寝不足で集中できない時の対処法は?注意したほうがいいポイントとリスクは?

集中できない 会社
スポンサーリンク
スポンサーリンク

夜更かした翌日は寝不足で辛い朝を迎えてしまいます。
寝不足になると集中力も落ちてしまい仕事の効率も悪くなってしまいます。

大事な仕事がある日に限って寝不足になってしまった何て言う経験をした方も
少なくないのではないでしょうか。

今回はそんな寝不足で集中できない時の対処法や寝不足が続くリスクなどを
ご案内してまいります。

スポンサーリンク

睡眠ついて色々まとめてます( •̀ ω •́ )✧

スポンサーリンク

寝不足で集中できない時の対処法は?

大事な仕事前に限って寝不足なんていう経験をした方も少なくないのではないでしょうか。
寝不足で集中でいない時もうまく対処したいものです。

・深呼吸をする
深呼吸を行う事で、自律神経を整え気分も落ち着きます。
また酸素を取り込む事で脳に酸素を行き渡らせる事で眠気さましにも期待できます。

・顔を洗う
顔を洗う事で冷たい刺激が伝わり眠気冷ましの効果が期待できます。
職場であればトイレの洗面所などで行う事ができる為、比較的行いやすい方法かと思います。
また出先であったり時間がない場合はメントール配合のフェイシャルペーパーなどを
準備しておくのも良いでのはないでしょうか。

・ガムやタブレットを使う。
ガムは噛む事でアゴの筋肉を使い血液に循環がよくなり眠気冷ましに効果があります。
またミントなどの香りが刺激となりより効果が高くなります。
最近では眠気冷ましのガムなども販売されていますが、仕事中となるとガムが噛めない
場合はタブレットなど噛む必要がないものでも効果が期待できます。

・カフェインをとる
カフェインをとると眠れなくなるという話は有名ですが、コーヒーやお茶などカフェインをとる事で約30分で脳に到達し眠気さましになります。

・仮眠をとる
眠気さましには仮眠をとる事が一番の対処法となります。
あまり長い時間眠ってしまうと深い眠りになり起きれなくなる事もある為、目安は15分~20分程度が好ましくなります。
また時間がなかったり眠る場所がない場合などは5分程度、目をつむり休むだけでみ効果があります。
自分のデスクがある場合はうつ伏せになり仮眠をとるのが一番ですが、デスクがない場合は屋上へ続く人気がない階段やトイレの中で仮眠をとるという手段もあります。

寝不足の時に注意したほうがいいポイント

健康な体を維持していく上でも十分な睡眠は必要不可欠となります。
その為、寝不足の時には注意しないといけないポイントがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

・細かい作業が苦手
集中力が落ちる事で仕事の効率が悪くなってしまいます。
特に細かい仕事は集中力を必要とする為、寝不足の状態ではミスも増えてしまいます。
企画書などの文書作成では誤字脱字であったり数字では一桁間違いなどは考えられるミスではないでしょうか。

・記憶力の低下
寝不足になると記憶力も落ちてしまい曖昧になってしまう事もあります。
取引先からの電話などがある時はメモをとるなど対処が必要になります。

・車の運転は控える
寝不足になると集中力が続かず車の運転などは危険になってしまいます。
居眠り運転などは想像しやすいかと思いますが、正常な判断がとりにくくなり
普段は起こさないように事故に繋がる事もあります。
また車の運転だけではなく、機械の操作はミスをする事で事故の原因となる事もある為
寝不足を感じた時は車や機械に操作は控えるようにしましょう。

寝不足が続くリスク

人間は生きていく上で休息は必要です。
健康な体を維持する為にも十分な睡眠が必要な為、寝不足が続いてしまうと
集中力が落ちてしまうだけではなくリスクも伴ってしまいます。

・ストレスの増加
寝不足になるとイライラしやすくなってしまい、些細なことでも神経を使ってしまい
ストレスを感じやすくなってしまいます。
ストレスは心身の負担となり血流が悪くなったり免疫が低下したりなど
良い事はありません。

・新陳代謝の悪化
寝不足が続くと新陳代謝や消化器系の機能を良い状態で維持する事ができず、
カロリーをうまく燃やす事もできなくなってしまいます。
その為、体重増加や肥満にもつながってしまいます。

・事故の危険性
集中力が落ちてしまうと仕事のミスにも繋がります。
数字を扱う仕事であれば一桁間違えてしまうなどが想像しやすいのではないでしょうか。
また機械の操作を行う仕事であれば、操作ミスにより事故に繋がる事も
考えられます。
日常的には車の運転や歩行での転倒など集中力が落ちてしまう事で事故に繋がる危険性が
多くあります。

まとめ

寝不足で集中できない時の対処法は?
・深呼吸をする
・顔を洗う
・ガムやタブレットを使う。
・カフェインをとる
・仮眠をとる

寝不足の時に注意したほうがいいポイント
・細かい作業が苦手
・記憶力の低下
・車の運転は控える寝不足が続くリスク
・ストレスの増加
・新陳代謝の悪化
・事故の危険性

寝不足というだけで辛いものですが、忙しい日々が続いてしまうと寝不足が続いてしまい
集中力が落ちるだけではなく色々なリスクを伴ってしまいます。
日頃から睡眠不足を解消しながら対処していきたいものですね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました