顔の産毛を剃ると油っぽくなる理由は?テカリの抑え方と剃る間隔は?

顔 健康

あなたは、定期的に顔の
産毛の処理を
行っていますか?
顔の産毛を剃ることで、
肌全体が明るくなったり、
毛穴が目立たなくなったりと、
様々なメリットがあると言われています。
しかし、中には顔の産毛を剃ることで、
肌が油っぽくなってしまうと悩んでいる方も
少なくないようです。
そんなわけで、今回は、
顔の産毛を剃ることで肌が油っぽくなる原因や
テカリの押さえ方、処理の間隔について
分かりやすく紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

顔の産毛を剃ると油っぽくなる理由は?

顔の産毛を剃ることで、
肌が油っぽくなってしまう
最大の原因は「肌の乾燥」です。
産毛を剃ることで、肌は一見、
綺麗に見えるようになりますが、
実際は、カミソリによって顔の皮膚組織に
細かい傷がついている状態です。
ですから、産毛を剃る方法や頻度が適切ではなかったり、
剃った後のアフターケアを怠ると、
弱った皮膚が乾燥を引き起こしてしまいます。
これにより、皮膚は防御反応として
皮脂腺(脂を分泌して皮膚組織の保湿・保護する)から
一気に脂を分泌し、顔が油っぽくなってしまうのです。

顔の産毛を剃った時のテカリの抑え方

顔の産毛を剃った時のテカリを抑えるためには、
正しい方法でケアを行い、
出来るだけ皮膚組織の損傷を防ぐ必要があります。
それでは、正しい産毛処理の方法と
アフターケアについて紹介していきましょう。

① 正しい産毛処理の方法
(1) 顔の産毛を剃る前に、肌の保湿を行う
顔の産毛を剃る前に、肌の保湿を行うことで、
肌にハリが出て、組織に傷が付きにくくなります。
また、産毛が柔らかくなるのに加え、
毛穴が開いて産毛が立ち上がるので、
必要以上に肌に刃を押し当てることなく
産毛処理を行うことが出来るのです。
やり方としては、スチーマーや温タオルなどを
顔の肌に当てる方法などがありますが、
「そんなの面倒!」という方は、
入浴後に産毛処理を行うことをオススメします。
ただし、長風呂で皮膚がふやけた状態でやってしまうと、
逆に皮膚が傷つきやすくなってしまうので注意が必要です。
(2) 顔全体にシェービングクリームを塗る
カミソリを当てる前に、シェービングクリームを塗ることで
カミソリによる肌への負担を軽減させることが出来ます。
(3) カミソリで産毛を剃る
産毛を剃る時は、シェービングクリームを
そっと剥がすような感覚で優しく行いましょう。
産毛の流れに沿って、おでこから顎に向かって
順番に産毛処理を行っていきます。
これにより、肌への負担を少なくなります。
(4) ぬるま湯でしっかりと顔を洗う
シェービングクリームや剃った産毛が肌に残っていると
皮膚への刺激となり、乾燥や炎症を引き起こす原因
となってしまいます。
ですから、産毛を剃り終わった後は、
ぬるま湯を使って十分に泡や毛を洗い流していきましょう。

② 産毛処理後のアフターケア
産毛を処理した後は、皮膚組織が非常に乾燥しやすい
状態になっています。
ですから、皮膚が乾燥してしまう前に、
化粧水でたっぷりと肌に水分を含ませ、
その上から乳液で保湿を行いましょう。
ただし、乳液は付けすぎてしまうと
テカリの原因になるので、
適度に調整していくことが大切です。


スポンサーリンク

顔の産毛を剃る間隔は?

猫の毛の生え変わりなどと同じように、
人間の毛の生成にも周期があります。
そして、顔の産毛の生え変わりの周期は
通常は約20日前後です。
したがって、顔の産毛を剃る間隔は
2~3週間に1回程度が最適であると言えます。

さいごに

さて、いかがだったでしょうか。
顔の肌を綺麗に保つために
とても効果的な産毛処理ですが、
やり方を間違ってしまうと、
むしろ悪影響になってしまうことが分かりましたね。
そうならないためにも、
正しい方法をしっかりと理解して
ケアを行っていくことがとても大切です。
是非、今回の記事の情報を活用して、
自慢の綺麗な肌を手に入れてくださいね(^^)b

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました