背中に出来たぶつぶつの治し方は?ケア方法と原因はなに?

健康

あなたの背中はキレイですか?
普段、自分ではなかなか見ることのない背中ですが、
油断をしていると、背中がぶつぶつだらけ
なんてことになっているかもしれません(TT)
今回は、そんな背中に出来てしまった
ぶつぶつの治し方や、ケア方法とその原因まで、
分かりやすくご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

背中に出来たぶつぶつの治し方は?

背中を中心に、首や肩に出来てしまう
赤いぶつぶつのことを、
一般的に「背中ニキビ」と言います。
この背中ニキビを治すためには、
正常なターンオーバー(皮膚の生え変わり)を
促す必要があります。
では、具体的な対処方法は次の通りです。

①肌の清潔を保つ
 あまり小まめに見ることのない背中ですが、
 実は、汗やほこりなどの汚れだけではなく、
髪を洗う時に使うトリートメント剤など、
意外とあちこちから影響を受けやすい部分です。
ですから、余分な油分や汚れを皮膚に残すことがないよう
皮膚の清潔を保つことがとても大切です。
②肌の保湿をしっかり行う
 背中を洗った後は、
皮膚がとても乾燥しやすくなります。
ですから、必ず保湿をするように心がけましょう。
乾燥は皮膚のバリア機能を下げてしまうので、
角質や皮脂の蓄積を促したり、
細菌感染の危険性が上がったりと、
ますます背中ニキビを悪化させてしまう可能性があります。
③規則正しい生活をする
 自律神経の乱れはホルモンバランスの乱れも引き起こし、
 ニキビの発生と悪化につながります。
 ですから、できるだけ規則正しい生活を送り、
 自律神経のバランスを保っていくことが大切です。
④バランスの良い食事をとる
 肌を健康に保つためには、
ビタミンや食物繊維を豊富に含んだ
バランスの良い食事を心がける必要があります。
また、皮脂の主成分の一つでもある、
トリグリセリドの増加を避けるためにも、
動物性脂肪と糖質の過剰摂取はしないように
気を付けていくことが大切です。

背中に出来たぶつぶつのケア方法

背中ニキビができてしまった皮膚をケアする時のポイントは
「過度な刺激を避けること」です。
では、具体的なケアの方法を紹介していきましょう。

①肌を優しく洗う
 背中ニキビを治すためには皮膚の清潔を保つことが
 とても大切ですが、いくら気になるからと言って
 一生懸命に洗いすぎるのは禁物です。
 皮膚に不必要な刺激を与えて
角質の蓄積を促してしまうことはもちろんのこと、
必要な油分まで取り除いてしまい
乾燥を引き起こしてしまう可能性があります。
ですから、ボディタオルはナイロンではなく
コットンタオルなど、低刺激なものを選択しましょう。
②肌に十分なうるおいを与える
 顔用の化粧水でも構わないので、
 皮膚を洗った後はしっかりと保湿を行いましょう。
 乾燥は皮膚の防御機能を下げてしまう原因になります。
③温タオルで背中を温める
 自律神経の緊張はホルモンバランスを乱し、
 ニキビを作る一つの原因となります。
 ですから、神経が張り巡らされた背中を温めることで
 全身のリラックス効果を促し、
 背中ニキビケア&予防をすることができます。


スポンサーリンク

背中がぶつぶつになってしまう原因は?

ニキビとは、脂漏性毛包(しろうせいもうほう)という部分に
何らかの刺激を受けて炎症が起こることで発生する発疹です。
脂漏性毛包とは発達した脂腺を持つ毛包のことで、
特に額や頬、眉間、胸、背中などに多く存在しています。
つまり、背中はもともと体の中でも
ニキビができやすい部分であると言えます。
因みに、ニキビを誘発させる主な原因には、
皮脂や角質の蓄積、発汗、ホルモンバランスの乱れ、
乾燥、遺伝、細菌感染、汚染、食事、冷え、
化粧品や洗髪剤による刺激などが挙げられます。

さいごに

以前、「美しさは後ろ姿で決まる」という言葉を
どこかで聞いたことがあります。
たしかに、私の経験上でも、
後ろ姿が綺麗な人は存在感があるというか、
真の美しさのようなものを感じることがあります。
ですから、もしあなたが背中の肌トラブルに
悩まされていたのなら、
是非この記事を参考にしてケアをしてみてください。
あなたが自慢の肌を手に入れられることを
私は心から応援しています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました