ファスティングで1週間のやり方は?効果と後の回復食は?

日本では食事の欧米化などが進み随分と食べる物に変わってきました。
また一昔前では考えられなかったような事でストレスを感じたりと
体も悲鳴を上げています。

そんなストレス社会で最近人気なのが“ファスティング”なのです。

ファスティングとはいわゆる“断食”です。

断食と聞くと、ダイエットの事かと思いますが

意外にもファスティングにはダイエット以外にも色々効果があります。

今回はそんなファスティングについてご案内してまいります。

スポンサーリンク

ファスティングで1週間のやり方は?

1週間ファスティングを行うという事は1週間断食するという事になります。

それだけ長い期間ファスティングを行うにはそれなりの準備も必要となります。

■安全に行う為には
断食を行う以上、健康管理も必要になります。
痩せる為やデトックス効果を期待してファスティングを行っても
体調を悪くしては意味がありません。

・体調を崩している方
・妊娠中、もしくはその疑いがある方
・薬を服用している方
・肝臓、腎臓、胃腸に障害または病気がある方
・心臓、肺に障害または病気がある方
・心筋梗塞、脳卒中を起こした事がある方
・16歳以下の方

などの方は健康状態を整えてから挑みましょう。

また長期になればなるほどファスティング中、体調を崩す可能性もあります。
その為、自己判断が出来る方でないと安全にファスティングを行うのは
難しいかもしれません。

■水、野菜ジュースなどを準備

断食をするといっても固形物を口にしないだけで水などの水分を補給しないと
命を危険にする可能性もあります。

また食事と置き換えて野菜ジュースなども準備しましょう。

水だけになると低血糖になり手足のしびれやめまいの症状を引き起こしてしまいます。

また置き換えドリンクにはスムージや青汁、酵素ドリンクなどデトックス効果や栄養価を
考慮して準備する方も多いようです。

■ファスティングで1週間の流れ

1週間といっても事前に準備期間をおいた方が効果も高く、また挫折せずに
進める事ができます。

・準備期間
目安は1日~3日
食事の量が多い方や間食が多い方がいきなり食事抜きとなると心身共に辛くなります。
その為、準備期間には間食を止めまた食事の量も徐々に減らしていき断食に備えましょう。

普段から食事の量が少ない、低カロリーを好んで食べる方なんかは準備期間も短くても良いかもしれません。

・断食期間中
1週間食事をとらない生活となります。
普段の食事の変わりに野菜ジュースなどの置き換えドリンクを飲みます。
普段とおり朝昼晩と3回に分けて飲みますが、空腹時であればドリンクを
飲むようにしましょう。

目安は1日4回~6回程度ですが、軽い運動をして汗を掻いた場合は少し
多めにドリンクを飲むようにしましょう。

また細目に水を飲み水分補給をします。
普段は食事から水分を補っているところがありますので細目に水を飲むしょうにしましょう。

・断食期間中ダメな行為
断食中は色々なものが吸収しやすい体となっています。
その為、煙草などの有害な物質も吸収しやすくなるので

断食中の喫煙はNGです。

またアルコールも同様に吸収が高く酔いやすくなるので期間中は
アルコールもNGです。

コーヒーなどのカフェインが入ったものはスナック菓子、
清涼飲料水も糖分を多く含んでいるので期間中の摂取はNGです。

ファスティングダイエットの効果

ファスティングの主な効果は胃腸など内臓を休ませる事にあります。
効果の程は勿論個人差がありますが、それは人それぞれ体質であったり
体に溜め込んだ水分や老廃物に差が出てくるからなのです。

スポンサーリンク

・体の休息
食事をとらない事で胃や腸などの内臓を休ませる事ができます。
胃や腸など内臓はいつも働いている状態なので休息が必要となります。
内臓が休息をとる事で疲れやだるさも軽減できる期待もあります。

・デトックス効果
食事をとらない事で老廃物を体外に排出しまた体内の溜め込んだ水分を
吐き出す効果もあります。

・ダイエット効果
食事をとらない事でダイエットの効果が期待できます。
体は運動をしていなくても常に生存活動の為、動いています。
運動をしなくて消費カロリーはあるので摂取するカロリーがなければ
ダイエットの効果が期待できます。

・美肌効果
胃や腸を休ませる事で、腸内環境も良くなり肌荒れやニキビも出来にくくなります。
ファスティング中は固形物を口にしないので野菜ジュースなど採る事で
肌荒れ改善も期待できます。

・味覚のリセット
糖分や脂っこい食事をとならない事で味覚がリセットされます。
味覚が正常になる事で、食材の本来の味を感じる事ができます。

食事をとらない事でダイエットは勿論ですが
内臓を休ませるという発想は中々ない事ですよね。

体の中から休息する事で気分をリフレッシュできそうです。

ファスティングダイエット後の回復食は?

1週間が終わってようやく断食から解放されると思い、バカ食いをしてしまうと
折角のダイエットも台無しです。
しかも空っぽの胃に沢山の食事が入ると胃や腸にも負担を掛けてしまいます。

その為、ファスティングダイエット後は回復期間として徐々を普段の体に
していきましょう。

・断食終了後の1日目は重湯を食べる。
重湯は生米1に対して水10の割合で作ったおかゆと同じ作り方をした物で
離乳食として赤ちゃんに食べる事も多い食事です。
お米に対して水の量が多いので消化に良いので胃や腸への負担も少ないです。

・2日目はおかゆを食べる
・3日は和食などヘルシーな食事を心掛け、腹6分目程度を意識する。

断食が終わっても、いきなり普段のような食事をせずに徐々に慣らしていきましょう。

さいごに

■ファスティングで1週間のやり方は?
・健康管理を行う
・水、野菜ジュースなどを準備
・準備期間を1日~3日
・期間中は水や野菜ジュースなども飲む

■ファスティングダイエットの効果
・体の休息
・デトックス効果
・ダイエット効果
・美肌効果
・味覚のリセット

■ファスティングダイエット後の回復食は?
・断食終了後の1日目は重湯を食べる。
・2日目はおかゆを食べる
・3日は和食などヘルシーな食事を心掛け、腹6分目程度を意識する。

ストレスが多い現代では人との付き合いでお酒を飲んだり
食事の時間が夜遅くなるなど何かと体に負担を掛けているのは
分かりますよね。

体の中から休息という意味でデドックスを行うのは良いのではないでしょうか。

また1週間ファスティングが終わったらリバウンド防止に軽い運動を心掛けましょう。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました