暑さ対策に服にスプレーは効果的なの?使う頻度と注意点は?

スポンサーリンク

夏が本番にあり暑さが厳しくなると様々な方法で涼をとり暑さを凌がないと
いけなくなります。

最近では色々な形で暑さ対策のアイテムがありますがドラックストアでも
手軽に購入できる服にスプレーを使う事で冷却効果が得られる物もあります。

今回はそんな暑さ対策に使う服にスプレーについてご案内していきます。

スポンサーリンク

暑さ対策に服にスプレーは効果的なの?

色んなメーカーから出ている冷却スプレーですが使い方は服の上から3~5回
スプレーをするだけと簡単で手軽な点も嬉しいアイテムですよね。

シャツだけではなくTシャツにも使う事ができますが

実際に使ったみたところ

・冷却効果
スプレーしていない時とした時では袖を通した瞬間のヒンヤリ感が明らかに違います。

気温が高い室外ではあまり冷感を得る事ができませんでしたが風を受けたり
クーラーなど冷えた部屋に入ると冷感がいつもより強い事が実感できます。

またバスや電車内など人が密集する場所は熱がこもり汗をかきやすくなりますが
スプレーを使う事でいつもよりは汗を抑える事ができたと感じます。

・消臭効果
スプレーにはメントールも配合されヒンヤリ感を得る事ができます。
スプレーした直後はメントールの臭いが気になる事もありますが、
すぐに落ち着いてきます。

汗を抑えられた事もありますがメントールにより消臭効果も得られる為
冷却以外にも効果を感じる事ができました。

熱の籠った時は服を抜いだ時のモワッとした熱が抑えられている事が実感できる為
スプレーの効果を十分に感じる事ができます。

暑さ対策に服にスプレーを使う頻度

スプレーの効果が続くのは約1時間から2時間ですが服の上から使う事ができますので
ちょっとした合間に使う事ができます。

・出勤前に使う
出勤の際はこれからバスや電車に乗る事も多い為、Tシャツやシャッツにスプレーを
してから出勤は良いタイミングではないでしょうか。

・外回り前
仕事であれば外周り、学生であれば部活前など暑くなる事が分かっているのであれば
予めスプレーをしておくタイミングではないでしょうか。

・スポーツ前
ジョギングやスポーツ、日常の軽い運動前にTシャツスプレーすれば熱がこもるのを
防いでくれます。

男性であればネクタイにスプレーをするだけでも冷却効果を感じる事ができます。
特にエアコンや風を受けた時に首筋に感じる事ができます。

暑さ対策に服へスプレーをする時の注意点は?

暑さ対策に手軽に使える冷却スプレーですが使用には注意する事もあります。

スポーツ用途で使われる冷却スプレーも熱中症対策に使われる事があります。

・火気と高温に注意
こういった製品は冷却効果を得る為にガスの気化熱を利用した物が多くあります。
その為、近くに火があると引火し火傷や火事の原因となります。
また高温になると破裂する危険がある為、夏の車内などは注意しましょう。

・肌の直接スプレーしない
服やタオルにスプレーをして使うようにしましょう。
肌に直接すると冷えすぎたり凍傷の危険性があります。
またタオルに使用した際にも同じ部分に長い時間あてないように注意しましょう。

・逆手で使わない
商品によっては逆手で使わないようにと注意書きがされた物もあります。
正立での使用と記載されている商品で逆手を使用すると上手く中身がでず
ガスだけがでる可能性があります。

さいごに

■暑さ対策に服にスプレーは効果的なの?
・冷却効果
・消臭効果

■暑さ対策に服にスプレーを使う頻度
・出勤前に使う
・外回り前
・スポーツ前

■暑さ対策に服へスプレーをする時の注意点は?
・火気と高温に注意
・肌の直接スプレーしない
・逆手で使わない

暑い季節になるとどうしても避けられない汗や臭いはきになります。
熱中症対策にも冷却スプレーというのは効果的ではないでしょうか。

ドラックストアでも手軽に購入できるのも嬉しいですよね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました