マスクで頭がくらくらしてしまった時の対処法は?違いと予防法は?

マスク マナー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

感染予防の為にマスクを付ける方も多くなり今までマスクなんてあまり付けた事が
ない方でも常備マスク着用しているという方も多いのではないでようか。

マスクをする事で感染予防になるだけでなく自分が回りにウィルスを巻き散らかす
リスクも軽減する事ができます。

そんなマスクですが、付けていると耳が痛くなるだけでなく、息苦しを感じたり
時にが頭がくらくらしてしまう事さえあります。

今回はそんなマスクで頭がくらくらしてしまった時の対処法などをご案内してまいります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マスクで頭がくらくらしてしまった時の対処法は?

ウィルスを通さないような目の細かいマスクを着用となると酸素不足になってしまうだけではなく熱もにげにくくなってしまいます。
特に暑い季節となると脱水症状の危険も高くなる為、頭がくらくらした時は対象が必要と
なります。

・マスクを外す
回りに人がいない事を確認してマスクを外す事で熱を逃がす事ができます。
また深呼吸をする事で深く息を吸い酸素不足も解消できるので一番手軽な対象法では
ないでしょうか。
特に暑い季節になるとマスクを外しただけで開放的な気分にもなり更に深呼吸をする事で
気分も落ち着きます。

・冷感マスクを使う
冷感マスクを使う事で熱の籠り方が違い呼吸のしにくさも軽減できます。
頭がくらくらしたのに外せない状況であれば冷感マスクに返るまたは予防として冷感マスクを使用して外出するのも良いかもしれません。

・クーラーなど室内を普段より低めに設定する
頭がくらくらする原因には水分不足も関係している場合があります。
水分不足になると熱中症の危険性もあり注意しないといけません。
特もマスク着用の場合は熱がにげにくい為、普段よりも室内の温度を低めに設定する事で
対処法ともなります。
また熱中症対策としても細目に水分をとるように心掛けましょう。

マスクで頭がくらくらしやすい人とそうでない人の違い

同じマスクを使っているのに頭がくらくらしやすい方とそうでない方がいます。
そういった人の違いがどこにあるのでしょうか。

・マスクのサイズ感が違う
同じマスクでも顔の形状やサイズによってマスクへの違和感が変わってきます
マスクゴムの締め付けで頭痛を感じる事もある為、サイズを大きい物に替える必要があるかもしれませ。

・適度な運動をしている
運動を行う事で体が暑さの変化に対して慣れてきます。
暑さに慣れている事で熱による体の不調も少なくなる為、普段から運動している人と
そうでない人ではマスク着用のくらくら感にも違いが出てきます。

スポンサーリンク

・良く話す人
マスクを付けているとずれないように顔が動かさないようしてしまいがち、
そうすると顔の筋肉が固くなり血行不良となってしまいます。
その点良く話す人であれば顔の筋肉を使う為、固くなりにくく、また口を開ける事で酸素も
取り入れやすくなります。

マスクで頭がくらくらしやすい人の予防法は?

マスクを付けていると自分の吐いた息を再度取り込む事になり酸素不足になるだけでなく
熱が逃げにくくなってしまいます。
特に暑い季節となると熱中症リスクが高まる事も頭がくらくらする原因に繋がります。

そんなマスクで頭がくらくらしやすい人の予防法は?

・水分補給をこまめに取る
喉が渇いた時にはすでに体は水分不足になっている状態です。
理想なのは喉が渇く前に補給をしてあげる事ですが、一度に多くの水分を補給するのではなく細目に少量の水分を補給するようにしましょう。

スポンサーリンク

・クーラーなどで温度調整を行う
暑いとどうしても汗をかき体の水分が失われてしまいます。
室内であってもマスクを外せない状況であればクーラーなどを使用し室内温度を
調整する事も予防になります。
また換気は室内の暑い空気を入れ替える事ができる為、温度調整にも効果ありますが
新鮮な空気と入れ替える事と感染症対策として効果的だそうです。

・適度な運動を習慣づけする
適度な運動を行う事で体が暑さになれてくるようになります。

・人込みを避けマスクを外す
人がいるところで中々マスクを外す事ができませんが、人が居ない場所や一人になれる
場所などではマスクを外し酸素不足を解消し熱を逃がしてあげる事も予防となります。

まとめ

マスクで頭がくらくらしてしまった時の対処法は?
・マスクを外す
・冷感マスクを使う
・クーラーなど室内を普段より低めに設定する

マスクで頭がくらくらしやすい人とそうでない人の違い
・マスクのサイズ感が違う
・適度な運動をしている
・良く話す人

マスクで頭がくらくらしやすい人の予防法は?
・水分補給をこまめに取る
・クーラーなどで温度調整を行う
・適度な運動を習慣づけする
・人込みを避けマスクを外す

今ではマスク着用はマナーのようになっていますが、やはり暑さや
息苦しさはありますよね。
冷感マスクやメントール配合のマスクなども多く販売されている為、暑い季節を
乗り切る為にも予防や対処をしっかりしていきましょう。

参考になれば幸いです。

身体のことのまとめです^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました