最適な爪の長さはどれくらい?マナーと綺麗な爪の切り方は?

マナー

普段、あなたはしっかりと
爪の手入れを行っていますか?
髪型やお化粧に比べ、
つい、爪は伸ばしたままにしがちという人は
意外と少なくありません。
ですが、手の肌や指先は
わりと人の目に入りやすいということを
ご存知でしたか?
今回は、そんな爪の最適な長さや、
マナーと綺麗な爪の切り方について
分かりやすく紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

最適な爪の長さはどれくらい?

最適な爪の長さは、大体2~3㎜であると
言われています。

爪は長すぎると、見た目の印象が悪くなるだけでなく、
爪が剥がれたり、皮膚を傷つけたり、
指先が不潔になるリスクがあります。
また、逆に爪が短すぎるのも、
皮膚を傷つけて感染や炎症を引き起こしたり、
巻き爪になるリスクがあります。
ですから、爪は最適な長さを保つことが
とても大切なのです。

爪の長さのマナー

先程もお話をしたように、
指先とは意外と周囲の人の目に入りやすい部分です。
ですから、爪を伸ばしっぱなしにしていたり、
汚れがついていたりすると、
決して良い印象は持たれません。
逆に、爪の手入れをしっかりと行っていると、
細部まで気配りが出来る清潔感のある人として
印象付けられます。
つまり、爪を適切な長さに保つことは、
社会人として、とても大切なマナーの一つなのです。


スポンサーリンク

正しい綺麗な爪の切り方は?

それでは、実際に爪の正しい切り方のついて
大事なポイントをまとめて解説をしていきましょう。

① 爪切りの流れと方法
(1) 爪の端から切る
爪とは意外とデリケートな部分なので、
いきなり指の先端部から爪を切ってしまうと
爪が割れてしまうことがあります。
ですから、爪切りや爪切りハサミで爪を切る時は、
爪の端の方からもう片方の端に向かって
爪の形に添うように少しずつ切っていくことで、
出来るだけ負担が少なく処理をすることが出来ます。
(2) 爪の角は切りすぎない
基本的に、爪は端からもう片方の端に向かって
まっすぐに切っていくようにします。
爪の角はとても割れやすい部分なので、
爪を綺麗に整えたり、
爪や皮膚の組織を不必要に気付けたりしないためには
とても大切なことです。
(3) ヤスリで角の形を整える
(2)のように、爪切りでは角を切らないのですが、
そのままだと衣類に引っかかったり、割れたり、
怪我をしたりしてしまうリスクがあるので、
ヤスリを使って爪の角を丸く滑らかに削ります。
この形は「スクエアオフ」というもので、
いくつかある爪の形の中で、
最も強度の高い形であると言われています。
爪を削る時は、ヤスリの目が粗い面から削り、
最後に細かい面で仕上げをします。
また、ヤスリは様々な方向に向かって動かすと
爪が傷ついてしまうので、
一方向に向かって優しく削るのがポイントです。
この時、削りすぎて深爪などをしないように
十分に気を付けていきましょう。

② 爪切りをする頻度とタイミング
(1) 爪切りの頻度
爪が伸びるペースには個人差がありますが、
1日に0.1㎜ほど伸びると言われています。
したがって、2週間ほどで爪は2~3㎜程度
伸びてしまうことから、
爪切りの頻度は1~2週間に1回程度が最適です。
(2) 爪切りをするタイミング
爪切りは、入浴後に行うのがベストです。
入浴後は皮膚と同じように爪も柔らかくなるので、
少ない負担で爪切りをすることが出来ます。

新入社員のやったほうがいいまとめ一覧

さいごに

爪の長さを整えておくことは、
社会人にとって、とても大事なマナーの一つです。
指先が綺麗だと、細部まで気遣いの出来る
清潔感のある人として目に映ります。
また、定期的に爪の手入れを行うことで、
指先のトラブルも予防することが出来ます。
とはいえ、本当はもっと爪を長くして
お洒落を楽しみたいのに…という方もいますよね。
そんな時は、遊ぶ時だけ付け爪を付けるなどして
調整をしていくと良いですよ。
あなたも、マナーとお洒落を上手に使いこなせる、
素敵な社会人を目指していきましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました