マスクが大きい時の対処法は?選び方とつける時のNGは?

スポンサーリンク

街中だけではなく、オフィスなどの屋外でもマスクをしている方増えていますよね。
花粉症に悩まされている方であればイメージしやすいかと思いますがインフルエンザの予防やなど感染防止としてマスクを付ける方が増えています。

しかしそんなマスクを付ける方が多くあった事で店では品薄であったり購入する事も
できないなんて事もあり、仕方なくサイズが合わない物を使用してしまうという方も多いのではないでしょうか

今回はそんなマスクが大きい時の対象法などをご案内してまいります。

マスクが大きい時の対処法は?

なるべく多くの方に合うように作られた商品となるとやはりサイズがどうしても合わないという
方もでてきます。
Lサイズだと大きすぎ、Sサイズだと小さすぎ、Mサイズだと微妙に大きい小さいがでてしまい
しっくりこないという方も出てきます。

そういった場合はより大きい面積をカバーできるように小さく感じるサイズよりも大きく感じるサイズを選ぶ方が多いのではないでしょうか。

しかし大きいとやはり顔との隙間が生まれてしまい、花粉やウイルスの侵入が心配になってします。

そんな時の対象法は

・間違った付け方をしていないかまず確認する
マスクは裏表、また上下がある商品ですが街中を歩く人の中では上下が逆であったり裏表が逆になっている方、多く見られます。
裏表が逆になっていると折りたたれたギザギザ部分に花粉やウィルスが溜まりやすくなってしまいます。
また上下が逆さまになっていると鼻の隙間を埋める針金部分がなくなってしまう為、鼻とマスクに隙間が出来てしまいます。
隙間が出来る事でサイズが大きいと感じているようであれば正しい付け方かどうか確認してみましょう。

・マスクの紐をクロスして耳に掛けてみる。
通常であればマスクを付けた時の紐の状態は横からみるとOの字のように顎側から来た紐は
耳の下を通り鼻側から来た紐は耳の上を通る事になります。

クロスして耳に掛けると横からみると文字どりXの字になり、顎側から来た紐は耳の上
鼻側から来た紐は耳の下にくるように耳に掛けます。
そうする事でマスクが少しタイトな掛け心地となりサイズ大きい時の対象法となります。

・ガーゼを使う
ガーゼ自体は花粉やウィルスを防ぐようには作らてない為、ガーゼを使う事でマスクの効果が上がるという事はありませんが、マスクと顔の間にいれる事で隙間を少なくする事ができ
サイズ調整をする事ができます。

・両面テープを使う
顔とマスクを両面テープを使って固定する方法なのですが、これにより隙間を防ぐ事ができ中には実際に行っている方もいるそうです。
ただし顔には油分であったり口を動かす事で両面テープが剥がれてしまうので長い時間保てるという事は少ないかもしれません。

しかもテープを肌に付けている事で肌荒れや痒みも心配な為、どうしても体調を崩せないなど時に応用するというのは有りかもしれません。

スポンサーリンク

自分に合ったマスクの選び方

店頭に並んだマスクのサイズも実際にはどれが正解なのか分かりません。
正解が分からない為、自分にはどれは合っているの選ぶ事ができなくなってしまいます。

そこで自分にあったサイズを調べる方法は

・耳の付け根の一番高い所から鼻の付け根から1cm下までの長さを測ります。
・長さが9~11cmなら子供サイズがおススメ
・長さが10.5~12.5cmならSサイズがおススメ
・長さが12~14.5cmならMサイズがおススメ
・長さが14cm以上ならLサイズがおススメ

また実際に付けてみた時に正面から見て頬が見えないのがべストなサイズなのですが
あまり大きすぎると頬は見えませんが顔とマスクに隙間ができやすくなりサイズとして
合っていないという事になってしまいます。

また逆に小さいサイズを使ってしまうと頬全体をカバーする事はできませんが
口やその周辺への密着度は高くなりますが耳が痛くなってしまい長時間使う事が
困難になってしまいます。

また長さを測る際は紐などで長さを測りその紐の長さを測る方法で簡単に調べる事ができます。

マスクをつける時のNGは?

マスクには正しい付け方があるように着ける時のNGもあります。

・上下、裏表に気を付ける
先ほどにも記載しておりますがマスクには上下、裏表があります。
逆にしてしまうとマスクの効果が下がってしまうので正しい向きに注意しましょう。

・鼻マスク
鼻マスクはマスクで口は防いているのですが鼻が出ている状態を指します。
息苦しさかた出している方もおりますが、花粉やウィルスは鼻からも侵入する為
しっかり鼻もカバーするようにしましょう。

・顎マスク
顎マスクとは鼻はおろか口もカバーしておらず顎にマスク着けた状態を指します。
マスクは着けていればOKではなく、しっかりと口を鼻を覆うようにしましょう。

・マスクの再利用
口と鼻を花粉やウィルスからしっかり守ってくれたマスクですが、当然マスクの表面には花やウィルスが付着しています。
その為、マスクは再利用せずに外したら捨てるようにしましょう。
また長時間つけっぱなしにはせず、咳やくしゃみをしている人と接した場合は出来るかぎりマスクを取り換えるようにしましょう。

さいごに

マスクが大きい時の対処法は?
・間違った付け方をしていないかまず確認する
・マスクの紐をクロスして耳に掛けてみる。
・ガーゼを使う
・両面テープを使う

自分に合ったマスクの選び方
・耳の付け根の一番高い所から鼻の付け根から1cm下までの長さを測ります。
・長さが9~11cmなら子供サイズがおススメ
・長さが10.5~12.5cmならSサイズがおススメ
・長さが12~14.5cmならMサイズがおススメ
・長さが14cm以上ならLサイズがおススメ

マスクをつける時のNGは?
・上下、裏表に気を付ける
・鼻マスク
・顎マスク
・マスクの再利用

花粉症もひどい方になると耐えれないという方も多いですしまたインフルエンザも毎年のように流行しています。
正しい付け方を知る事でしっかり予防しておきたいですね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました