朝一に足がつる時の対処法は?予防法と原因は?

スポンサーリンク

老若男女誰しも、「足がつる」という体験を
一度はした事があると思います。
私自身、アラサー女子ですが、
激しい痛みをともなって起きることもしばしばです。
せっかくの一日の始まりを、足がつる事からの痛みで
スタートさせたくないですよね。
足がつらないようにするには、
どのような対策をすれば良いのでしょうか。
アラサー女子の足がつる原因と、簡単な予防法を
ご紹介していきたいと思います。

朝一に足がつる時の対処法は?

朝起床時に足がつって、
びっくりして起きる方もいらっしゃると思います。
寝起きの頭で、突発的に正しい行動が出来る方の方が
少ないと思います。
そんな時は焦らずに、まずは体の力を抜きましょう。
激痛ですが、長時間続く痛みではないと思います。
そしてピーンとはった足をそっとさすったり
マッサージしたり、足の指をゆっくり動かしたりと、
筋肉の硬直をゆるめてあげて下さい。
そうすることで、次第に緩和されていくはずです。

朝一に足がつる時の予防法は?

足がつる時の予防法としては、
日々の小さな習慣を
意識的に変える事だと思います。
働く女性なら日頃ヒールを履く機会や、
足のむくみ・冷えを感じることも多いでしょう。
そんな日中の足の疲れを、必ずリセットすること。
それが一番大事な事だと思います。
何時間もかけてマッサージをしなくても良いのです。
そんなことを毎日義務のようにしていると
逆に疲れがたまってしまいます。
空いた時間や就寝前に、気持ちがいいなと感じるまで
ストレッチをするだけで、十分足の疲れが軽減されます。
ストレッチの相乗効果で、冷えも改善され一石二鳥です。
日々忙しいアラサー女子の
取り入れやすい予防法なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

朝一に足がつってしまう原因は?

足がつる原因としては、様々な理由があります。
加齢に伴う筋力の低下や、運動不足。
逆に運動のしすぎで、筋肉に負荷をかけすぎてしまっている事や、
冷えによる血行不良。
カリウム・マグネシウムなどのミネラル不足や
水分不足…。
言い出したら切りがないほどの原因があります。
そんな数ある原因の中で
女性特有の原因として一番に注目したのが
「冷えによる血行不良」です。
女性なら季節問わず一年を通して
冷えに悩んでいる方も多いと思います。
男性に比べて体の熱を作り出す筋肉量も少なく、
冷えやすい体をしています。
体が冷えることで血液の循環が悪くなり、
血液を送り出す心臓から、一番遠い足にまで
十分に栄養が行き届かなくなります。
そして冷えで筋肉が緊張してくる事で
足がつる原因となるのです。
一日のうちの、人間の体温の変化をご存知でしょうか?
早朝の四時から六時にかけて一番体温が低いそうです。
朝一に足がつる事が多いのは
そのことが関係しているのかもしれませんね。

さいごに

足のつりとは、前兆もなく突然やってくるものです。
快眠を妨げないように、日頃の生活習慣からこつこつと
改善していきましょう。
隙間時間に軽いストレッチをしたり、意識して水分をとること。
適度に運動して、とにかく体を冷やさないこと!!
全て同時に改善することは難しくても、
出来ることから少しづつ、取り入れやすい事から始めて、
それが習慣となることが最終目標にしてみて下さい。
体温が上がることで、髪のツヤやお肌の調子アップにも繋がるなど
良いこと尽くしなので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました