下まつ毛のエクステってどうなの?持ちや健康を保つ方法の紹介

美容

まつ毛に自信がなく、上のまつ毛のエクステをしたことがある方も多いかとは思いますが、下まつ毛のエクステはあまりしない方も多いんじゃないんでしょうか?

下まつげのエクステは、目元をより印象的に演出する魅力的な手段なので、実際どんなものなのか、詳しく知りたいですよね!

そこで今回は、下まつげのエクステの魅力や持ち、自分のまつ毛を健康に保つ方法などを紹介しちゃいます!

是非参考にしてみてくださいね
(^ω^)

スポンサーリンク

下まつ毛のエクステってどうなの

エクステのいい所と言えば、付けまつ毛なんかより格段に普段のお化粧の時間も時短出来ます。

そして付けまつ毛だと取れてしまう心配がありますが、エクステの場合自分のまつ毛につけるので肝心な時に「取れてしまうかも」って心配がなくなるのです。

他にもいいところは「目が大きく見えること」と「目~口の距離が短く見え、小顔効果がある」ことです。

目が大きく見えるのはもちろんですが、小顔効果は特に嬉しいですね。

技術のある人がしてくれると、下まつげエクステをすることでより上まつげが映えるとのことなので、なんだか上まつげエクステだけでは物足りないーなんて時に、気分転換につけてみるのもいいかもですよ♪

またエクステの上からマスカラをすれば仕上げもいい感じに仕上がります(・∀・)イイネ!!

まつエクの持ちってどれくらい

下まつ毛のエクステは上まつ毛のエクステに比べると残念ながら持ちは悪いのです。

個人差やサロンで付けた場合の技術者によってまちまちですが、大体1週間~2週間程度しか持たないんです。

長く持ったとしても1カ月程度なんです。
下手したら1週間も持たない場合もあります。
下まつげエクステが下のような4つの特徴があるからです。

  1. ずっと皮膚にあたっている
  2. 涙に触れやすい
  3. 下まつげの方が細く短い
  4. 染みないグルー(もちの悪い)を使ってる

大体こんな感じでしょうか。

では長持ちさせるにはどのようにすればいいのかもついでに説明しちゃいます。

  1. コーティング剤を使用する
    マツエクをつけた後に、コーティング剤を重ねることにより、マツエクが持ちやすいとされています。

    サロンでマツエクをつけた際に、コーティング剤をつけるか聞かれたことがある方もいるのではないでしょうか?

    もちろんサロンでお願いすることもできますし、最近では自宅でできるコーティング剤もあるようなので、活用するのもひとつの手です。

  2. エクステ装着後は濡らさない
    サロンでは大体説明を受けていると思いますが、マツエク装着後サロンに指示された時間は、エクステを濡らさないように気をつけましょう。

    これは、グルー(接着剤)が乾くまでの時間です。ここでうっかり洗顔や入浴をしてしまうと、まつげエクステのもちが悪くなってしまいます。

  3. ドライヤーの冷風をあてる
    なぜ冷風?って思うかもしれませんが、入浴後や洗顔後、ドライヤーの冷風をまつげエクステに軽くあてることで、接着面が早く乾いて長持ちしやすいと言われています。

  4. オイルフリーのクレンジング料を使用する
    エクステは油分に弱いため、オイルフリーのクレンジング料を使用しましょう。

    そのため、目元のメイクはお湯でオフできるタイプを選ぶようにすると、肌やマツエクへの負担も少ないかもしれません。

    ベースメイクをオイルクレンジングで洗い流したい方は、目元以外はオイルクレンジング料を使うなど、使い分けをするようにしましょう。

  5. まつげ美容液をつける
    エクステを長持ちさせるのには、まつげ美容液をつけることが長持ちさせるために必要なポイントになります。


スポンサーリンク

まつ毛を健康に保つ方法

まつ毛を健康に保つことにより、非常に多くのメリットがあるんです。

マツエクをしているとどうしてもまつ毛が抜けやすくなってしまいますが、まつげ美容液をすることでまつ毛が抜けにくくなり、自まつ毛も健康に保つことができるのです。

ミセルアイラッシュ

自まつ毛を健康にするという事は、メイクの時間も早く終わらせることができるのです。
塗る時間帯では、夜寝る前に塗ればまつ毛の成長も促されてより健康的なまつ毛が出来上がります。

マツエクの持ちも良くなって自まつ毛も健康になるなんて、まつげ美容液はまさに一石二鳥のアイテムですね♪

さいごに

いかがだったでしょうか?

まつ毛美容液はマツエクを長持ちさせるためにも、まつ毛を健康に保つにも欠かせないアイテムとなっています。

女性らしい目元をキープするためにも、まつげ美容液を取り入れたケアを始めてみてはいかがでしょうか?

では また|彡サッ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました