ダイエットの食事制限で筋肉痛になってしまった時は?原因と注意点は?

健康

ダイエットを思い立つとまずは食事制限という辛い試練を思い浮かべますが
食事制限をすると何故は筋肉痛になってしまう事があります。

ダイエットで運動も一緒に行っていると筋肉痛もイメージがわきますが
運動をしていなくても起こる方もいるそうです。

今回はそんなダイエットの食事制限で筋肉痛になってしまう原因などをご案内してまいります。

スポンサーリンク

ダイエットの食事制限で筋肉痛になってしまった時は?

食事制限をしていると筋肉痛になる事がありますが、筋肉痛だけではなく“だるさ”も感じてしまいダイエットどころではなくなってしまいます。

筋肉痛になった時はどうしたら良いでしょうか。

・運動や筋トレと休みか痛みのない個所に切り替える
ダイエットとして運動や筋トレをしているようであれば体を動かした事で筋肉痛に
なってしまう事があります。
筋肉痛はキズ付いた筋肉が修復しているときに起こる痛みですので筋肉痛がある時は
大きな負荷は与えないように休みかもしくは痛みのない個所を動かすようにしましょう。

・食事制限を緩和させる。
食事ダイエットといろいろ栄養素は不足しがちですが炭水化物やタンパク質が不足すると
内臓の働きが悪くなり血行が悪くなり結果的に筋肉痛になってしまう事があります。
また糖質ダイエットを行っていれば糖質が不足していると筋肉に成長に必要な栄養素を
得る事が出来ない為、多少なりとも制限を緩和させる事も効果的です。

ダイエットの食事制限で筋肉痛になってしまう原因

食事制限と筋肉痛というのは何となくイメージがわきにくいのではないでしょうか。
筋肉痛になる原因には色々ありますが、ダイエット中の食事と併せて原因を探ってみるのも良いかもしれません。

・糖質不足
ダイエットの食事制限で一番最初に思い浮かべるのが糖質ダイエットですが
糖質を制限する状態が続くと筋グリコーゲンが不足するようになってしまいます。

筋肉の成長にはタンパク質と筋グリコーゲンは必要な栄養素ですが
この筋グリコーゲンが不足していると筋肉痛のような症状が出る事があります。

・血流の悪化
食事制限の中でも多少の炭水化物やたんぱく質をとらないと内臓の働きが悪くなってしまいます。
内臓の働きが悪くなると血流が悪くなり老廃物を出す事が難しくなるだけではなく冷えやむくみが
起こりやすくなります。
身体が冷えると痛くなったり痛みを感じやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

ダイエットの食事制限で筋肉痛になってしまった時の注意点は?

ダイエットというのは普段の生活と違う活動も多くなる為、注意店も必要となります。

・空腹すぎるのは注意。
栄養不足やカロリー不足となると筋肉の分解がはじまってしまいます。
分解された筋肉はエネルギーとして不足している栄養やカロリーにかわって消費される為、
体の筋肉量が少なくってしまいます。
筋肉量が少なくなってしまうと新陳代謝も悪くなりダイエット効果も悪くなってしまいます。

・ストレスを溜めない
ダイエット中は何かとストレスを感じやすい状態ですが食事制限も加わると好きな物が
食べれないなどストレスは当然溜まりやすくなります。

またストレスを溜めてしまうとコルチゾールというホルモンが分泌されてしまいますが
このコルチゾールというホルモンは脂肪をため込む性質があるため、食べれない事でストレスを
溜め込んでしまうとダイエットにも非効率となってしまいます。

さいごに

ダイエットの食事制限で筋肉痛になってしまった時は?

・運動や筋トレと休みか痛みのない個所に切り替える
・食事制限を緩和させる。

ダイエットの食事制限で筋肉痛になってしまう原因
・糖質不足
・血流の悪化

ダイエットの食事制限で筋肉痛になってしまった時の注意点は?
・空腹すぎるのは注意。
・ストレスを溜めない

ダイエットとなると食事制限や運動は外せなませんが筋肉痛というは辛いですよね。
通勤中も階段の上り下りもしんどくなってしまうだけではなく、ダイエットのモチベーションも
下がってしまいます。
早い段階で対処していきたいですよね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました