コーヒーを飲んで覚醒にかかる時間は?カフェイン効果の時間と適切な摂取量は?

コーヒー 健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク

忙しい朝に目覚めや大事な会議の前は眠気覚ましにコーヒーを飲む方多いのではないでしょうか。
特に会議は眠たくなったという方も多いかと思いますが、そうはいっては先輩や上司の目もありますし、頭を働かせないといけない場所でもあります。

なんとかコーヒーでやりすごしたいところですが

ただコーヒ―を飲んだからといってすぐに目が覚めるというものではあります。

今回はそんなコーヒーを飲んで覚醒にかかる時間などをご案内してまいります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーヒーを飲んで覚醒にかかる時間は?

コーヒーには眠気覚ましの効果がありますが、これはコ-ヒ―に含まれるカフェインの効果によるものというは有名ですが、このカフェインは睡眠物質であるアデノシンの作用を邪魔をして眠気を減らす事ができます。
アデノシンは脳の活動を抑えたり脳全体を眠らせる働きがある為、カフェインを摂取する事で眠気覚ましに効果があります。

カフェインは一部は胃に残りは小腸で吸収され飲んでから約45分後には吸収されています。

覚醒のまでの時間は体調や飲み慣れているなど条件でも変わってきますが
15分~120分程掛かる事があり、またホットかアイスでも変わってきます。

・ホットコーヒー
30分~1時間

・アイスコーヒー
1時間~2時間

アイスの場合は胃の運動が低下し吸収が遅くなってしまいます。

会議の時間に合わせて少し早めに飲んでおくと良いかもしれませんね。

コーヒーのカフェイン効果の時間

カフェインの効果は血液濃度によって左右されてきます。
年齢や健康状態でもかわってきますが一般的には2時間半~4時間半は効果が
あると言われています。
高齢者になると少し長めになり4時間~5時間程、効果があると言われています。

1日に飲むコーヒーの適切な摂取量は?

仕事に追われ睡眠時間を削る為、コーヒーを飲んでいるいるという方も少なくないのでは
ないでしょうか。
朝の目覚めやお昼休憩中に仮眠をとった後に目覚めのコーヒーを飲む事で
まだ眠っていたいという気持ちが抑えられる為、目覚めの良い気持ちになりますが
仕事に追われ1日に何杯もコーヒーを飲む行為が体に良いとは考えにくいものです。

スポンサーリンク

毎日5杯~10杯以上のコーヒーを飲み続けるとカフェイン中毒になる事があります。
カフェイン中毒になると頭がすっきりするという感覚を越えて不眠や不安、痙攣や不整脈、
頭痛などを招く恐れがあります。

スポンサーリンク

また甘い缶コーヒーはカロリーも高い為、をたくさん飲んでいると缶コーヒー症候群といい肥満の元になってしまいます。

そんなコーヒ―ですが1日に飲む適切な摂取量は

・⁺1日に3~5杯

だそうです。
以外に多めのように感じる方もおられるかもしれませんが、
コーヒーを飲む事で得られる効果にはポジティブ意見とネガティブな意見がありまた
研究されている方にも未知数なところが多いようです。

最近ではコーヒーは癌のリスクが低下するという話も有名です。

・肝臓癌
1日4杯で53%リスクが低下、5杯で61%、6杯で67%、7杯で73%と1日にコーヒーを飲む量が増えるとリスクが下がるという研究結果があるそうです。

・心血管疾患
コーヒーを飲まない人と比べて1日3杯~5杯飲む方は6%~7%リスクが低下するという
研究結果があるそうです。

・2型糖尿病
こちらもコーヒーを飲まない人と比べて1日1杯飲む方は8%、2杯で15%、3杯で21%
4杯で25%リスクが低下するという研究結果があるそうです。

コーヒーは飲めば飲むほど、良いようなイメージもありますが片頭痛をもっている方は1日2杯までが適切という意見もあり、また妊娠中に1日に2~3杯以上コーヒーを飲むと
赤ちゃんの発達に悪影響を与えるという研究結果もあるそうです。

コーヒ―中毒にまではならない程度で考えると1日3~5杯までは適切ではないでしょうか。

まとめ

コーヒーを飲んで覚醒にかかる時間は?
・ホットコーヒー:30分~1時間
・アイスコーヒー:1時間~2時間

コーヒーのカフェイン効果の時間
・一般的には2時間半~4時間半

1日に飲むコーヒーの適切な摂取量は?
・⁺1日に3~5杯

コーヒーの香はなんだか気持ちが落ち着いてしまいますよね。
眠気覚ましの効果であったり最近の病気のリスク低下なども言われていますが
コーヒーそのものを楽しむのあれば、1日に何杯も飲むのよりは適切な量で楽しむのが
良いかもしれませんね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました