ダイエットで筋肉痛の時はどうしたらいい?早く治す方法と注意点は?

ダイエット 健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイエットを決意すると勢いでジム通いを始めて普段動かさない体を無理して
運動するなんていう方も少なくないのではないでしょうか。

普段運動なんてしない人が体を動かしてしまうために起こってしまうのが筋肉痛ですが
運動した当日は問題ないのに翌日に体の変化として感じてしまいますよね。

今回はそんなダイエットで筋肉痛になった時の注意点などをご案内してまいります。

ダイエットの時にうまくいかない時の対処法を紹介してます(^ω^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイエットで筋肉痛の時はどうしたらいい?

ダイエットとなると運動してカロリーを消費したいと考えますが普段から運動をしていないと筋肉痛に悩んでしまいますよね。
ダイエットしようと一念発起したのに筋肉痛になってしまうと挫折してしまいそうになりますが筋肉痛になった時はどうした良いしょうか。

筋肉痛が起こっている時は筋肉繊維の修復が終わっていない状態です。
筋肉が動いた事で傷つき炎症を起こした事による痛みです。
傷つき修復を繰りかえす事で筋肉となる為、効果がでている証拠といえるのではないでしょうか。

効果的な運動を行うのであれば筋肉痛の時は痛い場所の運動は控えた方がダイエットには有効です。

ただし一念発起したダイエットも休んでしまうとモチベーションも続かなくなってしまいますよね。

そんな方は筋肉痛が起こった場所以外を動かしてダイエットするようにしましょう。

腹筋をした次の日は足の運動など日毎に運動する箇所を変えて行う事で筋肉通の場所を
クールダウンさせならがダイエットを続ける事ができます。

ダイエットで筋肉痛になった時に早く治す方法

筋肉痛になってしまった時は早く治したいものですよね。

・冷やす
運動した後の筋肉は熱をもっています。
炎症効果を進めないためにも冷やす事は効果的です。
運動後は20分間程を目安にクールダウンすると良いのですが最近ではスプレータイプの
クールダウンできるものもある為、手軽に行う事ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

・ストレッチやマッサージ
疲労がたまった筋肉はストレッチやマッサージで筋肉をほぐしてあげると血流を改善し
疲労にも効果的です。

・お風呂にはいる
湯船に浸かる事で血流の改善を行う事で筋肉痛を軽減する事ができます。

・湿布薬を使う
炎症を抑える為には非ステロイド系消炎鎮痛剤の内服や湿布を使う事で症状を緩和させる事ができます。

・睡眠をし休息をとる
疲労回復には睡眠が一番です。
睡眠中は成長ホルモンが分泌され筋繊維の回復にも繋がります。

またダイエットに限らず運動を行う際は喫煙は控えるようにしましょう。
喫煙を行うと血管収縮を起こし血流が悪くなり筋肉痛を引き起こしやすくなってしまします。

ダイエットで筋肉痛になった時の注意点は?

筋肉痛は運動を頑張った証拠といえます。
筋肉が傷つき修復を繰り返す事で筋繊維は以前より少し太くして筋肉を大きくしようとなります。
炎症と回復を繰り返す事で筋肉を強化していく現象を超回復といいます。

その為、筋肉痛は痛いだけのものではなく頑張った証拠と考えるモチベーションも
あがるのではないでしょうか。

筋肉痛が筋肉を強くしている証拠と考えると筋肉痛にまらないと意味がないと考える方も
おられますが痛みを感じるまで運動をしてしまうと骨や関節に影響を与えケガにも繋がりかねませんので無理な運動を避けるようにしましょう。

まとめ

ダイエットで筋肉痛の時はどうしたらいい?
・筋肉痛がある時は運動を控え筋繊維は回復するようにしましょう。
・筋肉痛がない個所の運動を行い痛い場所をクールダウンしましょう。

ダイエットで筋肉痛になった時に早く治す方法
・冷やす
・ストレッチやマッサージ
・お風呂にはいる
・湿布薬を使う
・睡眠をし休息をとる

ダイエットで筋肉痛になった時の注意点は?
・筋肉痛は頑張った証拠ですが、痛みがでるまで無理な運動はしないようにしましょう。

ダイエットとなると続けていくにはモチベーションを以下に維持していくかが重要ですよね。
運動をして筋肉痛になるとモチベーションも下がってしまいます。
筋肉痛になった時は早め対処していきたいものですね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました