予想できますよね?
就業始めや終わりの前後は、準備や片付けなどで一般企業もお店も忙しい時間帯になるので、避けた方がいいです。

営業時間が24時間の場合、21:00以降に電話をかけることも好ましくありません。
確かにお客は少ない時間ではありますが、実際には納品や清掃などで忙しいこともあります。
それに、夜遅くの電話は一般常識的にもNGです!
世間知らずと思われないためにも、電話はできるだけ昼間にかけた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

アルバイトに応募した時に担当者がいない時

アルバイトの応募の電話を最適な時間にしたとしても、必ずしも担当者が出てくれるわけではありません。
休憩に出てしまっていたり、お休みの日だったり、他に対応していて出られないということもあります。
その時には慌てずに、担当者が戻る時間帯を尋ねて、自分からまたかけ直すことを伝えましょう。
応募先からかけ直すと言ってくれるかもしれませんが、ビジネスマナー的には、自分からかけた方がいいようです。
ただ、担当者の戻りがわからない場合には何度もかける事になって迷惑になるので、応募先にかけ直しをお願いしましょう。
もし、電話に出られない時間帯がある場合には、伝えておくとスムーズです。

さいごに

アルバイトの応募の電話の時間帯や、担当者不在の時についてご紹介しました。

実際には業種だけではなく、応募先によって、手の空いている時間や忙しい時間が変わってくるでしょう。
繁忙期や閑散期でも、少しですが変化があります。
アルバイトを応募すると決めた時には、応募先について調べる事も大切ですね。

電話をかける時には、最初に自分から名乗ることを忘れずにしましょう!
どこの求人を見て電話をしたのかも伝えると、親切ですよ。

電話の印象からも、面接と合わせて合否を考えるところもあります。
直接的な関係はないかもしれませんが、少しの気遣いが次のステップに繋がるかもしれませんね!

バイトに備えのまとめ一覧
使い慣れたコミュニケーションツールである“電話”ですが 電話でのマナーというのは中々考えた事がないでよね。 特に面接というだけで不安や緊張もあるのに顔が見えない電話と なると不安でいっぱいです。 というわけでそんな面接での電話マ...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました