甘酒ってどんな効果があるの?苦手な人でも飲みやすくする方法を紹介

季節もの

甘酒は今色々な所で売られていたりして、非常に人気ですよね。

知り合いのおばちゃんなんかは、人気になる前からずーっと飲んだりしていて売り切れの時などもあるからぶつくさ言ったりしますがwww

でも、甘酒のちゃんとした飲み方などみなさん知ってますか?

ちゃんとした飲み方をしないと効果も半減だったり。

って事で今回はそんな甘酒について色々と紹介しますね。
(´∀`)

スポンサーリンク

甘酒ってそんなにいいの?

甘酒の成分には、女性に対して美容にいいとされる成分がたくさん含まれています。

それだけではなく、あの甘さもストレス軽減や肉体の疲労回復なんかにも効果があります。

その成分は?と気になる方もいるかもしれないので、甘酒はこれらの成分で構成されています。

  • コウジ酸
  • ビタミンB2
  • フェルラ酸
  • 消化酵素
  • 食物繊維
  • オリゴ糖
  • システイン
  • ビオチン

部活などをやっているお子さんや、仕事疲れで帰ってきた旦那さんとかも一緒に飲めるものとしてはやはりアルコールが入っていない方が飲みやすさもぐっと良くなります。

特に甘酒は栄養価も高いので、独特のあの風味がだめっという方の場合は冷やして飲んだりしたら飲みやすさもぐんと上がります。

是非お勧めしたいのがこちらです↓


こちらは酒造さんが直接作っているのもあり、飲みやすさなどもあり元々苦手だった人も「ここのだったら飲める!」というくらいなのです( ̄^ ̄) エッヘン

しかも甘酒は、食物繊維も豊富なので腸活にもピッタリなのです!!

苦手な人でも飲みやすくする方法

甘酒は酒粕で作ったものと米麹の2種類があります。

甘酒が非常に苦手という方の大半は、酒粕で作ったものだと独特の風味が苦手な場合が大半なのです。

ただそんな方でも酒粕で作った甘酒も美味しく飲める方法があるんです。

それは、フルーツで甘酒を割っちゃうんです。

割ると言っても、ただ単にフルーツを潰してそこに甘酒を混ぜてやるだけでもいいし、ミキサーでチャチャっと作っても非常に飲みやすくなります^^

また、豆乳で割っても非常においしいですし、人によってはカルピスなんかで割っても美味しいよって方もいます。

甘酒は、夏バテにも非常にピッタリなものになるので是非チャレンジしてみては?


スポンサーリンク

飲みすぎるとどうなる?

何でもそうなのですが、健康にいいからと過剰摂取は逆効果を生むこともあるのです。

米麹や酒粕などは、体にいい点もありますが摂取しすぎにより吸収しきれなかったものが逆に悪玉菌を増やしてしまうなんてパターンもあるくらいなのです。

甘酒の場合、オススメとしては1日コップ半分~1杯程度十分の栄養が摂れるんです。

個人的に飲むときは夜寝る前に飲むと朝もスッキリで肌の調子もいいような?ww

ただ、朝に飲む方も多いようで朝飲むとなんか元気になるという方もいるみたいですね^^

ただし、何事もほどほどが必要って事ですね。

甘酒は自然の糖分であっても、エネルギー源として消費しきれなかったら脂肪などになってしまい、結果太る原因にもなってしまいますからね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

甘酒は、昔冬ではなく元々夏に飲まれていた事もあり、夏バテ防止にもピッタリです。

今年は甘酒を飲んで夏バテ知らずの身体を作っちゃいましょう。

では また|彡サッ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました