フケが出る原因は?かゆみを抑える方法くせ毛を抑えるおすすめの紹介

美容

フケやくせ毛など多くの方がその悩みを持っています。

「毎日洗っているのにフケが出てくる」といった問題や「毎月毎月美容院に行ってストレートパーマをかけて費用がかさばる」といった問題です。

ですが、しっかりと原因をわかってあげケアをしてあげればそんな悩みも薄れていき「そんな悩みもあったなぁ」って昔の思い出になっちゃいます。

って事で早速見てみましょう。
(^ω^)

スポンサーリンク

フケが出る原因

フケが大量に発生すると気になるのは当然のことです。

自分で気になるどころか周りからの目も気になってしまうものです。
そのため、フケを取りたい気持ちから一日に何度もシャンプーを繰り返してしまいがちです。

確かに、シャンプーをすると、頭皮はすっきりし、髪に付着していたフケもきれいに除去することができますね。
しかし、フケが気になるからとシャンプーをし過ぎるのは実はNGなのです。
洗い過ぎは、かえってフケの大量発生を招いてしまう可能性があります。
フケで悩む人にとっては、できるだけ皮脂を取り除きたいと思うものですが、実は皮脂には雑菌の侵入を防いだり、地肌を保湿したりする役割があります。

つまり、シャンプーをすればするほど、本来あるべき皮脂までもが除去され、そのせいで地肌は乾燥してしまい、その結果フケが発生しやすくなります。
フケを抑えるためには、シャンプーで頭皮を清潔に保つことがとても大切ですが、もし今、一日に何度もシャンプーをしているなら、まずはシャンプーを控えましょう。
適切な頻度は、一日一回です。

他にもフケの発生は、使用するシャンプーや病気が原因になっていることも考えられます。

とくに、しっかりとフケや皮脂を取り除きたいからと、洗浄力の強いシャンプーを使っているなら要注意です。
過剰な刺激によって頭皮や髪にダメージを与え、フケの発生を加速させている可能性があるからです。
フケの発生を抑えるなら、低刺激のシャンプーを選びましょう。
シャンプーは、洗浄成分によって「石鹸系」「高級アルコール系」「アミノ酸系」の3種類に分けられます。

メリットデメリット成分表示名石鹸系・洗浄力が高い→とくに毛穴の汚れには効果的です。

【成分】
・安全性が高い
・安価・頭皮への刺激が強い
・アルカリ性のため、髪を膨潤させてしまう→髪のパサつきやきしみの原因になってしまいます。

・カリ石鹸素地
・ラウリン酸K
・オレイン酸K
・ミリスチンK高級アルコール系
・洗浄力が高い
・泡立ちが良い
・安価・頭皮と髪への刺激が強い
・洗い流しがあると地肌トラブルに繋がりやすい
・ラウリル硫酸Na
・ラウリル硫酸Na〇〇系
・ラウレス硫酸Na
・ラウレス硫酸Na〇〇系アミノ酸系
・刺激が非常に少ない
・皮脂を取り過ぎない
・洗浄力が低め
・価格が高め
・ラウロイルサルコシンTEA
・ラウロイルアスパラギン酸Na
・ココイルグルタミン酸TEA
・ココイルアラニンNa

石鹸系は、成分の安全性は高いものの洗浄力が非常に高いため、髪や頭皮にとって刺激になる場合があり、おすすめできません。
また、高級アルコール系は、泡立ちが良く汚れを落としやすいものの、石鹸系以上の洗浄力があるため、やはりおすすめできません。

現在、石鹸系や高級アルコール系のシャンプーを使っているならまずは使用をストップしてください。
そして、髪や頭皮に刺激の少ないアミノ酸系シャンプーに変えましょう。
アミノ酸系シャンプーの洗浄力は石鹸系や高級アルコール系に比べるとやや落ちるものの、毎日使用しても髪や頭皮の健康を損なわないメリットがあります。
シャンプーはパッケージを見ただけでは洗浄成分の違いを判断することは難しいですが、ボトル裏の成分表を見えればすぐに判断できます。

次に病気の場合ですが、脂漏性皮膚炎とは、皮脂の多い部分(頭皮や顔など)に多い炎症です。
主な症状は、「赤みが出る」「かゆみが出る」「カサカサになる」「皮膚がめくれてくる」などで、これらの症状によってフケを発生させることがあります。
放置しておくと、症状はさらに悪化し、皮膚から加齢臭のような臭いを発生させることもあります。

脂漏性皮膚炎を発症する主な原因は、マラセチア菌という癜風菌です。

マラセチア菌は健康な人間の皮膚にも存在する菌であり、少量であれば炎症を起こすことはありません。
しかし、皮脂に含まれる中性脂肪を好む性質上、皮脂が過剰に分泌される部分に集まって中性脂肪を分解し、その分解物によって皮膚を刺激して炎症を起こします。
この炎症が脂漏性皮膚炎であり、発症することで先述した症状を引き起こすのです。
フケが気になるなら、頭皮に触れてみてください。
ベタベタするようであれば、皮脂が過剰分泌し、それによって脂漏性皮膚炎を発症している可能性があります。
脂漏性皮膚炎は一度発症すると慢性化しやすく、放置していても自然に治ることはありませんので医療機関での治療が必要です。

フケでかゆみを抑えるには

かゆみをある原因をまず見てみましょう。

一番にあげられるのは、頭皮の乾燥です。
頭皮が乾燥する原因としては、髪の洗いすぎや、間違った洗い方で、肌にとって必要不可欠な皮脂までとってしまっていることがあげられます。

その状態でさらに刺激を与え続ければ、頭皮に傷がつき、化膿してしまうことにもつながり、さらに深刻な状況を引き起こすことにもなりかねませんので、頭皮には適度な水分が必要です。

しかし逆に、あまり洗髪をせずにいると、頭皮に余分な皮脂が溜まり、そこに細菌が繁殖して、かゆみを起こすことがあります。
また、余分な皮脂は毛穴を塞ぎますので、うまく新陳代謝ができなくなった頭皮はどんどん機能が弱まっていきます。

頭皮の機能が弱まれば、シラミなどの寄生虫による感染症にかかってしまうこともありますので、あまりにかゆみがひどい場合は、そういった可能性も考える必要があるでしょう。

かゆみを抑えるにはシラミなどの寄生虫による感染症などの場合以外、しっかりと頭皮の血行を促進させてあげ綺麗にしてあげる事が重要です。

シラミなどの寄生虫による感染症の場合では、


スポンサーリンク

フケやくせ毛を抑えるおすすめシャンプー

友人がインスタでたまたま見つけて使用しているのがこの商品です。

フケのケアはこちら

道端アンジェシカさんが使用しているのをたまたま見つけてから使用しているそうです。

インスタへジャンプ

芸能人が使用しているのだから~と安易な考えから使い始めたのですが、実際に使ってみたら予想以上によかったと言ってるくらいですからね。

気になる方は是非試してみてくださいね。

さいごに

いかがだったでしょうか?

フケやくせ毛など実際は本人にしかわからない悩みが多いもんです。

ですが一人で悩むのであれば、こういったものにすがってみるのも一つの手ですね。

もしくは近くの皮膚科に相談してみるのも。

とにかく一人で悩むよりもとにかく行動あるのみですよ♪

では また|彡サッ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました