海外旅行でパッキングの入れ方は?減らすタイミングと使わない物は?

これから家族で海外旅行なんて計画しておられるあなた!

楽しみですよね!

事前に準備して

「あそこに行って!ここにも行って!」(*‘∀‘)

準備しているだけでも楽しくなります。

しかし準備で困ってしまうのが“パッキング”ではないでしょうか?

「これもあったら便利かも!あれがあったら使うかも!」

など色々詰め込んで大荷物になってしまいます。

特に家族旅行になってくると数も多くなってしまいます。

大荷物となると身動きがとりにくくなり大変です。(゚Д゚;)

いかに荷物を少なく、効率良く海外旅行を楽しむかが課題ですよね!

今回はそんな海外旅行での荷物やパッキングについてご案内して行きます。

スポンサーリンク

海外旅行でパッキングの入れ方は?

日本ではあまり心配はありませんが、海外で多い心配がスーツケースを雑に
扱われるという事です。

ベルトコンベアーで運ばれ、他のスーツケースとぶつかりながら進みに
最終的には荷物掛かりのスタッフが投げるように機内に運ばれていきます。(;゚Д゚)

そうなるとスーツケースの中はぐちゃぐちゃになってしまいます。

そこで一つコツとして

・隙間をあけないように入れる
隙間をあけないように入れる事で、中の荷物が動きにくくなりぐちゃぐちゃに
なりにくくなります。

・スーツケースならタイヤのある下側に重い物、固い物をいれる。
国内旅行でもいえる事ですがタイヤがある方が動かした時にも振動があり荷物
を痛めてしまいます。
その為、固い物を配置します。
また重い物を上に配置してしまうと、動くたびにどんどん下へ沈んでしまい荷物
を圧迫してしまいます。
ボストンバックなども床に置いた事を想定すると固い物や重い物をバックの一番下に
配置した方が安心ですよね!

・カバンやケースは荷物に対して余裕がある容量を選ぶ。
荷物は出来るだけ少ない方が身軽になります。
移動は飛行機であっても割りを歩く距離がありますし、また慣れない土地と
なると疲れやすくなります。
その為、荷物も中の容量が少ないに越して事はありません。

「でも隙間がない方が良いんでしょ?」(・・?

カバンの中を隙間なく詰めるのは中の荷物が動かないようにする為です。
そのようにしておくと、中がぐちゃぐちゃにならず荷物の痛みも少なくなります。

しかし隙間がないように詰めてしまうと、お土産を買った時、カバンに入りきれません。

その為、カバンの容量には余裕があった方が好ましくなります。

この矛盾した考えですが、ここでおススメなのが

エアパッキンです。

最近では100均でも購入できるのでお手頃に購入する事ができる商品ですが

旅行に行く時は荷物の隙間や間にエアパッキンを詰めておいて現地に付いたら
エアパッキンを捨てて余裕を持たせるという方法です。

最終的にはお土産などでカバンの隙間も埋まるので帰りの飛行機は安心です。

エアパッキンも全ては捨てず、お土産なで購入した商品で壊れやすい物や
お菓子などで箱に入った物などをエアパッキンで包んでおくとより安心感があります。

荷物の様子を伺いながらエアパッキンを捨てていくといかがでしょう。

海外旅行で荷物の減らすタイミング

より快適に過ごす為にも荷物は少ない方が身動きもとりやすくなります。
またお土産を買った時も

「カバンに入りきれない!もっと大きいカバンがいるかも!」\(゜ロ\)(/ロ゜)/

私も以前、空港でお土産を買い結局カバンに入りきれず買ったお菓子を空港で
食べてしまうという事態がありました。
機内に持ち込めが良かったのですが、お菓子一箱分が入らなかった為、
食べちゃいました(ノД`)・゜・。

「しかしそうは言っても荷物を減らすのはいつが良いの?」

荷物を減らすタイミングは荷物の準備前と帰国前がベストです。

・必要な物と不要な物の選別をします。
パスポートなど最低限必要な物もありますが、下着類などであれば
古くなった物や捨てようと思っていた物を優先的に持参します。

古くなった下着や捨てようと思ってした物は現地で処分する事で荷物に
余裕をもたせる事ができます。

・あったら便利かな、あったら使うかな、という物は不用品として選別します。
こういった物は最終的に使っていない事がほとんどです。
帰宅するとカバンの奥から出てきて
「あれ、これ結局使ってないよね?」

なんて事ありませんか?

・着回しの良い服を選ぶ。
フルコーディネートで選択してしまうと、トップス、ボトムス(スカート)、靴など
それだけでも荷物の量が格段に増えてしまいます。
着回しの良い服を選び、あらかじめ着回しコーディネートを考えてから選ぶと
それだけでも荷物の量が格段に減らせる事ができます。

・圧縮袋を有効活用
減らす訳ではありませんが靴下や下着などは圧縮袋に入れておけばより
コンパクトに納める事ができます。
帰国時も同様に圧縮袋に入れておけばコンパクトに出来ます。
また着ていた洋服、Tシャッツやカットソーなどのシワになっても問題ない
物であればまとめ圧縮袋にいれておけばよりコンパクトに納める事ができます。

行きはさすがに難しいのですが帰国前であればシャツなどのアイロンが必要な物な物も、帰宅後、洗濯しアイロンを掛ける事を考慮し圧縮袋に入れてコンパクトにすると帰りの方が行きよもカバンに容量に余裕を持たせる事ができます。


スポンサーリンク

海外旅行で意外と使わない物

海外旅行となると備えあれば患いなしと、あれもこれもと詰め込んでしまいがちですよね。
でも意外に使わない事も多い物も多く、お荷物状態になってしまう事も・・・

使わない物かどうかを見極める事で荷物をよりコンパクトに纏める事ができます。

・ドライヤー
ホテルに宿泊する際にはほとんどの部屋にドライヤーが備え付けてあります。
風圧など使い慣れた物が良いと持参される方もおられますが
海外となると電圧の問題があり持参した家電製品が使えない事もあります。
変圧器を使うという方法もありますが、ドライヤー自体が重さや大きさなどかさばるので
素直にホテルのドライヤーを使う方がリスクは少ないかと思います。

・バスタオル
こちらもホテルには備え付けてある物で、持参される必要はないかと思います。
足りない場合はフロントで追加をする事もできますし、なによりバスタオルは大きさも
あるので荷物に入れるのは場所もとります。
予備としてフィエスタオルを数枚、持参された方が使い勝手があるかと思いますし
フェイスタオルであれば圧縮袋に入れよりコンパクトに纏める事ができます。

・洗濯用具
1週間程度滞在となると下着類を洗って使い回しを考えてしまいますが
疲れて帰ってきて洗濯は意外にしないものです。

足りなくなった下着類は現地で調達するのが一番手軽ですが
洗う場合は洗面所で石鹸を使って洗う事も出来ますしコインランドリーを
使うという手もあります。

さいごに

■海外旅行でパッキングの入れ方は?
・隙間をあけないように入れる
・スーツケースならタイヤのある下側に重い物、固い物をいれる。
・カバンやケースは荷物に対して余裕がある容量を選ぶ。
・エアパッキンを活用する

■海外旅行で荷物の減らすタイミング
・必要な物と不要な物の選別をします。
・着回しの良い服を選ぶ。
・圧縮袋を有効活用

■海外旅行で意外と使わない物
・ドライヤー
・バスタオル
・洗濯用具

私は基本的に旅行の際は荷物を最小限に抑える事を考えています。
下着類は現地で購入して使ったら捨てるというパターンです。

洋服も圧縮袋に入れてグルグルにまいてカバンの中に入れるのですが
3泊であれば、着替えは1枚だけです。

1泊目は着ていた服で
2泊目に着替えを着ます、この時1泊目の服を洗面所で手洗いし乾かします。
3泊目は1泊目の洗った服を着るという感じです。

小さめのカバン一つだけで意外に行けるもんですよ(*‘∀‘)

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました