肌荒れの時の洗顔頻度は?温度とやってはいけない洗顔方法は?

スポンサーリンク

毎日の洗顔はお肌のケアにとって基本的なものではないでしょうか。
ただし洗顔にも正しい方法があり、正しい方法を怠ってしまったり
間違えた方法をとると逆に肌荒れになってしまう事も。

しかも肌が荒れている時は肌のバリア機能が低下して、水分と油分の
バランスが乱れている状態です。

その為、荒れていない時と荒れている時では洗顔の注意点も変わってきます。

今回は肌荒れの時の洗顔頻度などをご案内していきます。

スポンサーリンク

肌荒れの時の洗顔頻度は?

肌荒れている時は水分と油分のバランスが乱れている状態です。
洗顔をしすぎてしまうと肌に必要な油分まで落としてしまい
肌荒れを悪化させてしまう原因となってしまします。

一般的な洗顔の頻度は1日に1回~2回
朝に1回、夜に1回もしくは
夜に1回だけ

と人によって様々ですが朝は時間がないという理由に加えて
油分を落としすぎそうだからだという理由もあります。

毎日、2回以上洗顔をしている方は少し控えた方が良いかもしれません。

また肌荒れ時は洗顔料の使用をやめて水のみで洗う事で肌荒れが改善したという人も
多くいます。
洗顔料の使用により必要な油分まで落としてしまっていたと考えると
肌荒れ時は洗顔の頻度を1日に1回に下げてに良いかもしれません。

ただし、朝寝起きで寝ている間の油分が気になるなど
どうしても洗顔いないと気が済まないという方もいるかと思われます。
そういった方は洗顔料の使用をやめて水だけでの洗顔に切り替えも
対策としては効果的ではないでしょうか。

肌荒れの時の洗顔する温度

洗顔で重要なのはすすぎと言われています。
このすすぎが不十分だと洗顔料の成分が肌に残りニキビや肌荒れの原因となってしまうからです。

すすぎ残りしやすいアゴ周りなどは入念にすすぎましょう。

またすすぎ、洗顔時の温度も高い方が殺菌効果やすすぎ効果も高いイメージが
ありますが、熱すぎるお湯は皮脂は保湿因子を洗い流してしまう原因になってしまうので
温度は人肌より低い32℃~34℃のお湯で素早く丁寧にすすぎましょう。

スポンサーリンク

肌荒れの時にやってはいけない洗顔方法は?

肌が荒れている状態は敏感で肌に無理をさせる訳にもいきません。
その為、洗顔とってもやってはいけない方法があります。

スポンサーリンク

・ピーリング、拭き取化粧水
余分な角質をとってくれ、肌の透明感を演出したり肌のゴワつきを取り除いてくれる
のですが、肌荒れ時でバリア機能が低下している為、大切な角質僧まで取り除いてしまい
肌荒れが悪化してしまう原因となってしまいます。

・内容成分の注意を
肌荒れ時は強い成分の入った物は避けましょう。
エタノールや防腐剤などは刺激になってしまう可能があります。

セラミドやアミノ酸はバリア機能を整えてくれるので、肌荒れ時は内容成分に
注意してみましょう。

・洗顔ブラシを使う
洗顔ブラシはしっかりと汚れを掻き落としてくれそうで
手で洗うよりもキレイになりそうですが、洗顔ブラシは
肌荒れではない時でも力加減が重要で優しくさするように
洗わないと刺激になってしまいます。

時に肌荒れ時ではなるべき刺激は避けた方が無難ですので
洗顔ブラシにはお休みをして頂きましょう。

・洗った後放置
洗った後は濡れた顔をタオルで拭くなどするので、そのまんま放置という事は
ないと思いますが、タオルドライが不十分で水分が残っていると乾燥した時に
気化熱として肌の水分まで蒸発してしまいます。

その為、タオルドライはしっかりと行って頂きたいのですが、汚れたタオルを
使用する、またはタオルでゴシゴシ洗うといのも衛生面や刺激という観点から
しないように注意しましょう。

さいごに

肌荒れの時の洗顔頻度は?
・一般的は1日に1回~2回
・肌荒れ時は1日に1回に減らすか洗顔料の使用をやめて水だけで洗う。

肌荒れの時の洗顔する温度
・人肌より低い32℃~34℃

肌荒れの時にやってはいけない洗顔方法は?
・ピーリング、拭き取化粧水
・内容成分の注意を
・洗顔ブラシを使う
・洗った後放置

肌荒れはどうして気になり1日でも早く治したいですよね。
女性であればメイクののりも悪くなりそれだけでも気分があがりません。

洗顔は基本毎日行うものなので肌荒れ時は特にダメージが大きくなります。
注意して1日でも早く改善しましょう。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました