日焼け止めクリームの正しい落とし方は?間違った方法とケア方法は?

紫外線が強く降り注ぐ季節になってくると、肌を守るために必須となるのが
日焼け止めです。
紫外線は、肌のシミやたるみ、シワなどの原因となるため、美肌を守ることを
考えるとしっかりと防御したいものです。
それと同時に、日焼け止めを塗った後には、きちんと落とすということも重要
となってきます。
今回は、そんな日焼け止めの正しい落とし方、間違った落とし方と正しいケア方法を
紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日焼け止めクリームの正しい落とし方は?

日焼け止めを落とす方法は主に4つあります。
落とす前に湯船に浸かったり、ホットタオルを顔に乗せるなどして、
毛穴をしっかり開かせておくと、よりきちんと落とす事ができます。

① お湯で落とせるもの
肌への優しさを考えた、ノンケミカル・オーガニック系の日焼け止めなどの
一部には、お湯だけで落とせるタイプのものもあります。
紫外線カット効果は、比較的弱めのものが多いです。

② 洗顔料やボディソープで落とせるもの
通常の洗顔料やボディソープで落とせるタイプです。
いつも通り洗顔をしたりボディソープで体を洗うだけで落とせるので、
手間がかからずとても便利です。
日常使いにオススメです。

③ クレンジング剤を使って落とすもの
汗や皮脂などに強いウォータープルーフタイプの日焼け止めを使用した場合は、
クレンジング剤が必要となるものが多いです。
一般的なメイク落とし用のクレンジングがあれば大丈夫です。
顔は、洗顔前にメイクと一緒に落とします。
ボディに塗った日焼け止めも同様に、入浴前などにクレンジング剤を
使って落とします。

④ 専用のクレンジング剤が必要なもの
ウォータープルーフタイプで、耐水性に優れ、汗や皮脂にも強いタイプの
ものの中には、「専用のクレンジング剤が必要」との記載がある製品もあります。
そのような日焼け止めは落ちにくいため、海やプール、山などのレジャーの際には、
しっかり紫外線対策を行うことが出来きます。
ただし、使用後は念入りに落とすようにしてください。

間違った日焼け止めクリームの落とし方は?

日焼け止めに関わらず、ファンデーションやアイメイクなどを落とすとき、絶対に
してはいけないのが「肌を擦ること」です。
肌表面の一番上には、「表皮」とよばれる層があり、保湿成分を蓄えたり、キメの
細かいなめらかな肌作りの役割をしてくれています。
ただ、その厚さはたった0.2mm程度しかありません。

日焼け止めをしっかり落としたいという思いから、ついつい力を入れてしまいがちですが、
肌を擦るのは絶対にNGです!!
洗顔料やクレンジング剤は、優しく触れる程度の力でもきちんと落とせるように作られて
いるので、力を入れずにオフすることを心がけることを忘れずに・・・。

また、オイルクレンジングや日焼け止め専用のクレンジング剤は、比較的洗浄力が強い
ため、乾燥肌や敏感肌の人が、毎日頻繁に使用していると肌荒れの原因になる可能性が
あります。

その刺激から肌を守るためには、日常生活の紫外線をカット出来る程度の日焼け止め、
海や山などのレジャーへいく際のウォータープルーフタイプの日焼け止めと、と別の
ものを用意し、クレンジング剤も使い分けてみるもの良いと思います。


スポンサーリンク

日焼け止めを落とした後のケア方法は?

日焼け止めクリームと落とした後の肌は乾燥しやすい状態なので、
顔の場合は化粧水や乳液、クリームなどで保湿ケアを。
体の場合は、ボディクリームなどでしっかりと保湿ケアをしましょう。

また、週1~2回の間隔で、
・コットンやシートで約5分パック
・化粧水の前に、蒸しタオルを当てる
といったスペシャルケアもオススメです。
化粧水が浸透し、ぷるぷるなお肌に仕上がります。

さいごに

日焼け止めは紫外線から肌を守る為に必要なアイテムです。
でも、しっかり落とさないと、さまざまな肌トラブルの悩みの原因になります。
日焼け止めと購入する際には、必ず「落とし方」を確認し、記入された内容を
守って使用しましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました