唇の同じところを噛んでしまう原因は?対処法と予防法はどうする?

おしゃべりしていたり食事をしている時、唇を噛んでしまう事があります。
予期せぬ事だけに痛くて、もっとゆっくりしゃべれば良かったなんて後悔して
しまいますが、普段意識なんてしてない事ですので防ぎようもなさそうです。

スポンサーリンク

唇の同じところを噛んでしまう原因は?

唇を噛んでしまった後は気を付けようとしてゆっくりとしゃべったり
食事中もゆっくりと噛んで噛まないように意識してみるものの、
何度も同じところを噛んでしまう事があります。

唇を噛んでしまうとキズになり口の中が気になったり場合には口内炎に
なったりと辛い日々を過ごす事になります。

折角、治りかけた唇をまた噛んでしまうとストレスの原因ともなります。

・噛み合わせが悪い
噛み合わせが悪いと中々噛み切れず噛む回数が増えてきます。
噛む回数が増えると噛み損じる可能性も高くなり口の中や舌を噛んで
しまいます。

・疲れている。
疲れている時は舌が回らないように上手く動かせなくなります。
特に疲れている時は頬の筋肉が緩み口を噛みやすくなります。

・ストレスが溜まっている。
ストレスは体の様々な弊害を起こしてしまいます。
ストレスを溜めていると身体全体の機能が低下してしまいます。
またストレスを溜めると癖で爪を噛んだりする人がいるように
口を中を噛む人もいます。

・頬のたるみ。
頬がたるんでしまうとその部分を噛んでしまったり口の中を上手く
動かす事ができず口の中を噛んでしまいます。

・顎が狭くなる。
柔らかい食べ物が増えている近年では噛み力が弱くなり顎が狭い人が
増加しているそうです。
顎が狭くなると狭い場所を噛んでしまったり、口の中を上手く動かす事が
できず噛みやすくなります。

唇の同じところを噛んでしまう時の対処法

唇を噛んでしまうと口内炎になったりとケアが必要になります。
また同じところを噛んでしまうと治りも遅く辛い日が続きます。
口の中を噛んでしまうと食事も美味しく頂けなくなる為、早く対処いたいですよね。

・口の中を清潔にする
なるべく清潔な状態を保っていないとキズ口に菌が入り込み
治りが遅くなってしまいます。
うがいの回数を増やす、歯磨きをいつもよりしっかりするなど対処しましょう。
また寝起きは口の中が乾燥している事が多くなります。
乾燥していると菌が繁殖しやすくなる為、寝る時はマスクをする事でも対処できます。

・しっかり疲れを取る
疲れていると口を噛みやすいという事もあり疲れを取る、ストレスを発散する
という事は重要ですが、疲れているとキズの治りを遅くなってしまいます。

疲れを取るには入浴や睡眠をしっかりとる事が重要ですが特に睡眠中は
キズを治す成長ホルモンが分泌されます。
特に22時から2時に間に睡眠をとる事で多くの成長ホルモンが分泌されるといいます。

・ビタミンをとる
ビタミンをとる事でキズの治す力が高まるといいます。
特にビタミンの中でもビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、ビタミンCが良いとされます。

・薬を使う
口の中を噛んでしまうとそこが口内炎になってしまう事があります。
また実際に口内炎になってしまった時にも薬を使う事で早く治す事ができます。

スポンサーリンク

まだ口内炎にはなっていないけど噛んでしまった場所にあらかじめ塗り薬を塗る事で
菌の侵入を防ぐ事ができるので効果的です。

口に中に塗り薬を塗るのが気になるという方は就寝前に塗るようにしましょう。

唇の同じところを噛んでしまう人の予防法は?

何度も噛んでしまう場合ようであれあらかじめ予防をして噛まないようにしておきたいですよね。

予防して噛まないようになればそれこそ幸せです。

・疲れや溜めない、ストレスを発散する
口を噛んでします原因には疲れやストレスが関係してきます。
その為、ゆっくり休みを取り疲れを溜めないという事も大事です。

ストレスは噛まない事以外にも体に様々な異常をきたす原因もあります。
上手くストレスを発散したいものです。

・頬の筋肉を鍛える
頬がたるんでくると口の中を上手く動かす事が難しくなり噛んでしまう原因になります。

滑舌の練習などで紹介される方法で「あ・い・う・え・お・あ・お」と発生するやり方です。

あ・・・口を大きく開けて
い・・・口を大きく横に開いて
う・・・唇を尖らせて
え・・・口角を上げておもっいきり笑うように
お・・・口を縦に開いて

筋肉を鍛えるだけなら声を出す必要はありませんが滑舌の自信がない方は
一緒に発声練習もいかがですか?

・頬のマッサージ
ほうれい線対策などで紹介される方法で口の中に空気を溜め5秒静止し
今度は空気を出しならが口をとがらせたまま5秒静止。
顔の筋肉を使うのでほうれい線や頬のたるみに効果的ですし
車の中など移動中でも使えるので毎日の通勤に対処できるのも良いですよね。

さいごに

■唇の同じところを噛んでしまう原因は?
・噛み合わせが悪い
・疲れている。
・ストレスが溜まっている。
・頬のたるみ。
・顎が狭くなる。

■唇の同じところを噛んでしまう時の対処法
・口の中を清潔にする
・しっかり疲れを取る
・ビタミンをとる
・薬を使う

■唇の同じところを噛んでしまう人の予防法は?
・疲れや溜めない、ストレスを発散する
・頬の筋肉を鍛える
・頬のマッサージ

食事中に唇や口を噛むと美味しく食事を出来ず、気になってしまいますよね。
原因は多くありますが、ストレスが原因だと感じた場合はうまく発散したいものですが
中々発散も難しいのが現実ですよね。

唇を何度も噛んでしまった場合は環境を変えるなどのパロメーターの一つ
しても良いかもしれませんね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました