爪を噛む癖を直す方法は?対処法としてしまった時のケア方法は?

スポンサーリンク

爪を噛む癖のある人は、子どもだけなく大人にも意外と多いものです。
一般的には大人につれて直るものですが、爪を噛む癖の他にも、貧乏ゆすり、
間接を鳴らす、髪の毛をいじる、皮を剥くなど世の中の成人男女20人の内
1人は体に関係した癖を持っていると言われています。

無意識にやってしまうのが癖ですが、自分では気にならなくても周りやめて
ほしいと思っている人もいるかもしれません。

なかでも、「爪を噛む癖」は、衛生面でも行儀の面でも良くない、周りを
不快にしてしまう多い悪癖のひとつです。

今回はそんな「爪を噛む癖」の直す方法、また噛みたくなったときの対処法、
そして噛んでしまった時の対処法を紹介していきます。

スポンサーリンク

爪を噛む癖を直す方法は?

爪を噛む行為は多くの人は無意識にやている癖であり、無意識で
してしまった時に気づかせて直す方法がいくつかあります。

① 「その都度、周りの人に注意してもらう」
とにかく家や職場でも毎日自分と関わる人たちに、爪を噛むのを
直したいから噛んでいたら注意して。と伝えることです。
無意識なので、注意されると意外にもこんな頻繁に爪を噛んでいる
事にも気づかされます。
爪を噛む人は暇あるごとに噛んでるみたいです。
無意識なので本人は全く気づかない事が多いようです。

② 「噛む爪に絆創膏を貼る」
誰かといると注意される事で気づきますが、1人だとまた無意識に
爪を噛んでしまいます。
そんなときは、爪に絆創膏を貼ってみるもの一つの方法です。
無意識に噛もうとしても絆創膏が貼ってあるので1人でもすぐ
気づけます。
ただ、全部の指に貼ってしまうとスマホの操作に支障が出る事も
あるので気を付けて下さいね。

③ 「爪に苦いマニキュアを塗る」
よく歯医者さんとかで子供のおしゃぶり防止に爪に苦いマニキュアを
  塗ってくれます。
  実際指しゃぶりで前歯が前に出てしまって悩んでいるお母さんが
  歯医者さんに相談したところ指を舐めると爪に塗った苦いマニュキア
  のおかげで指しゃぶりしなくなったようです。

噛みたくなった時の対処法

爪噛みは無意識なので、気づいたときにはすでに噛んでいることが
多いです。
噛んでしまう前の対処法としては、手と口を暇にさせない。

《手の場合》
・別の手の癖を探す・・・例えば、指先で机やテーブルをリズムに合わせて
軽くコツコツ叩いてみる。(周りに人がいると迷惑になる場合があるので
状況によってやっても大丈夫な時だけにしましょう)
・指の体操、ストレッチ・・・ポケットの中で軽くグー・パーしてみる。
・ボールを握る・・・ピンポン玉程度の大きさのものを握って遊ぶ。
・手ぶらにしない・・・外出時、肩掛けカバンではなく手持ちカバンに変えて
みたり、両手に荷物を持つ。

《口の場合》
・ガムや飴を口に含む・・・口の中に物があると自然に指を口にしなく
なります。
・飲料水を持ち歩く・・・外出時に水を持って出かけ、こめまに水分を
とってみる。(ジュース系は太るので、できれば水や糖分の少ない飲み物
にする)

爪噛みをしてしまった時の対処法

爪を噛むことによっていろんな症状が起こります。

深爪・ささくれ・出血・皮膚炎・爪の変形などあります。
軽度のものなら自分で処置できますが、酷い場合には病院で治療
をする場合もあるので、爪の状態を見て判断しましょう。

自分でできるケアとしてはハンド&ネイルケアの出来るクリームです。
香料のハンドクリームで指先をキレイにし、さらに爪を噛む事を防ぐ
クリームです。
薬局でも売っているので一度試してみるのもいいですね。

さいごに

爪噛みは見た目も良くないですが、特に衛生面の方は気を付ける
ようにしましょう。

噛んだ爪が炎症を起こしてしまったり、爪を噛む事で口の中にも
雑菌が入ることで様々な症状が起こる可能性もあります。

噛まない事が一番ですが、まずは少しずつでも良いので、今回あげた
対策方法を試してみて1日でも早く直せるようにしたいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました