顔の産毛を剃った時にニキビができる時の対処法は?予防法と原因は?

目 健康

顔の産毛を剃った後、
ニキビが出来てしまった経験はありませんか?
産毛処理には本来、ニキビ予防の効果があるのですが、
正しい方法での処理やアフターケアを行っていないと、
逆にニキビを誘発させてしまうことがあります。
そんなわけで、今回は顔の産毛を剃った時に
ニキビが出来る時の対処法と予防法、
そしてその原因について
分かりやすく紹介をしていきたいと思います!

スポンサーリンク

顔の産毛を剃った時にニキビができる時の対処法は?

ニキビができた時は、皮膚の清潔を十分に保ち、
不必要な刺激を避けることが最も重要です。
ですから、洗顔は基本的にはぬるま湯で行い、
洗顔料の使用は一日一回くらいの頻度で、
泡状のものなど、低刺激なものを選択しましょう。
勿論、患部を不必要に触れることも厳禁です。

また、皮膚の乾燥も、皮脂の分泌を促して
角質を形成させ、ニキビの悪化や再発を引き起こします。
したがって、皮膚の保湿を行うことがとても大切です。

顔の産毛を剃った時にニキビができやすい人の予防法

産毛処理後のニキビの形成を予防するためには、
正しい方法で産毛処理を行い、
「皮膚の損傷と乾燥」を防ぐ必要があります。
それでは、ニキビ予防に有効な
正しい処理方法について説明していきましょう。

① 正しい産毛処理の方法
(1) 処置前に、肌の保湿を行う
産毛を剃る前に、まずは温タオルなどで
肌の保湿を行いましょう。
肌にハリが出て、組織に傷が付きにくくなります。
また、産毛が柔らかくなるのに加え、
毛穴が開いて産毛が立ち上がるので、
必要以上に肌に刃を押し当てることなく
産毛処理を行うことが出来ます。
(2) 顔を洗い、シェービングクリームを塗る
ぬるま湯で顔を洗い、汚れを落としましょう。
これにより、皮膚組織や毛穴への雑菌の侵入を防ぎます
また、シェービングクリームを塗り、
カミソリによる肌への負担を軽減させることも大切です。
(3) カミソリで産毛を剃る
産毛を剃る時は、シェービングクリームを
そっと剥がすような感覚で優しく行いましょう。
産毛の流れに沿って、おでこから顎に向かって
順番に産毛処理を行っていきます。
(4) ぬるま湯でしっかりと顔を洗う
シェービングクリームや剃った産毛が肌に残っていると
皮膚の乾燥や炎症を引き起こす原因となります。
産毛を剃り終わった後は、
ぬるま湯で十分に泡や毛を洗い流しましょう。

② 産毛処理後のアフターケア
産毛を処理した後は、皮膚組織が
非常に乾燥しやすい状態です。
ですから、化粧水と乳液を使って
しっかりと保湿を行いましょう。
ただし、乳液は付けすぎてしまうと
角質形成の原因にもなるので、
適度に調整していくことが大切です。


スポンサーリンク

顔の産毛を剃った時にニキビができる時の原因は?

ニキビの原因が毛穴の炎症によるもの
であることは有名ですが、
毛穴には大きく3つの種類があります。
具体的には、以下の通りです。
①軟毛性毛包:産毛が生える毛穴。
皮脂の分泌が少ない。
②終毛性毛包:髪の毛などのはっきりと見える
毛が生える毛穴。
③脂腺性毛包:発達した脂腺を持つ毛穴。
毛はほとんど見えない。
一般的に、ニキビができる毛穴は
発達した脂腺を持つ脂腺性毛包です。
脂腺性毛包は、顔や胸、背中などに多く分布しており、
もともと顔は体の中でも特にニキビができやすい
部分であると言えます。
しかし、今回の話題の中心である
「産毛」が生える毛穴・軟毛性毛包は
脂の分泌が非常に少なく、ほとんどの場合、
ニキビが形成されることはありません

では、なぜ産毛を剃った後に
ニキビが出来てしまうのでしょうか。
その主な原因は、
正しい方法で産毛処理を行わないことによる、
「皮膚の乾燥」にあります。
皮膚が乾燥してしまうと、
皮脂腺から皮脂が活発に分泌されます。
これによって生成された角質が毛穴詰まりを引き起こし、
その数ある毛穴の中の脂腺性毛包で炎症が起こり、
ニキビを形成してしまうというわけです。

さいごに

さて、いかがだったでしょうか。
産毛処理は正しい方法で行うと
ニキビ予防にとても有用性がありますが、
ケアを誤ると、逆にニキビを誘発させる
原因の一つになってしまうことが分かりましたね。
そうならないためにも、
正しい方法をしっかりと理解して
ケアを行っていくことがとても大切です。
是非、今回の記事の情報を活用して、
自慢の綺麗な肌を手に入れてくださいね♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました